囲碁フォーラム
 戻る

お知らせ掲示板サポート情報ミニブログエッセイ

最新の500件次の500件前の500件
表示(降順 昇順)

13-0087(1711)
パスワード:
鉢の木様、ちょっと恥ずかしくなってきましたが、これではどうでしょうか?ZARUGO13年03月19日 18:42
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼Q●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓱┼○●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼M○ ┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋⓯❾❼❸C ○K┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼O┼G❶○❺●○⓫┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼IEA●┼●⓭┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒9の後、隅を生きて、17と白を攻め、白18の押しを誘って、19と伸びる。この後は、白が右辺に入ることができるかどうかちょっとわかりません。

13-0086(1710)
パスワード:
隅が大きすぎます鉢の木13年03月19日 17:35
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓫○ ┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼❾❼❸C ○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼G❶○❺●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼IEA●┼●K┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白はKとすんなり取って黒の外勢をわざわざ強化する必要は無いです。
隅の損が大きすぎます。

13-0085(1709)
パスワード:
鉢の木様、ごもっともでした。では、この打ち方はいかがでしょうか?ZARUGO13年03月19日 15:19
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓱⓭⓫○ ┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓯MKO○┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼❾❼❸C ○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼IG❶○❺●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼EA●┼●Q┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒手筋の横ツケを打ち、以下バタバタと進んで、上図のように、白実利、黒外勢の分かれ。

13-0084(1708)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木13年03月19日 12:42
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❼○❺┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C❸○┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼A❶G○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○E●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白はEでつがないで差し込んで来るでしょう
種石がストンと落ちてしまいます

13-0083(1707)
パスワード:
◆定石その後 ◆鉢の木 ◆13年03月16日 18:15 への自分なりの解答ZARUGO13年03月19日 09:35
自分なりの解答−−自信はありませんが・・・
◆定石その後 ◆鉢の木 ◆13年03月16日 18:15
黒先

右下で定石が進行し、黒がツケのびたところ、白はOと急所を
打ってきました。黒はどう打つのが良いでしょうか。
一段落するまで手順を示してください。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼O┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼⓯╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼M┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E○❺┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C❸○G┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼A❶❼○K┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼I┼○┼●○⓫┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❾●┼●⓭┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は1とコスミ出し、以下白は辺を捨てて、中央の模様で打つ。黒は実利で勝負。

13-0082(1706)
パスワード:
定石その後鉢の木13年03月16日 18:15
黒先

右下で定石が進行し、黒がツケのびたところ、白はOと急所を
打ってきました。黒はどう打つのが良いでしょうか。
一段落するまで手順を示してください。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓯┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼M⓭┼❼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼K┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋I┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼O┼❸G┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓫┼❾┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0081(1705)
パスワード:
とほる様鉢の木13年03月15日 22:31
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼◎┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❸AC┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❾❶G○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠❼E┼┼┼┼┼K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白から◎方面に打たれると相当嫌な思いをしなければいけなくなりそうです。
もう一手かければ立派な形になりますが1手で済むところを2手かけるのはどうでしょうか

13-0080(1704)
パスワード:
ついつい高く打ってしまいますとほる13年03月15日 21:03
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❸AC┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❾❶G○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠❼E┼┼┼┼┼K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
位を高くしようと思ってついつい⓫と打ってしまいますが
これもまたダメなのでしょうか。
白はKと打つ前に裾をねらうのでしょうか。

13-0079(1703)
パスワード:
覚えておきたいケイマ鉢の木13年03月15日 20:29

高目から白Aと外へつけてきたとき、いろいろな打ち方がありますが
一番簡明なのは下からハネる手です。
そして最後の⓫のケイマがなかなか打てない手です。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❸AC┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❾❶G○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠❼E┼┼┼┼┼K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

ついつい少しでも地を大きく作ろうと大ケイマに打ってしまう。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼b┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠c┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼a┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❸AC┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❾❶G○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠❼E┼┼┼┼┼K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
これは白から白aはもちろん、白bの詰めがくれば白cのオキを狙われる。
却って薄い手なのです。
黒⓫と打てる人は強い。碁の勝敗は案外こんなところで決まっているのではと思います。

13-0078(1702)
パスワード:
碁は広い鉢の木13年03月15日 14:47
力自慢の人がよく高目を打ってくることがあります。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶╋○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
高目には太いばりで小目に入りましょう。
特殊なケースでは三三に入ることもありそうです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶╋○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
多くの場合小ケイマにかけてくるでしょう。
まともにお付き合いすると、この大型定石は変化が多く、かけてくるからにはお相手はハメ手も含めて研究済みだと思います。
虎が口を開けているところへわざわざ頭を差し入れることもありますまい。黒は❸と下辺の星下に打って十分です。
この場所は右下の星と連携して極めてスワリの良い好点です。又白Aの背中の発展を阻止しています。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白は振り上げたこぶしのやり場に困り、@と来るくらいでしょうか
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼B┼┼❹┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は❷とはずし、黒❹までこの上ない好形になりました。
しかも
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●❸○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼❶○C┼●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶から動き出す味まで残っています。
だから昔の定石通り黒❷、白@は決めないほうが良いのです。


定石を打たなくても平易に大場、好形を打って優勢な局面になる。つくづく「碁は広い」と思います。

13-0077(1701)
パスワード:
一寸したこと鉢の木13年03月15日 11:06
二間高バサミ定石が進行中です
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓬❻D@┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼J┼B❹┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼L┼┼┼F●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼H❽❿┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
さてここで黒はどう打つか
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼○┼○●┼❶┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶と打つ人が殆どです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼○┼○●❶┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とダメをつめて押さえておく方が良い。
この方が白二子の進退が不自由な感じがしませんか。

これに似た形は実戦でしばしば現れます。
その都度この二つの手を思い浮かべて検討するだけでも勝率は違ってくるはずです


13-0076(1700)
パスワード:
同じ経験  カムイ13年03月14日 15:42
 はねた、おさえた、ついだと思って他に転じたら、次の瞬間、
 白の大石が盤から消えた。 何も必然性のない当たりを打って
 いたのである。 次回対局申し込みを断ろう。

13-0075(1699)
パスワード:
見れども見えず鉢の木13年03月14日 14:43
大差の碁でヨセに入り黒は二線の一目をかみ取ってきた。白はあてた。黒は当然抜いた。と見えた・・・。白は他のヨセにまわる。実は黒は劫立てみたいな手を打っていた。受けていればなんでもない手で黒は大きな劫材を浪費したあり得ない手を打ってきていた。こんなことで何十局負けたことであろう。実際に石を持っていれば手の動きでそれとなく知れるのだが、ネット碁は音だけ。猛然と腹が立ってきた。相手に対してか自分に対してか。碁はこのようなあり得ない手は死んでも打ってはいけない。相手のポカを予想して打ったなら神業と云うべきか、それにしても大石、種石を取られても決して投げない下手には難儀している。

13-0074(1698)
パスワード:
アテコミが急所鉢の木13年03月14日 11:47
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❿HD❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●❻F┼┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼❹┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この形は黒❿のアテコミが急所です。白のダメがつまり進退不自由です
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼LHD❽❿┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠⓬J●❻F┼P┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼❹┼⓰@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼⓮N┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
同様に白からもアテコミが急所。三々に打って出切る時、出切られた時は、このアテコミを知っておかねばなりません。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○●●○┼○┼●┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠@●❹●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❷B┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷D┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この後、隅には白@からキリまくる痛烈な筋があります。

13-0073(1697)
パスワード:
ヘタはヘタなりに面白いとほる13年03月14日 11:10
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼D❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●❻F┼┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼❹┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
鉢の木さんが書き込まれているようにサンサンに打って出切って見ました。
互い先でしたので相手はサンサンにビックリされたようです。

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼P┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠N⓮HD❽❿┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓰●❻F┼┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼❹L⓲@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓬JR⓴┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
なんと石塔絞りになりました。
黒も白も間違ってばかりだからこんなことになるのでしょうが
はさんでサンサンからデギル戦法のヒントを教えてください。

13-0072(1696)
パスワード:
鉢の木さん、ZARUGOさん、ありがとうございます。とほる13年03月14日 10:47
シチョウアタリを打ってみても、その後どうするか分からないから
どうにもならないのです。
お二人のお陰でどう持って行くのかが、何となく見えてきたとような気がします。
ありがとうございました。

13-0071(1695)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木13年03月12日 23:04
黒は❷とはねます。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼○●┼○┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼○●○┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼@●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼❷○B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○❹●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白は抜きよりも押すべきでしょう。抜きでは黒の二子が軽くなるからです。
黒は❷とはね❹とがっちりついで充分です。上辺の白地は一方地で大したことはありません。
何よりも左辺で白の一子が腐ってしまったのがつらい。
この後
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼○●B○┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼○●○┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○●❷❹┼┼┼┼┼┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼@┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
アテを打つくらいで黒も❹と伸びきっています。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼○┼○○┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼○●○┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼❷┼F┼○●●●┼┼┼┼┼┨
┠●●┼B┼D❻┼❽○┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼●○○┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白が大場を打つなら黒❷から様子を見て、黒❽のキリまで
中央で黒が威張りだしました。
上辺の白地が小さいと云ったのはこのような味があるからでした。

13-0070(1694)
パスワード:
鉢の木様、質問です(愚問かもしれませんが)ZARUGO13年03月12日 22:01
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼A❸┼○┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼○❶C┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶、黒❸とモタレて行くのが有力です。
白Eのかかえには、黒❼が痛烈なシチョウあたり。
この手が打てれば黒が有望です。
是非覚えておきましょう。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼A❸G○┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼○❶C┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼○❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼❼⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がシチョウを防いで8と抜いてきたら、
9とハネて、11くらいまでの打ち方になるでしょうか?

13-0069(1693)
パスワード:
覚えておきたいシチョウあたり鉢の木13年03月12日 10:09
最近流行の星を打ちあう布石です。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼C┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❼❶┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とかかると白Aとハサンでくるケースが多く、
この後はそれなりに難しい。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸C┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼❺○┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼G┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
三三に入るのはとても分かりやすく、白Gまでも良く現れる形です。
ここで黒はどう打つか。上辺の白の構えもなかなか立派。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼A❸┼○┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼○❶C┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶、黒❸とモタレて行くのが有力です。
白Eのかかえには、黒❼が痛烈なシチョウあたり。
この手が打てれば黒が有望です。
是非覚えておきましょう。


13-0068(1692)
パスワード:
何故はさむのか鉢の木13年03月10日 11:46
何故挟むのが良いか

四子局では私は下辺星に挟む手を勧めています。勧めるのに極端に「この一手」などと言います。碁は広いですから「この一手」などということは決してないのですが気分を理解してもらうためにあえてこのような表現をします。
カムイさんは「エッセイ」欄で挟むということは取りにいくぞという意思表示と仰っています。たしかにそのような意図をもってハサむ人が大部分なのでしょう。けれどもハサんだ瞬間はそうではないというのが私の考えで、むしろハサんだ反対側背中が重要と説明しています。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⇒┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼←┼❷┼⇒┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼←┼┼┼⇒┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼←┼┼┼⇒┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒が❷と打つとその力は四方に働きますが、左右で考えると背中方向に働く(⇒)力を一義に考えるべきで白@にかける圧力は二義的なものであるというのが私の持論です。
「碁は背中で打ちなさい」とよく教えていますが、これは攻めながら勢力を築く、攻めて地が出来るということを考え合わせると理解してもらえると思います。
前に二間高にはさむのはスワリが良くないと書きましたが、大切であるべき背中でいつでもかかって治まってしまう手があるので甘い打ち方と思っているからです。

四子局で白が小ケイマにかかって白が星に展開するとそれだけで少し儲けた気分になります。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼B┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

これは下辺に10目程度地がついたからではありません。相手の絶好点をこちらが占めたこと。白@、白Bの構えは許される最大の治まり形で、これを打った途端に碁が広くなっているからです。
よく下図のように一間にハサンで見える方がいますが、厳しいようで全然厳しい手ではありません。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼B┼F┼┼┼┼L┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼❻DHJ┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼❷❽❿┼⓬┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒が下辺に10数目の地を作る間に白は労せずして中央に厚みを作ってしまいました。このように自分が作る厚みよりも相手が作ってくれる厚みは大きい。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼AC┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼○❶○┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼❺❸●○○○┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼E┼┼○┼●●●┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒は❶のワリコミに期待しているのですが、またまた白の中央の厚みを強化した上によいタイミングで三三に入られて全く何を打っているのか分からない結果になっている。
これは最初の一間にハサンだ手に罪があるからです。碁は逆説のゲームと考えています。厳しい手は厳しくない。地を作ろうとすると地は小さくなる。不思議なゲームなのです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼❹┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白@に❷と受ける人は白Bに対しても必ず黒❹と受ける。白にDと打たれれば途端に碁は広くなっている。

このわずか5手の間にです。序盤でいえばかかりっぱなしの石は一番危ない。かかって受けさせればそれだけ変化する場所をせばめているのでかかった石を攻められれば困った事態になります。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼❹@┼❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

ここで白@の石を攻めてくる人は強い。私は黒❻と攻める手を教えています。正しくは二間高のほうが良いのですがこれはその後が難しい手です。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼D┼┼❻┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼❹@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

秀策なら黒❻と攻めるでしょう。私も5段位の時はこのように打っていましたが

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼D┼┼❻┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼❹@┼┼┼┼F┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白にFと迫られた時の打ち方が分からず往生しました。


┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼●○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白が手を抜けば更に黒❶と飛んでしまう。

さて

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼❹┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

この形になれば白@の石を攻める余裕はなくなっている。左下の黒二子が被告になっているからです。

碁に局面ごとに絶対の一手があるとしたら、白の言いなりに「はいはい」と受けることは退嬰的で少しずつ損を重ねていることになる。

私が友人、知人、初対面の人に教えた結果面白いことに気が付きました。白@とかかって黒が星に挟む手、一間に受ける手、つけのびを打つ手、それぞれの変化を教えて好きなように打たせてみると
皆好き好きがあって、大抵自分で好きな手を打つようになります。その後一番碁が上達したのはハサむ手を好んで打つ人でした。ツケ伸びを打つ人の殆どは上達しないでいつまでもそのままの棋力か、上達のスピードが極めて遅い人達でした。
上達するには碁の持つ神秘な秘密を自分で少しずつ嗅ぎ当てていかねばならない。ツケ伸びを打って御身大切を一番に考える人は、自らその路をとざしているのでしょう。

不思議なことに変な手ですが白@に

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒❷とボウシしてきた人が一番強くなった。「鎮神頭」ですね。教えていない手を打ってきたこの友人には現在はこちらが二子置いて打っています。

13-0067(1691)
パスワード:
簡単な(?)布石の問題とほる13年03月09日 10:43
私のは模様ばかりで全然地になりませんね。
肩、かかりなどがらがらになりそうです。
反対に置き去りにした白2子は何とも動けません。
私の打ち方はいつもこんなふうになってしまいます。
「反省}

13-0066(1690)
パスワード:
簡単な?布石の問題の解答鉢の木13年03月09日 00:33
ZAARUGOさん、残念。
とほるさん第1着は良かったのですが

黒❶と割打ちをされた時、どちらから詰めるかは常に大きなテーマです。その後の変化をつぶさに読んで決めなければいけません。
一般に下から大ケイマに詰めるのが好形で、二間ビラキにコスミつけてコリ形にするのが良いのですが、この局面では違っていました。
意識しなければいけないのが右辺の黒の構えです。では順を追って考えてみましょう。

白先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼B┼┼●┼┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
まずZAARUGOさんの答えでおかしなところがあります。白はコスミつける前に白Bを先手で打たなければいけない。
ここはこのままでは黒が手抜き出来ない場所で黒❹と打たなければいけない。打たなければ
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼○┼┼●┼◎┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白に◎と詰められるのがとんでもない急所で一遍に敗勢となってしまいます。
白が三三に打たなければ下がペイペイに空いているところから白が大ケイマに詰めたことになって理屈に合わない。
さて
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼F┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❷❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼B┼┼●┼┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白が黒❹のあと白Dから白Fと打った後、黒❽がこの上ない絶好点。
あっという間に黒が右辺から下辺にかけて大模様を作ってしまいました。
それに較べると上辺の白は小模様です。
上辺は打ち込み、消しの手段がいくつもあり、地としてもまるきり小さいのです。
その後
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼F┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❷❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓬┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼J┼●┼┼┨
┠┼B┼┼●┼┼❹┼L┼┼H❿┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼N⓮⓰┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白はHとかかる位の手しかない。ここで黒⓮、黒⓰のハネツギが手止まりと云うべき大きくて良い手です。
白四子にはまだ攻めが利きます。上辺は黒から打ち込めば黒地になる可能性もある。
以上の変化が予想されると下から大ケイマに詰める不当が理解できると思います。
さて上から詰めるとどうなるか
とほるさんはその後の打ち方を間違えました。
上辺の模様は大きすぎでとても地になりません。
おまけに下方はポロポロでこれからとんでもない損をしそうです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❷B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ここで白B白Dとツケ押さえるのがとても良い手になります。
通常、ツケ押さえは相手をかためるのであまり良い手ではないのですが、二間ヒラキをさらにコラせる意味で好手になっています。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼a┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠EC●❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❺●○❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠G○A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❶、❸とあてつげば白Cと切り取り、がっちりと治まってしまいます。
まだ白からaの急所が残っています。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋❸┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼❶●AC┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒も❶とつぐ位、白はAと切ってさらに追及します。
黒は❸から❺と構える位が相場です。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋B┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼❶●A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❷と引っ張るのは無理と云うもの。白にBと堂々と戦ってこられて、黒は左辺、中央、下辺と忙しいところが3ケ所もあって目がまわりそうです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋❸┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼❶●AC┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼E┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❺に構えて一息入れると、白Eが働いた打ち方になります。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋❸┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼❶●AC┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼I┼┼┼┼M┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼❾EGK╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●❼⓫┼⓭┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
いつのまにか白が威張り出しました。碁は威張れるときに威張っておかねばなりません。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼○┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼●○○○╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●┼●❶┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は❶と打っておくのが立派な手です。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼○┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┨
┠┼┼┼┼○┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼●○○○╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●┼●A┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❶と打つと白はAちつけます。ここはどちらが打っても急所。
この後、白はAとつけて上辺を盛り上げる手も面白くいつのまにか白の良い碁になっています。

決して簡単な問題ではありませんでした。

(この問題は呉清源九段「二十一世紀の打ち方」からの出題でした)

13-0065(1689)
パスワード:
ZARUGOさんとほる13年03月08日 22:57
白先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼G❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠K❶EIM┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓭❾⓫┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼❺C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ZARUGOさんと反対につめます。
左下の一間の2目はすでに滑られているのですから
軽くみます。
この2目をとるまで黒は大変です。
自然に上辺が大きくなります。
かって読みですみません。

13-0064(1688)
パスワード:
◆簡単な布石の問題 ◆鉢の木 ◆13年03月08日 解答ZARUGO13年03月08日 16:44
黒は❶と割打ってきました。
白はAと詰めますか、Bと詰めますか?
出来ればその理由も書いてください。

白先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼E┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
A(白2)と打ちたいです。理由は、上記のように打てば、白は弱い石はないし、つらい生き方もしなくてよいのに対して、白Bに詰めると、
黒❸に開かれたあと、白隅に二眼なんとか作れるが、卑屈な生き方だし、
黒はこのあと下辺に2間開きするなどして、楽な展開になると思われます。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼ ┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ ┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼  ┼●┼┨
┠┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ ┼┼┨
┠┼❸❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ ┼┼┨
┠┼G┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼╋┼┼┼ ┼┼●┼┼┨
┠┼E┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0063(1687)
パスワード:
簡単な布石の問題鉢の木13年03月08日 13:57
黒は❶と割打ってきました。
白はAと詰めますか、Bと詰めますか?
出来ればその理由も書いてください。

白先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0062(1686)
パスワード:
ZARUGO様 正解です鉢の木13年03月08日 00:36
黒❺のアテコミが打てれば正解です。
黒❶ではなく黒❸のキリから行くのがスマートでした。

お見事!!

13-0061(1685)
パスワード:
鉢の木様ZARUGO13年03月07日 21:26
┏●┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○●┼●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●○⓫○❼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○●○G❺○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠A❶○❸E❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼C┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❶と切れば白はAとかかえます。その後の変化はどうなりますか?
黒11まで外に脱出します。
鉢の木様のご指摘ごもっとも。本体側から詰めれば攻め合い勝ちでした。

13-0060(1684)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木13年03月07日 19:17
┏●┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○●┼●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●○┼○┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠A❶○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❶と切れば白はAとかかえます。その後の変化はどうなりますか?

┏●┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○●┼●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠C○●●●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●○┼○┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠❸○●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❺❶○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
又黒は❺とコスむ必然性は無く無条件で攻め合い勝ちです。劫にしてはいけません。
中央の白の厚みは相当で白は劫替わりを取って十分満足します。


13-0059(1683)
パスワード:
◆しのぎの問題 ◆鉢の木 ◆13年03月07日への解答ZARUGO13年03月07日 18:22
黒は一眼しかありません。しのいで下さい

黒先

┏●┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○●┼●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
⓭C○●●●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
E⓫○●○┼○┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
❼❸○●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❾❶○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
K❺GA┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠I○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒13までのコウが私なりの回答です。ちなみに、白2で黒1をシチョウに抱えると、黒外側を切り、白のび、黒あてこみで、以下黒外に脱出します。

13-0058(1682)
パスワード:
しのぎの問題鉢の木13年03月07日 03:20
黒は一眼しかありません。しのいで下さい

黒先

┏●┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○●┼●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●○┼○┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0057(1681)
パスワード:
さかれ形鉢の木13年03月06日 16:45
さかれ形

下図のAからCはさかれ形です。白に突き抜かれた黒は働きを失い何十目損していることか。
劫で抜き抜かれたのならまだしも、そうでなければ大抵このような形になれば碁は負けとしたものです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼(A)┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼(B)┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼(C)┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼(D)┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼●┼○┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

Dは黒石が離れているのでさかれ形とは言えません。


対局途中の局面で出来るさかれ形は気が付かないうちに結果そうなることが多く始末が悪い。
良くある定石でこんなのがあります。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼●┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼@┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

白は黒に押させようと白Bと高く打つことがある。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼●┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼D@┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

黒は❹と押す一手。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼●┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼D@┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

ここで黒❻と隅を確保すれば、白Fと曲げられて封鎖されてしまう。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❻┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼●┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼D@┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼F❹❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

そこで黒❻、白Fと打つ人が多い。これが意識しないで打ってしまうさかれ形です。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼●┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼FD@┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❻❹❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

このさかれ形を作らないためにはどう打つか。
簡単です。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋❽┼●┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼FD@┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❻┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

黒❻とコスめば良いのです。

実戦でよくある布石で黒は辺の白石をボウシして攻めた。

┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼❶╋○┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白は当然Aと逃げますが、黒❸と押すのが自らさかれ形を作る手。

┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼❶╋○┼┨
┼┼G┼ECA┼┼┨
┼┼┼┼┼❺❸●┼┨
┼┼┼❼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

一見右下に大きな地を作ったようでそれは錯覚。
三三がペイペイに空いていてまだ地でも何でもない。
黒❶の石が泣いています。

┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼❶╋○┼┨
┼┼┼┼┼❸A┼┼┨
┼┼┼┼┼┼C●┼┨
┼┼┼┼G┼E❺┼┨
┼┼┼┼┼┼┼❼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

このように打つ人がいますが大同小異。
白は黒石をさいて楽に中央進出をはたしました。

┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┼┼┼❾❼┼┼┼┼┨
╋┼┼❺E❶╋○┼┨
┼┼┼┼GCA┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┼┼┼┼┼┼❸┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

ここでも黒❸とコスむのが正しい。
黒❾とついで中央を厚くしながらまだ攻めを継続しています。

┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼❶╋○┼┨
┼┼┼┼┼┼A┼┼┨
┼┼┼┼❸┼C●┼┨
┼┼┼┼┼┼E❺┼┨
┼┼┼┼┼┼┼❼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
このような打ち方もあります。
ただ黒❸とあおる時は、

┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼❶╋○┼┨
┼┼┼┼┼┼A┼┼┨
┼┼┼┼❸┼┼●┼┨
┼┼┼┼┼┼┼C┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白Cとつけるサバキの筋は読んでおかねばなりません。


ここで置き碁でよく出来る形を見てみましょう。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼◎┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

もともと白◎と高く打ち込んでくる手はあまり怖くない。
白の次の手が無いからです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼G┼E❼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼❸❶A❺┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼○C●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

黒❶のつけから白Gまで打つ人が結構多い。これが典型的なさかれ形。
このような手を打っていてはいつまでも級位から抜け出せない。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼❸❶A┼❺┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼○C●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

ここで黒❺とはずすことが出来る人ならば最初に黒❶とつけないでしょう。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❶┼●┼●┼○┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

最初に戻って、黒❶と三三入りを拒否するのが分かりやすい応手です。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼○┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

ワタリと隅の守りを兼ねて黒❶と打つ場合もあるでしよう。
とにかくさかれ形を作らないということを意識して打てば良いのです。

ただやみくもに相手をさかれ形にすれば良いというものでもないところが碁の面白く深いところで
東洋囲碁の9d同士の対局です。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┨
┠┼┼○┼○┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼@┼┼┼┼○●●┼┨
┠┼○●┼┼●┼┼❷┼●┼●●○┼●┨
┠┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼●●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼●○┼┼┼┼●┼┼┼○┼●┼●○┨
┠┼●○┼┼┼●┼○●●●┼●○┼○┨
┠┼┼●○○○┼┼○●○○┼┼┼○┼┨
┠┼●┼●○●┼○┼○●●┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷●┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白は地が多く黒にとって容易ならざる局面です。
白@に黒は❷とつけた。この線で黒地がまとまればまだ打てるとみています。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┨
┠┼┼○┼○┼┼┼FD○┼┼○┼┼●┨
┠┼○┼┼┼┼┼❻@❹┼┼┼○●●┼┨
┠┼○●┼┼●┼B❷┼●┼●●○┼●┨
┠┼●●┼┼┼┼❽┼┼┼┼┼┼○┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼●●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼●○┼┼┼┼●┼┼┼○┼●┼●○┨
┠┼●○┼┼┼●┼○●●●┼●○┼○┨
┠┼┼●○○○┼┼○●○○┼┼┼○┼┨
┠┼●┼●○●┼○┼○●●┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷●┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒の読みは❽とシチョウに抱えれば良いと云う訳です。
しかしこれは「勝手読み」でした。碁は相手があることで自分の思惑どおりにはいきません。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼❽FH┼┼┼○○●┨
┠┼┼○┼○⓬┼┼❿❻○┼┼○┼┼●┨
┠┼○┼┼┼┼┼D○❷┼┼┼○●●┼┨
┠┼○●┼┼●┼@●❹●┼●●◎┼●┨
┠┼●●┼┼┼┼┼B┼┼┼┼┼◎┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼J┼◎┼┼◎◎┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼●●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼●○┼┼┼┼●┼┼┼○┼●┼●○┨
┠┼●○┼┼┼●┼○●●●┼●○┼○┨
┠┼┼●○○○┼┼○●○○┼┼┼○┼┨
┠┼●┼●○●┼○┼○●●┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷●┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒の間違いは黒❻とさいていって悪くないと思い込んだことです。
白Jとなってみると白の唯一の弱石◎の一団にヒモがついた。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯R┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┼○○●┨
┠┼┼○┼○●@┼●●○┼┼○┼┼●┨
┠┼○┼┼┼B┼○○●┼┼┼○●●┼⓴
┠┼○●┼┼●┼○●●●☆●●○┼●┨
┠┼●●┼┼┼┼┼○❹┼┼┼L○┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷○┼○┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼❻D┼┼┼❿⓮N┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽┼H┼⓬JP┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●⓰F┨
┠┼●●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓲┨
┠┼●○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼●○┼┼┼┼●┼┼┼○┼●┼●○┨
┠┼●○┼┼┼●┼○●●●┼●○┼○┨
┠┼┼●○○○┼┼○●○○┼┼┼○┼┨
┠┼●┼●○●┼○┼○●●┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷●┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白Bは下からアテるほうが良い。1目2目の問題なら「石は小さく取り、地は味よく作る」方が勝ります。
黒は❷から❹と相手をさかれ形にしたけれども形勢は悪くなる一方。
ついに白☆と要石をとられて勝負ありました。
出来上がりを見ると黒はダメばかりを打った結果となりました。

これは「勝手読み」の典型ですが白の打ち方をほめるべきなのでしょう。

13-0056(1680)
パスワード:
とほる様鉢の木13年03月05日 17:28
下をすべるのは互先の時で、白はあくまでも三々狙いです。
仰るようになれば黒にとって分かりやすいことこの上ないでしょうね。


┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼A┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼❷╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白が打ちたい順序は、A,B,Cと思います。
一間飛びはまず打たないでしょう。もし打ったとしたら続けてもう一度一間に打って三々に入るとか。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼B┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
6子ならば決して@と小ケイマにかかりません。単純に黒❷、黒❹とあおられて白は楽負けになりそうだからです。

13-0055(1679)
パスワード:
2間高ばさみを打つ理由とほる13年03月05日 17:00
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼❷╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼❻┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼D┼┼┼┼F┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
2間に挟むのはこの❽を打ちたいからです。
でも星か星下に黒石がないと空振りです。
6子だったらこの❽にはそれなりの威力があると
思いますがいかがでしょうか。
でも6子だったら白は2線に二つも打たないでしょうね。

13-0054(1678)
パスワード:
鉢の木さんへ 星に打つ(挟む)威力 とほる13年03月05日 10:25
星に挟む意味が少しずつですが分かってきました。
サンサンに打って出切っていく戦い、怖いことは怖いのですが
星に黒があれば白もむやみなことはできないでしょう。
(でも良くやられますが)
失敗をおそれず戦うことにします。

13-0053(1677)
パスワード:
とほる様鉢の木13年03月05日 09:50
とほる様の仰るようになると互角と云うよりは黒が良いと思います。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼D┼⓰┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼B❹❻┼N┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼F┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❽●┼⓬H┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼❿@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼⓮JL┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
このような形になると黒は隅に根拠を持っていて、がっちりと活きています。碁は相手の活きている石にへばりついている石はつまらない石となりますから私はこのような変化は嫌いで滅多に打ちません。確かに布石と云うものは好き好きですが、相手が神様であっても良いものは良いと云えるような形にすることが肝要と思います。その後の変化で間違えることがあっても棋力が上がれば間違えなくなります。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❾B❹❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼FG┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この形は私は黒❾と下をハネる方が好きです。白がつぐのはダメが詰まって困りますから、白から下がってくるシャニコイ手を防いでいる意味があります。
もう一つ私が両カカリしない理由は、

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼D❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●❻F┼┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼❹┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❹と三々に打たれて白も勢いDとかけるよりなく黒❻から出切られのが嫌だからであります。私が黒ならこのように打ってみたいと思うからでもあります。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
両カカリする時は私は大抵高く二間に打っています。黒が定石どおりコスんでくれば白Dとかけてみます。大抵は
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼N┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼❻┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼F❽⓮@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠JLH❿┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷⓬┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
このようになりますが黒はへこまされてペシャンコになっていて白は十分に満足します。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼BH❿┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼❽D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼❹F┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼❻┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ここはやはり三々に根拠をもってから出切るのが正しいのでしょう。その時に小ケイマに両カカリして出切られるよりは厳しさを少し緩和しているというのが白の言い分です。けれども出切りが厳しいことには変わりなく黒❷の顔を立てる意味でもこう打つのが正しいのでしょう。カムイさんの仰ることも一理あると思います。しかし私は神様相手でも正しい手を打つことが大事でその後の失着で正しい打ち方が損な結果となっても
その責任は失着にあって決して最初の手に責任は無いはずです。 

13-0052(1676)
パスワード:
とほるさん   カムイ13年02月26日 21:53
 一段落するまでの進行が、互角と言うのは、現在は、という断り書き
 がつきます。 そのわかれは後には互角でなくなるかもしれない。
 厚みや石の強度は、それが働くことを加味した評価だから、後の打ち方
 で価値が大きくも小さくもなります。 着手価値の判断は、厳密なこと
 は言えず、対局者双方の満足度で考えた方がよいでしょう。 満足
 できるかどうかは貴方がきめるのです。

13-0051(1675)
パスワード:
鉢の木さんへ  星のはさみとほる13年02月26日 11:25
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❾D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼B❹❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼FG┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛                    

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼D┼⓰┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼B❹❻┼N┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼F┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❽●┼⓬H┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼❿@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼⓮JL┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
今後は星に挟むようにします。

白のかかり方、変化などはいろいろありますが
上記のような別れで5分でしょうか。
5分の別れならまだ置き石の力があるため
黒が何とかなるような気がします。
たいがいここまで来るまでにおかしくなって
黒3分の別れになってしまうのです。

13-0049(1674)
パスワード:
一路の違い(鉢の木さんの書き込みを受けて)めかり13年02月21日 20:59
いつの頃からか、これをすごく気にするようになりました。
三線か四線か? 二間か三間か?
これに気を使うようになって碁の幅が広がったと思います。
相手が二立三析でなく、二立二析の形にもってゆけた場合などは、大抵勝ってる気がします。
囲碁って奥が深いですよね。だからこそ面白い。
ここの会員の方々とは、いついつまでも良き仲間でありたいと思ってます。

13-0048(1673)
パスワード:
不思議な流行鉢の木13年02月18日 20:17
ここのところ4子局では白が@とかかった時、黒❷と二間に高く挟んでくる人がとても多く驚いています。
白を厳しく攻めている気分なのでしょうが、白はこのように打たれると勝算が7割以上と喜んでいます。
これは黒小目、白ケイマかかり、黒二間高バサミとまるきり意味の違う手で、厳しくもなんともない手なのです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼❷╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白からはA,B,C,D,E,Fなど様々な応手があります。
どれも一筋縄でいかない複雑な変化があり、局面がまぎれることが白の願いとすれば黒の選択する手段ではないと思います。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼F┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼CD┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼❷╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼E┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼●╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼〇┼┼┼┼B┼┼@┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
また左方が五分の分れになった後、右方は白@のかかりから簡単に収まってしまう手があり、半分しか打っていない形で甘いとしか言いようがありません。

何故1路ひかえて下辺星に打たないのでしょうか。
四子局ではこの一手と思うのですが、実戦では9割以上の人が二間高に挟んできます。
三間に挟まれると白の打ち方は大変難しく、いずれを選択しても5分以上の分れになりません。
まるでこの形が申し合わせたように打たれているので不思議に思っています。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0047(1672)
パスワード:
とほる様 正解です鉢の木13年02月10日 00:02
とほる様には易しすぎましたね。解答をアップする手間を省いていただきました。

13-0046(1671)
パスワード:
易しい詰碁1 私の解答とほる13年02月09日 10:40
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼○●●●❼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●A┼●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●E❶●○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❺C┷❸┷┛
セキで活きになります。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼○●●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●❸┼●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┼❶●○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❺CEA❼┛

無理に殺そうとすると3目とられます。
外側を打たずに活きをはかる不思議な
詰碁でした。
これでよいのでしょうか。
どなたかの投稿を待っていたのですが。

13-0045(1670)
パスワード:
易しい詰碁 第1問鉢の木13年02月05日 22:36
黒先活き

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼○●●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┼┼●○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0044(1669)
パスワード:
鉢の木さんとほる13年02月05日 21:19
答えの出し方を教示されたところで
簡単な問題を出していただけませんか。
応募がたくさんくるように願っています。

13-0043(1668)
パスワード:
詰碁の易しい答案の作り方鉢の木13年02月05日 10:58
パソコンを使っていて一番使用頻度の高いコピーとペーストのキイ操作をまず覚えてしまいましょう。

---------------------------------------------------------------------
キーボードの左下には[CTRL]のキイがあります。これは使いこなすと結構便利なキイです。

@ 問題図をコピーします。
  盤面の左上にマウスのポインタを持って行き、左ボタンを押しながら右下に向かってコピーする範囲を青く反転させます。(ドラッグといいます。)
  ここで[CTRL]を押しながら[C]を押します。私は左手の小指を[CTRL]キイ専門に使っています。左手の人差し指で近くにある[C]を押せばコピーが出来ました。コピーといってもクリップボードという場所に一時的にデータが格納されたということです。

A 解答を書きこみます。
  書き込みのウインドウを開きます。
  コメント欄から書き込みましょう。
  欄の左上にポインタを持って行き[CTRL]を押しながら今度は[C]の右の[V]を押します。
  これでペースト出来ました。

盤面が左上一杯に行っていますから何行か下に下げましょう。左上端にポインタを持っていったらリターンキイを押します。一回押すごとに1行下がります。

盤面に黒数字、白数字を書き込むときは書き込む場所の右にポインタを持っていき、罫線の「┼」を一つ消します。その右側の罫線は一つ左に寄ります。その状態で「いち」とか「に」と打って変換すれば黒抜き、白抜きの数字が選択できます。

その他のコメントを書き込みます。

B 最後にタイトルとパスワードを入れて送信すれば見事解答することが出来ました。

やってみてうまくいかないときはお電話下さい。

   044-863-6276  鉢の木

13-0042(1667)
パスワード:
とほる様正解です鉢の木13年02月05日 10:30
普通は眼を作らせるので考えられない黒❼の放り込み、これでダメつまりに持ってゆきます。碁の調子の良い時は問題を見たとたん見えて来る筋です。しかし思考の迷路に入ると何日かかってもわかりません。最初からあり得ない手として排除してしまうからです。それにしてもお見事でした。

13-0041(1666)
パスワード:
次の一手はとほる13年02月05日 10:04
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○○○●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●A❶┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷❸C❺E❼○●┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この❼で息の根を止められると思います。

鉢の木さんへ
ほかの会員の方も分かっていると思います。
でも、ここへ書き込む方法が分からず
答えられずにいるのではないでしょうか。
「易しい答え方」の説明がいると思います。
私も口では言えると思いますが、
文章で表現するのは難しい。
丁寧にやろうと思うとなお面倒くさくなります。
鉢の木さんの講義をお願いします。

13-0040(1665)
パスワード:
とほる様鉢の木13年02月04日 21:08
手順は順調です。ここで見えるか見えないか。

13-0039(1664)
パスワード:
途中までとほる13年02月04日 21:05
黒先 無条件死

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○○○●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●A❶┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷❸C❺E┷○●┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ここまではすぐきます。
ここからが見えるか見えないかです。
ここまでが違っていたらどうしようもありませんが。

13-0038(1663)
パスワード:
易しそうで易しくない詰碁鉢の木13年02月04日 18:00
見えれば3秒、見えないと3日かかる詰碁

黒先 無条件死

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○○○●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷○●┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0037(1662)
パスワード:
急場鉢の木13年02月03日 18:34
急場

この局面急場はどこでしょう。

黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼●○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○┼┼┼┼┼❶┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼●○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
実戦では黒❶と辺の星に打ちました。しかしここは大場としても二級品。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼●○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
こちらの方が大場としては一級品。
しかし大場は急場に及びません。
「大場より急場」
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠A●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❶●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼●○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は黒❶から黒❸、ここが急場でした。
白は殆どつぶれ。

白番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○┼┼┼┼┼❶┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼●○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
さて白の立場でこんどはどこが急場でしょう。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○┼┼┼┼┼❶┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼●○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
相手が攻めて来なかったので白Aと飛んでおく。
殆ど正解。殆どということは?
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○┼┼┼┼┼❶┼┼┼┼┼●┼┼┨
C●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠A●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼●○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白A、白Cとカミ取り白Eと立つ。これでこの白は攻められることはありません。
流れるような名調子でした。

13-0036(1661)
パスワード:
本手鉢の木13年02月03日 15:11
本手

プロは勿論のことアマ高段ならば一目で石が行くところがあります。

黒番

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○○○○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼○●○●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○○○○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼○●○●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
これこそ本手。
足は遅くてもしっかり取っておくのが良い。
ここに憂いがなければ後は如何様にも強く打てます。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○○○○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼○●○●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼❶┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶と大きく構えます。気持ちは分かりますがこれは中途半端。
碁で一番悪いのは中途半端な手です。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○○○○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼❽B❹○●○●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼❻D@●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼F❷H❿┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼L┼┼J┼⓬┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白は@と動くのがこの一手。
途中白Hのキリが厳しく、白は大威張り、白Lまでになると最初の黒の二間トビが中途半端な場所になっています。


13-0035(1660)
パスワード:
定石その後鉢の木13年02月02日 15:54
 白 李 昌鎬 六段
 黒 ゙ 薫弦 九段

韓国棋聖戦3対3で迎えた決勝局。
白の李六段の面白い手を紹介します。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❺┼⓳┼┨
┠┼┼C┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋❶I┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓭K⓫┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼M⓯┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼O⓱┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼Q┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼SG┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E❼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋❾┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Iがちょっとしたキカシ。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼B┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●@┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼A┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼D┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷と伸びると定石通り白Dまで打った時、黒Aと詰めづらいでしょうという訳。白Bとハネて隅の活きを残しているのが自慢。
当然黒も反発したが出来上がり図は白が若干厚いという評判。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋A┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺┼❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠G┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
左辺のワリ打ちから定型通り進行するかと思われた矢先、白Gという仰天の一手が飛び出した。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋A┼┨
┠┼┼❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠⓫❺┼❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠┼┼○┼G┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
普通の変化。白が先手の反面隅が空いている。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋A┼┨
┠┼┼❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼E⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺┼❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠I┼○┼G┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼K┼┼┼┼❶┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Iと隅を大事にする変化あもある。しかし白Kが省けず後手になる。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼K┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋A┼┨
┠┼┼❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼E⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺┼❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠G┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼I┼┼┼┼┼┼┼❶┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Gに黒❾とコスめば白I、白Kまで大きいところは白が皆打ってしまった。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠❷┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼B┼┼@┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
単に白@のケイマなら黒は❷と変化する可能性が強い。
白Bと安易な受けなら黒❹まで黒十分。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●D┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠❷┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼❹┼┼@┼❻┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷に反発して白Bのコスミなら互いに我が道をゆく分れ。
しかし黒❻と一杯に詰められて主導権を握られる。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●D┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼F┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠❷┼○┼@┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼❹┼┼┼┼❻┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白が小ケイマでなく一間に受けた時は黒❷のスベリは余り良い手ではない。
白Dとアジ良く打たれ黒❻に迫ってもコスまれていかようにもさばかれる。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●❼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠○┼○❶❸❺❾⓫╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼ACGI┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とつけるのは白Aとはねられ実利を取られる。
白Kとなると黒不利な戦い。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠○C○❶❺❼❾┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼AEG┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は❸とここで利かすものだろう。
しかしやはり白Kに回られてしまう。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●G●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼EC❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠○┼○❶❺┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼A❸┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❸と二段に押さえるのは白の実利が大きい。
黒の壁も右下の黒が低位なので価値が低い。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠○┼○┼❶┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
従って白に隅を一間に飛ばれた時は黒❶とケイマに打つのが正着となる。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠A●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠C❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠○❺○┼❶┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼E❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aとワタルのは退嬰的。黒厚くて満足。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠○C○┼❶┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aとコスんで黒一子を攻めようというのはよくない発想。
黒❺と打たれると白は二線をワタるよりなくヤラレ形。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠○┼○┼❶❺┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼CA❸┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白はA、Cとつけ引きを打つのが正着。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼D❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠B❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠@●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠○┼○┼●●┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼○○●┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
しかし白@以下地を稼ぐのはよくない。明らかに黒の勢力が勝る。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼F┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼○┼❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●❷❹┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼@DB┼H┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠○┼○┼●●┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼○○●┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白は@とコスんで黒を大きく攻めるところ。
双方最善で互角。

《実戦の進行》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼⓫┼┼⓭┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼M┼┼○●┨
┠┼○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼○○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●E❸┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠I┼GAC❺┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠○┼○┼●●┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼❼┼○○●┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
途中❼の様子見が冴えた一手。
結果は白8目半勝。

13-0034(1659)
パスワード:
定石その後鉢の木13年02月01日 00:03
黒❺のカカリに白Eの二間高バサミは右辺の黒の二連星を意識した手
黒❼の両ガカリに白Gとつけてきた時、直ちに黒❾と三三に入る変化がある。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❾┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼C┼G┼┼E╋┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼❸┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
以前よく打たれた定石では
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸┼C●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺○┼○❶┼○╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠B┼┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とハネてから三三に入った。
この後は息の長い碁になる。
黒AのツメがBのオキを見て先手。この形は白が若干厚いという評価である。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶┼A●C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸〇┼〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒がハネずに三三に入ったのは、白Cまでとなった形は白が重複している感じがあるのと
黒Cのツメが先手になっていないという利点がある。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶❸A●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼A〇B〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
従って白はAと遮る一手。この後白がAと打つかBと打つかで全く違った変化になる。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●❷●B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇〇@〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❹┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@と打てば黒は❷とピンとつぎ、白Bのハネには応えないで黒❹と展開するのが正しい。
┏┯┯┯┯┯┯❿┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼❹D❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●❷●B❻H┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇〇@〇F┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼J┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❹と挨拶するのは、白Dの二段バネから白Gとはさまれて黒は利かされている。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❽●●❷●B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❻〇〇@〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠FH┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❹┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❿┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がDと下がってきたら、黒❻、黒❽とハネついでまた先手を取り黒❿にかかる要領。
これは一応黒が面白い布石である。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●@●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇〇B〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@、白Bとワリツグ打ち方は、単に白Bとつぐより多くの変化を含んでいる。
黒に足早の布石をうたれるのが好ましくないときに選択される方法である。
┏┯┯┯┯❺┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼EC●A❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇〇〇〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶と伸びるのはこのような形ではありえない手である。
白Aとキリを入れられて黒❸と取ると、隅の実利が大きく白は大満足。
┏┯┯┯┯❿⓮⓬┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼❷●ABD❽H┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●❶❹❻F┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇〇〇〇LJ〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼N┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷とつげば三子を捨て石に鉄壁を作られ、白Nと攻められる。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼●❸❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇〇〇〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とカケツグのは白Aのアテを打たれるのが辛い。
白Cと攻めて白好調。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼●❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇〇〇〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
従って黒❶とツグよりないのが結論。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇〇〇〇❷D〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼❿B❹H┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼❽F┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@と挟むのは、黒❷、黒❹が好手。
白Fの時、黒❽、黒❿のキリカエシで白は打つ手がない。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇〇〇〇●〇〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼〇●A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とシチョウあたりに三連星をしくのは白Aとポンと抜かれて、三連星の威力が半減している。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇〇〇〇●〇〇╋❽┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼〇●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼@❷┼❻┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼B❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼DF┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
シチョウが良くても白@と伸びるのが冷静。
上辺の白二子を制した黒の実利も大きいが、白の勢力も相当なもので双方互角の分れ。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●●┼┼┼┼┼┼❸┼┼┼┼┨
┠┼〇〇〇〇●〇〇╋┼A┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼〇●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼〇●┼❶┼C┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼〇●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼〇┼┼┼┼E┼┼┼┼┼┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶の時、白Aと動くのは、力自慢の人が局面を複雑にしようという手。
今後は難しい戦いとなる。双方打てそうな形。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼●❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠A〇〇〇〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶のカタツギに白Aの下がりは地に辛い手。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼●❶E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❸●●〇●C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠A〇〇〇〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❺┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aの押さえに黒❸は悪手。白Bの押さえに二線を這う訳にもゆかず、左辺に黒❺と展開するよりないが先手で白Eと押さえこまれてはいけない。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠A┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❶┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白の下がりには黒❶と左辺に展開するのが良い。
勢い白はAと飛びこんでくるが
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●┼❼G┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●┼❾❺E┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇❶❸〇I┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼AC┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とハネるのは白Iまで封鎖されて悪い。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●❸❺❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●AC┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇┼┼〇┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶と二線に飛ぶのは上から決められて余りにも低位。黒不満
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶の一間トビが好手。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●┼❶A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●┼┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇❺❸〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aとすぐ封鎖に行くのは中央に顔を出して黒大満足。
┏┯┯┯┯┯┯┯⓯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●┼❶A⓭M┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●┼❼❺E┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇I❸〇G┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼❾CK┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Cとハネても黒❺のワリコミがあり思わしくない。
白の形に弱点を残し、一子を切り取ってがっちりと活きる。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇┼┼〇╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶は正着。白もAと様子を聞くのが最善。
┏┯┯┯┯┯❼┯⓭┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●E❶K⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●A❸I❺┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇CG〇❾┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼M⓯┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aに黒❸のオシは当然。白Iに黒⓫と緩める手が大切。

┏┯┯┯┯┯❼┯⓭┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●E❶K⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●A❸I❺┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇GC〇❾┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼M⓯┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❸の押しに白Cと押さえた時の変化である。
前図と手順は違うが同じ結果。
┏┯┯┯┯┯⓫K❾┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●I❶G❼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●A❸E❺┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇┼C〇┼┼┼┼┼┼●┼┼┨ ⓭ 取り返し
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❺の一間トビには先に白Eと出るのが良い。
前図とは明らかに一手違う。白良しである。
┏┯┯┯┯┯❾┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●G❶❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇●A❸E❺┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇IC〇⓫┼⓯┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼K⓭┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼M┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
従って白Eの出には黒❼と押さえるよりない。
白Kまでは絶対の手順。
しかし白Mにノビて黒⓯とカケつがれてはせっかくのチャンスを逃がした。
┏┯┯┯┯┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠〇┼┼●●〇●●┼┼┼┼┼❿┼┼┼┨
┠┼●●〇●〇●〇●❷❻❽┼┼┼┼┼┨
┠〇〇〇〇〇〇〇〇●@BFH┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼D〇●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼❹JL┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓬┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白は@と切る一手。必然で白Lまで双方最善の結果であった。

13-0033(1658)
パスワード:
横面にビンタ鉢の木13年01月31日 12:02
横面にビンタ

それぞれケイマすべりに手を抜いてカカルるのはスピード重視の現代碁。
白がMとすべった時、激しく黒⓯とつけた。「横面をビンタする」ような手である。
始めは筋の悪い手と思っても読むうちにこれは只者ではないと思えるようになる不思議な手だ。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼G┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼❺┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓭┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼C┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼❸┼┼┨
┠┼┼┼┼❾┼┼┼┼┼┼⓯K┼┼┼┼┨
┠┼┼⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼M┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼@┼●❻┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●○┼┼D┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼❹┼❷B○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@と立つのは大緩着、黒❻と押さえられて白は断点を愚形でつぐよりない。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼❷B┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼@┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@と形に打つのは、黒❷、黒❹と中央進出に一歩遅れ、「車の後押し」
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼❹┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❻●○❷┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼@DB○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
@と下をハネるのは、黒❷が筋、黒❹のアテを食うと白の形が窮屈すぎる。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼B┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼F┼┼●○❷┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼@D❹○❻┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷のコスみつけには白Bのノビが黒からのキカシを避けて良い手。
互いに不満の無い進行。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼F┼┼B●○❷┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼@D❹○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❻┷┷┷┛
白Bとアテる手もある。互角。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼❹┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❻●○┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼@❷B○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷D┷┷┷┷┛
白が@とハネた時、黒❷と切りこむのは応手打診。
白Bと抱えると、黒❻のノビまで黒は満足。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼❹┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼❽B●○┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼❻@❷D○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷F┷┷┷┷┛
黒❷の時、ひとつBとアテて抱えるのはシチョウ有利の時に試してみたい手。
この局面ではシチョウが不利でダメ。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼BF┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼❻❹●○┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼❽D@❷H○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷のキリコミには白Bとアテ、Dとハイこむのが正着。
実利を取り、中央にも進出して白は満足。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼BF┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼H❹●○❻┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼D@❷❽○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Dのハイには黒❻、黒❽と隅の実利を確保するのが正しい選択。
白Hとシチョウに取れば部分的には互角の分れ、しかしこの局面では
左下の黒の形が良い。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼H┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼❿FD@┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼❽❻❷●○┼┼❹┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼B┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@と上をハネ、白Bと下がるのは形、しかし黒は❿まで両方打った半面
白はまだ不安定で白不満。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼N┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓮L┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼⓬H┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼⓰┼┼┼┼❽F┼D┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼❻@J❿●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❷●○┼┼❹┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼B┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がDに押さずに断点を守るのは、徹底的に押されて、黒⓰とトンでは理想形。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼❿B@┼┼●❽┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼❻❷●○D┼F┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹H○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がBと下がらずにオスのは黒❹のハネが強烈。
白の形が崩れた。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼❻@┼┼●❽┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❷●○D┼B┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹F○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
押さずにすぐ根拠を求めるのも、すぐ黒❹とハネられて辛い。
❹の場所が双方の急所であることがわかる。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼H┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽F┼B┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼❻@┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❷●○D┼❿┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Bのカケツギは形の急所であるが黒❹とハネられると重い感じ。
結局黒に両方打たれた。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼L⓮┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼JHFD┼⓬@B┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼❿❽❻┼❷●○┼┼❹┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Bのカタツギなら黒❹と隅を守るのが良い。
黒⓮と切られては白不利の戦い。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼J┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼⓬┼┼HF@┼B●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼❿❽❷●○┼❹┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼D┼○❻┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Bのカケツギは非常に有力な変化手段。
しかし黒❹に白Dの下がりは大緩着。
白の勢力に比べて黒の実利が大きい。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼J●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼DF┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼@HB●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❷●○❻❹┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽❿○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❹には白Dのワリコミが好手。
黒❻、黒❽と地を稼ぎにくれば白Jまで黒地を突き破って白大満足。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓮┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼L●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓬┼FD❻┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼❿@NB●❽┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❷●○┼❹┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼H┼○J┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Dのワリコミに黒❻、黒❽とアテツグ変化。
白Hの下がりは急所であるが、黒に両方打たれた結果で白悪い。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❿⓬┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●HJ┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓰┼FD❻┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼⓮@┼B●❽┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❷●○┼❹┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼L┼○N┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
アテツギの時、白Hと切る変化、これは素直に黒❿から二子を取っておくのが良い。
白はLと下がる程度で、黒は中央が厚くなっていてよい。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼□┼R❿P┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓴●HJ┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼FD❻┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼@NB●❽┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❷●○⓮❹┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼⓰⓬L○⓲┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Jと下がった時、黒⓬と打つのは欲張り。
以下白□まで、きれいにシチョウに取られた。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●❽┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼FD❻┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼@┼B●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❷●○┼❹┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○H┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❽と根元をツグと白Hと伸びきった姿が良い。
何の代償も払わず治まって白満足。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B❹┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼@┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❷●○┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Bと覗いたのが゙薫弦九段。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼NLJ┼┼┼┼┼B❹┼┼┨
┠┼┼○┼┼⓮⓬┼┼HF@┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼❿❽❷●○┼┼❻┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼D┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Dと下がり黒❻と受けてくれるなら、白F以下押し付けて欠陥の無い厚みを作る。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽┼B❹┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼❻@┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼❷●○┼┼F┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼D┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は隅を受けずに黒❻と曲げるのが良い。
白B、黒❹の交換が悪手になっている。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼R┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼L┼┼┼┼⓲J┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼⓰⓮N┼┼┼┼⓴┼B❹┼┼┨
┠┼┼○┼⓬H┼P┼❿D@┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼❽❷●○F┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼❻┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
先に白Dと押したのが゙九段
しかし黒❻のハネを食っては辛い。
白Hは鋭い感覚。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼D○┼┼┼B●○┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●●○┼┼┼@●┼○●┼┼┨
┠┼┼○┼●○┼○┼●○○┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼●●●○○❹┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼●❷○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この結果は白の勢力に比べて黒の実利が優るというのが衆論。



13-0032(1657)
パスワード:
花六鉢の木13年01月31日 00:57
R七段とR十段の碁を観戦していました。
黒は堅実に打ち進み少し残る形勢でした。
ところが右上隅をさんざん手抜きしてついに「花六」で頓死。
「花六」の死は久しぶりに見ました。
黒は「セキ」と思い込んでいたフシがあって死んだ石から小ヨセを打っています。
ここがセキなら黒3目半勝、しかし実戦は白73目半勝で終局でした。
「花六」になりそうな石は手を入れて活きれば地が5,6目つきます。
小ヨセの段階でここに目が行かなかったのは運が悪かった。私と違ってキチンと計算が
出来るのも災いしたのでしょう。セキにしても残っていると。私は場所ごとの手の大きさは
分かるのですが全部で白黒それぞれ何目とやられると皆目ダメです。
勘定の正確さがまずかったのですね。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯○●●┯○┯●●●
┠○○○○┼┼┼┼○┼○●┼○┼●●○
○┼○●●○○○○○┼○●●┼●●○○
○○●●┼●●○●●○○○●●●○┼○
○●┼┼●●○●●●○┼●●●○○○┨
●┼●┼○●○○●●●●●┼●●○┼┨
┠┼┼●●○┼○○●●●●○○○○○┨
┠┼┼●○┼○○●○○●○○○○●○○
┠┼┼●○○┼○●●○○○●●●●○●
●●●●●○○○●●●○●○┼●┼●●
○●○○○○●┼●○●●●┼┼┼●●●
○○○○○○┼●●○●┼●●┼●○○●
┠○●●○●●┼●○○●┼●●○○┼○
○○○●●●○●●○┼○●┼●○┼○┨
●●○○●○○○○○○○○●┼●○┼┨
●○○●●●○┼○●●○●●┼●○┼┨
●●●●○●●○●●●●┼┼┼┼●○┨
┠┼●○○○○○●○○●┼●┼●●○┨
┗┷●●○┷┷○○○○●┷┷●○○○┛

今下図の↓の黒石が無かったとしたらこれは何物でしょう。
これはセキより悪くなりません。白がとことん頑張って万年劫。とするとどこかで2の一に下がりを打っておけば負けることは無かったことになります。
                ↓
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯○●●┯○┯┯●●
┠○○○○┼┼┼┼○┼○●┼○┼●●○
○┼○●●○○○○○┼○●●┼●●○○
○○●●┼●●○●●○○○●●●○┼○
○●┼┼●●○●●●○┼●●●○○○┨
●┼●┼○●○○●●●●●┼●●○┼┨
┠┼┼●●○┼○○●●●●○○○○○┨
┠┼┼●○┼○○●○○●○○○○●○○
┠┼┼●○○┼○●●○○○●●●●○●
●●●●●○○○●●●○●○┼●┼●●
○●○○○○●┼●○●●●┼┼┼●●●
○○○○○○┼●●○●┼●●┼●○○●
┠○●●○●●┼●○○●┼●●○○┼○
○○○●●●○●●○┼○●┼●○┼○┨
●●○○●○○○○○○○○●┼●○┼┨
●○○●●●○┼○●●○●●┼●○┼┨
●●●●○●●○●●●●┼┼┼┼●○┨
┠┼●○○○○○●○○●┼●┼●●○┨
┗┷●●○┷┷○○○○●┷┷●○○○┛

唐の詩人の白居易(白楽天)の詩に「六聚(りくしゅう)にわかに花となる」とあります。六聚は六つに集まった石ですからこれが花六の語源でしょう。

「花六」とは美しい言葉ですが、死んだ方は無念やるかたなく、殺した方は痛快な中手でありました。

-------------------------------------------------------------------------------
両Rさん勝手に棋譜を使わして貰いました。ご容赦のほどお願いします。

13-0031(1656)
パスワード:
変なところへの「きかし」とほる13年01月30日 16:31
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋A┼┼┼┼╋┼┼○┼○╋●┼┨
┠┼┼●❸┼❶┼○┼┼┼┼○●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白はAと変なところに利かしを打ってきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こういうのが困るのです。
した手はこのAの意味が全く分かりません。
ほとんどの人が❸と打つと思います。
怖いものですねー。

13-0030(1655)
パスワード:
定石その後鉢の木13年01月30日 14:55
昔、大変流行した定石です。
黒に詰められて白Aと跳ぶのが普通。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼○┼○╋●┼┨
┠┼┼●┼┼❶┼○┼┼┼┼○●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がAと飛ばない場合
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼❺CG○┼○╋●┼┨
┠┼┼●┼┼❶┼○E❼❶┼○●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼❾❸┼┼A┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶と急所に打つのが厳しく、白を持ち上げて攻め立てます。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋A┼┼┼┼╋┼┼○┼○╋●┼┨
┠┼┼●❸┼❶┼○┼┼┼┼○●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白はAと変なところに利かしを打ってきました。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼⓯K┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋A┼OM⓭❺CG○┼○╋●┼┨
┠┼┼●●┼●I○E❼❶┼○●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼⓫❾❸┼┼A┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この白Aの狙いは黒が定石通りに打って来た時に
ハメる狙いがありました。
定石の変化も石が一つ加わると、充分注意しなければならない好例でした。

13-0029(1654)
パスワード:
5択解答鉢の木13年01月30日 00:28
黒番 正解はAからEのどれでしょう

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼A┼┼●┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋B┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼┼○┼┼E┼┼●┼┼┼┼┼●┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

正解 A

三三に入る絶好のチャンスです。左上が治まります。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠❺❼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠E❶A┼●┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠┼C○┼┼┼┼┼╋B┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼┼○┼┼E┼┼●┼┼┼┼┼●┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼AA┼●┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋B┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼❸┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼❺┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼┼○┼┼E┼┼●┼┼┼┼┼●┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒Bや黒Cも大きいですが、白Aと稼がれて攻められてはたまりません。
黒Dや黒Eは左下の白が堅くつまらない手です。

13-0028(1653)
パスワード:
「投了」コスミ13年01月29日 11:52
これは最良、絶対、究極、至高の一手であることを、ご存じない方が多いのはたいへん残念です。ただし、濫用はいただけない。盤面がちょっと不利になったとき、小さな石が取られた時など、スグに投了するのは勝負の気合いに欠けますな。

13-0027(1652)
パスワード:
詰碁 解答鉢の木13年01月29日 00:34
白番

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○●○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋○○┼○●○●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○●○●┼○●●●●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼●┼┼●○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┷┛


解答

正解

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○●○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋○○F○●○●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○●○●❹○●●●●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○●●H●❽┼●○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷@○❷┷B┷D❻┷┛

白@のツギが冷静です。白B、白Dも好手。

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❷○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○●○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋○○┼○●○●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○●○●┼○●●●●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○●●H●F┼●○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷@○┷B❽┷❻D┷┛

白@に対して、黒❷の抜きなら、白B。
黒❹と❷の一路下についでも白Dのハネから白Fで死。

失敗

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨ F打ちカキ
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❻○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○●○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋○○F○●○●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○●○●┼○●●●●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼●┼❿●○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷B○❷┷┷❹D@❽H
白@とハネても黒❹が好手。

失敗

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○●○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋○○┼○●○●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○●○●┼○●●●●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼●❷┼●○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷D○❹┷❻@BF❽┛

白@とおいてもトントンを免れない。

この詰碁は中から行ってうまくいかないときは、外を考える好例でした。

13-0026(1651)
パスワード:
三択次の一手 A 解答鉢の木13年01月28日 21:03
黒番

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋B┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼○┼●┼┼┼┼┼┼C┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛


解答

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋❶┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼い┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼○┼●┼┼┼┼┼┼ろ┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

正解 黒B

シマリの背中が向かい合っている時は第1級の大場になります。
特に弱い石のないこの局面では黒❶が最大で白が「い」とつめれば
黒「ろ」にまわります。

配点 黒A  5点
   黒B 10点
   黒C  6点

13-0025(1650)
パスワード:
鬼手鉢の木13年01月28日 17:32
鬼手

古今「妙手」と呼ばれる手は数多くありますが「鬼手」といわれるそれは坂田をおいてありません。
昭和の碁界を席巻した坂田栄男には「鬼手」として名を残す一手がいくつかあります。
私はその中でも真っ先にあげるのが第15期本因坊戦木谷実九段との対局にあらわれた一手です。

局面は黒ががっちりとした実利をもって黒の危なげのない形勢と見られています。
誰しもが黒の勝利を確信したでしょう。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○┼●┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼○┼╋┼┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●┼┨
┠┼○○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼○┼○●●┼┼┼┼┼┼●○●●┨
┠┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼○●┼●○○●
┠┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┨
┠┼●┼┼●┼┼┼┼┼┼○○○○○○┨
┠┼┼●●○●┼┼╋┼●●●●○┼┼┨
┠●●○○○○┼┼○┼●○┼●●○○┨
┠○○┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼●●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

ここで坂田の放った一手が白@の「アテコミ」でした。
何という手でしょうか。普通「アテコミ」はしのぎの局面によく出てくる手で
この一手は厚かったはずの黒の中央の模様をがたがたにしようという手なのです。
これが非勢の白の起死回生の一着となりました。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○┼●┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼○┼╋┼┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┼┨
┠┼●┼●@┼┼┼┼┼┼┼┼●●●┼┨
┠┼○○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼○┼○●●┼┼┼┼┼┼●○●●┨
┠┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼○●┼●○○●
┠┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┨
┠┼●┼┼●┼┼┼┼┼┼○○○○○○┨
┠┼┼●●○●┼┼╋┼●●●●○┼┼┨
┠●●○○○○┼┼○┼●○┼●●○○┨
┠○○┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼●●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

***その後の変化***

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○┼●┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼○┼╋┼┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼●┼┼❽┼┼┼┼○┼┼┼○┼┨
┠┼●❹❻┼┼┼J┼┼┼┼○┼○┼┼┨
┠┼●B●@┼F┼┼┼┼┼┼●●●┼┨
┠┼○○❷●D┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼○●○┼┼┼⓰┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼○┼○●●❿┼⓬L┼┼●○●●┨
┠┼┼┼┼○○H┼┼┼┼○●P●○○●
┠┼┼●┼●┼┼┼┼┼⓮NR⓲●●○┨
┠┼●┼┼●┼┼┼┼┼┼○○○○○○┨
┠┼┼●●○●┼┼╋┼●●●●○┼┼┨
┠●●○○○○┼┼○┼●○┼●●○○┨
┠○○┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼●●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
⓴ ツギ
厚かった黒は、攻め立てられる弱い石になっています。
白Lが読みの入った手。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○┼●┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼J○┼╋┼┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼○●⓬❿┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼●┼┼●┼┼┼┼○┼┼┼○┼┨
┠┼●●●┼┼┼○┼B┼┼○┼○┼┼┨
┠┼●○●○┼○┼┼┼⓲┼R●●●┼┨
┠┼○○●●○┼┼╋┼┼┼@┼╋┼┼┨
┠┼┼┼○●○┼┼┼●┼P┼●○❷┼┨
┠┼┼○┼○●●●┼●○┼┼●○●●┨
┠┼┼┼┼○○○┼┼┼⓰○●●●○○●
┠┼┼●┼●┼┼❹┼┼●○○●●●○┨
┠┼●┼┼●FD❻┼⓮L○○○○○○┨
┠┼┼●●○●H❽╋┼●●●●○┼┼┨
┠●●○○○○┼┼○⓴●○┼●●○○┨
┠○○┼┼┼┼┼┼┼N○●┼┼┼●●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
上辺の味も良くなり、右辺も損をせずにしのいでしまった。
結果は白の5目半勝でした。
------------------------------------------------------------------------------------
坂田の鬼手は対藤沢秀行戦の下図の一手もあります。
局面は黒が目の無い白の一団を攻めて、さぞかし秀行先生の指がしなっていたでしょう。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┨
┠┼┼○┼┼┼┼●┼┼┼┼●●●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼●○○●┼┨
┠┼○┼┼┼○┼○○┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼○○●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○┼●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○○┼┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●╋┼○┼┼○○●○┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼○┼┼●●┼●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がケイマに滑ったところ。果たしてしのぎはあるのか。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┨
┠┼┼○┼┼┼┼●┼┼┼┼●●●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼●○○●┼┨
┠┼○┼┼┼○┼○○┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼○○●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○┼●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼❹●┼○○┼┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●B┼○┼┼○○●○┨
┠┼○┼┼┼┼❷┼○┼┼●●┼●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼D┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
秀行先生勇躍黒❷とコスみつけ。取れないまでも眼二つの活きなら形勢は大差。
しかし白Dのつけを見て仰天した。これで損をせずにしのいでいる。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┨
┠┼┼○┼┼┼┼●┼┼┼┼●●●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼●○○●┼┨
┠┼○┼┼┼○┼○○┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼○○●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○┼●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼❹●┼○○❿┼○J┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●B⓬○┼L○○●○┨
┠┼○┼┼┼┼❷┼○┼❻●●F●●●┨
┠┼┼┼┼┼⓮○┼┼┼┼D❽H┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は❻と出て反発するが、白Fから振り替わりでしのいでしまった。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┨
┠┼┼○┼┼┼┼●┼┼┼┼●●●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼●○○●┼┨
┠┼○┼┼┼○┼○○┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼○○●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○┼●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼❹●┼○○┼┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼❽●B❿○┼┼○○●○┨
┠┼○┼┼┼┼❷F○┼J●●┼●●●┨
┠┼┼┼┼┼H○┼┼┼┼D❻┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
もし黒❻の受けなら、気持ちの良い白Hの「ノビキリ」を打つことが出来る。

敬愛する上村邦夫九段が坂田の鬼手について、的確に述べている。

「鬼手は失着から生じることが多いが坂田は無から有」

13-0024(1649)
パスワード:
押す一手鉢の木13年01月28日 01:41
四子局の実戦です。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼RP┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼⓴┼⓲┼┼┼@┼❻D┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼❷┼┼┼┼⓬●F┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹HJ┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❿B┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓮L┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼N┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼⓰┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@のかかりに黒❷のハサミは、碁の骨格を決める積極的な一手です。
黒❽は中原志向で穏やかな手です。
普通は下図のように❶とかけます。
右下に黒があるので充分な布石です
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●○┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓫┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸A○G┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼IC❶❺E┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❾┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
しかし黒⓰とケイマに打った手は緩みでした。白に迫る所がありません。
白はゆうゆうとPのスベリから上辺に所帯を持ちました。

ここは黒❶とぐいと押すところです。本因坊でも名人でも必ずAと伸びます。
伸びないで黒に頭を叩かれたらその瞬間に碁は「オワ」となります。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼❸┼┼┼○┼●○┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼A┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
そこで黒❸とカンヌキを下す。分かりやすいことこの上ない。
碁は大抵押すべきところを押さないからマギレてくるものです。
この急所を押しておけば四子のハンデ以上に黒は優勢でした。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼●@B┼○┼●○┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼●❷┼┼┼●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
その後このようになりました。ここで黒はどう打つべきか。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●E●○○┼○┼●○┼┨
┠┼┼●┼┼IG❼●●A❶┼●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸C❾●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼a❺┼┼●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
実戦は黒❶とノゾキました。デギリを狙ったのでしょうが、ものは小さい。
白は当然A、Cと打ってきます。ここで黒❺が失着、せめて黒aでなくてはいけない。
白G、白Iと打たれて、中央の黒模様は消えてしまいました。

ではどう打てば良かったのか。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼❼●C●○○┼○┼●○┼┨
┠┼┼●┼┼┼E❺●●❶A┼●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸┼●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

ここでもぐいと黒❶、押し付ける一手でした。
白Eのハネ出しも全然怖くありません。
これならば一貫した「中央志向」の碁になっていました。


13-0023(1648)
パスワード:
3択問題解答鉢の木13年01月27日 16:20
黒番

黒Bを正解とします。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼A┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

左辺を割るのが最大です。黒❼はその後でよい。
黒❺のつけは火種を残しておく手。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓯○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼⓭M┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┼┨
┠❸┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠❺C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠E❼❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠KG⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠I❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aとこちらから詰めてくれば、黒❸とすべる感じ



┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●い┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋ろ┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼は┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒❶と構えるのは、すそあきの右辺でリキんでいるようでつまらない。
右辺は白から「い」に黒は抑えることが出来ないし、場合によっては、「ろ」、「は」から打たれる可能性もある。
右辺は広義の「すそあき」なのです。

中央は一番つまらない。

もっともこの棋譜で黒❶と構えたのは高尾九段ですからとほるさんの感覚も高尾さん並みと云えるのでした。

13-0022(1647)
パスワード:
布石5択問題@鉢の木13年01月27日 00:15
黒番 正解はAからEのどれでしょう

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼A┼┼●┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋B┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼╋┼┼┨
┠┼┼○┼┼E┼┼●┼┼┼┼┼●┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0021(1646)
パスワード:
私の得意戦法鉢の木13年01月27日 09:27
私が黒番の時は決まって打つ布石がありました。残念ながら囲碁倶楽部では黒番を打つ機会がありません。
高中国流とミニ中国流が大好きでした。
模様で圧倒する高中国流は分かりやすく、先着の効果を発揮するのにもってこいです。
ミニ中国流は模様と地のバランスが良く勝率もとても良いものでした。

高中国流
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❺┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

ミニ中国流
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❾┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋G┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼I┼┨
┠┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼C┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋❸┼┨
┠┼┼┼┼❺┼┼┼┼❼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❾の大ゲイマにも考えがあって、一杯に詰めると飛ばれるかも知れません。
大ケイマだとトビは調子が悪く、99%二間に開いてきます。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶A┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸〇┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

そこで黒❶、黒❸とやるのが私の得意戦法で、

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶A┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼GE┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❾❼❸〇┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C❺┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Cとハネるのは、黒❺と切り違え、白が気が付いた時は黒の大優勢になっています。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶A┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❼❸〇┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C❺┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がアテて出て来なくても黒❼と並んで大同小異。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶A┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸〇┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❺C┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❼E┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼M┼G●┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼┼┼┼I❾┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼K⓫⓭┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
そこで白もCからGのデギリで抵抗します。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸❶A┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●〇┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●〇C┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●〇┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼❺┼〇┼〇●┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼┼┼┼〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇●●┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

ここで黒❶、黒❸とワリつぐのが厚くて味の良い手で、
白Cと打つよりないから黒❺で白は壊滅状態。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋〇⓯┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●〇❺┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸❶A┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●〇E┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●〇┼Q
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼M〇G〇●C┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼I❾❼〇●O┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼K⓫〇●●⓱┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷⓭┷┷┷┛

白がCとハネてくれば、黒❺のキリを一本打って、黒❼の切り取り、
右上はこの上ない好形で、下辺の白七子も進退が不自由。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓭┼┼┼┼❼┼G┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼K┼┼┼❺〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼⓫┼┼┼┼┼●〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼I┼┼┼●●〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼❾┼E┼┼●〇┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼@┼●〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●〇┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼●┼〇┼〇●❸┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼C┼┼〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇●●┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白が@とトンで逃げようとすると、黒❺のオシが厚い。
黒❼の伸び切りが良い手で、黒⓭まであおってはまさに龍行虎歩の勢い。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶A┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸〇┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❺C┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❼E┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋❾G┼O┼I●┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼┼┼┼K⓫┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼M⓭⓯┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白もハネ出す前にカタつきを一本打っておくものでしょうか。

石田芳夫九段の打ち碁に下図があります。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼N〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓮┼❶A┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓰┼⓬L┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼J❸〇┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼H❿P┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼F┼┼R┼⓲┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼╋❻D┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼●❽┼┼⓴┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

しかしこの出来上がりは白が二分されて苦しそうです。

ミニ中国流は打てればそれだけで布石が成功したようなもので、韓国では黒にミニ中国流を打たせない研究が進んでいるといいます。
黒番を打つ機会が無くて残念です。

13-0020(1645)
パスワード:
手筋講座 「ワリコミ」鉢の木13年01月26日 21:09
実戦でよく見かける形です。しかしこれは薄い姿で黒が咎めれば容易に優勢な碁になるでしょう。勝敗が決まってしまうかもしれません。



╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼〇┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼〇┼┼┼┼┨
╋┼┼┼┼┼●●●┨
┼┼●┼〇┼●〇●┨
┼┼┼┼┼┼〇〇〇┨
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼〇┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼b┼〇┼┼┼┼┨
╋┼┼a❼❾●●●┨
┼┼●❺〇A●〇●┨
┼┼┼C❸❶〇〇〇┨
┷┷┷┷GE┷┷┷┛
このように打つ人を良く見かけます。とにかく白を切り離したことに満足しています。だが損を先にしています。損を先にすると相手の着手の巾がぐんと広がります。石を捨てやすくなります。おまけに「a」とか「b」の余地があります。

╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼〇┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼〇┼┼┼┼┨
╋┼┼┼❶┼●●●┨
┼┼●┼〇┼●〇●┨
┼┼┼┼┼┼〇〇〇┨
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ここは黒❶の「ワリコミ」を打つところです。

╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼〇┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼〇┼┼┼┼┨
╋┼┼A❶┼●●●┨
┼┼●┼〇┼●〇●┨
┼┼┼┼❸┼〇〇〇┨
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がAと打てば、黒❸で分断に成功し、右下の石が取れます。

╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼〇┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┼┼┼┼〇┼┼┼┼┨
╋┼┼❸❶┼●●●┨
❼❺●A〇┼●〇●┨
┼EC┼┼┼〇〇〇┨
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
前図は白辛いので、ブツカリから活きるしかありません。これは大差に黒が良いでしょう。

下図の黒は、危機が迫っています

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┼┼〇┼┼〇〇〇●┨
┼┼┼┼●●〇┼〇┨
┼┼〇┼●┼●〇┼┨
┼┼┼┼●●〇〇┼┨
┼┷┷┷┷┷┷┷┷┛

無筋に黒❶と出て行くのは、自然に右辺黒三子が立ち枯れになります。

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼E┼┼┼┨
┼┼┼┼❺C┼┼┼┨
┼┼┼┼❸A●●┼┨
┼┼〇┼❶〇〇〇●┨
┼┼┼┼●●〇┼〇┨
┼┼〇┼●┼●〇┼┨
┼┼┼┼●●〇〇┼┨
┼┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒❶をケイマに打っても五十歩百歩。

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼C┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼❶┼A●●┼┨
┼┼〇❸┼〇〇〇●┨
┼┼┼┼●●〇┼〇┨
┼┼〇┼●┼●〇┼┨
┼┼┼┼●●〇〇┼┨
┼┷┷┷┷┷┷┷┷┛

力自慢の相手なら、黒❶、黒❸とやって来るかも知れません。

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼❶┼┼●●┼┨
┼┼〇❸A〇〇〇●┨
┼┼┼C●●〇┼〇┨
┼┼〇┼●┼●〇┼┨
┼┼┼┼●●〇〇┼┨
┼┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒❶とコスみつけても挨拶してくれず、白Aと曲げてくるでしょう。

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼E┼┼┼┨
┼┼┼❺┼┼┼┼┼┨
┼┼❸┼┼A●●┼┨
┼C〇❶┼〇〇〇●┨
┼┼┼┼●●〇┼〇┨
┼┼〇┼●┼●〇┼┨
┼┼┼┼●●〇〇┼┨
┼┷┷┷┷┷┷┷┷┛

もろもろの悩みを解決してくれるのが黒❶の「ワリコミ」でした。

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┼┼〇┼┼〇〇〇●┨
┼┼❶┼●●〇┼〇┨
┼┼〇┼●┼●〇┼┨
┼┼┼┼●●〇〇┼┨
┼┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白がA、Cなら黒❺と切って活きてしまいます。

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┼C〇┼┼〇〇〇●┨
┼A❶❸●●〇┼〇┨
E❺〇┼●┼●〇┼┨
┼❼┼┼●●〇〇┼┨
┼┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白Cが下ツギなら黒❺のツケが筋になります。

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼❺┼┼┼●●┼┨
┼┼〇┼┼〇〇〇●┨
┼A❶❸●●〇┼〇┨
┼C〇┼●┼●〇┼┨
┼┼┼┼●●〇〇┼┨
┼┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白Aとこちらからあてれば
黒❼までさらに良い結果となります。

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼❼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼❺●●┼┨
┼┼〇┼❸〇〇〇●┨
┼C❶A●●〇┼〇┨
┼┼〇┼●E●〇┼┨
┼┼┼┼●●〇〇┼┨
┼┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0019(1644)
パスワード:
緩着鉢の木13年01月26日 12:28
緩着というのは読んで字のごとく「ゆるい手」または「ぬるい手」です。このぬるい手は目数にしてどれくらいの損なのでしょう。2,3目の時もあれば20目の損をすることもあります。
幕末、秀策、秀甫の兄弟弟子の対局。この頃彌吉は四段、本因坊道場の塾頭を務めていました。間もなく年号が安政にかわります。

嘉永7年

     本因坊 秀策
  先番 村瀬 彌吉(秀甫)

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○○○○┼○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●●●●┼●╋┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○┼┨
┠┼●╋┼●○┼┼╋┼┼○●●╋○┼┨
┠┼┼❶○┼○┼┼┼┼○●○┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼○○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒は隅を❶とコスみつけました。20目はあろうかという大きな手です。
しかしこの局面では必争の場所がありました。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○○○○┼○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●●●●┼●╋┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋D┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹┼●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼@●┼●┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○┼┨
┠┼●╋┼●○┼┼╋┼┼○●●╋○┼┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼○●○┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼○○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白@と押しました。手を抜けば❷のハネが先手、やむなく黒❷と伸びましたが、白Bが両ケイマの急所、さらに白Dも両ケイマの急所、あっというまに白の大優勢となりました。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○○○○┼○○○●┨
┠┼A┼┼┼┼┼●●●●┼●╋┼●┼┨
┠C❶❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┨
┠E○❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼G❼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋○┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼○●┼●┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○┼┨
┠┼●╋┼●○┼┼╋┼┼○●●╋○┼┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼○●○┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼○○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒❶とつけてシマリをえぐろうとしますが、白Aとコスみつけて実利を確保します。外が厚くなっても厚みが働くなっている碁形です。
最初に戻って黒はコスみつけでなく、下図のように黒❶と押すか
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○○○○┼○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●●●●┼●╋┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼❶●┼●┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○┼┨
┠┼●╋┼●○┼┼╋┼┼○●●╋○┼┨
┠┼┼┼○┼○┼┼┼┼○●○┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼○○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○○○○┼○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●●●●┼●╋┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○┼┨
┠┼●╋┼●○┼┼╋┼┼○●●╋○┼┨
┠┼┼┼○┼○┼┼┼┼○●○┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼○○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒❶とケイマするのが必争点だったのでした。
このように両ケイマの急所はしばしば勝敗に直結することが多いという好例でした。

13-0018(1643)
パスワード:
三択次の一手@とほる13年01月26日 10:51
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼C╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼A┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
Aと思います。
上辺の封鎖がまだ薄い。
Cと打っても簡単に荒らされる。
Bは守りになっていない。
次に白がBに打ったらそれこそCです。
布石感覚ゼロですから自信がありません。
解答の前にどなたかご意見を。

13-0017(1642)
パスワード:
とほる様正解です鉢の木13年01月25日 15:11
この種石を取らなければ白はアウトです。ダメ詰まりで取ることが出来ます。お見事でした。

13-0016(1641)
パスワード:
@かけ 鉢の木さんに打たれそうな手です。とほる13年01月25日 14:44
┏┯┯┯┯┯┯┯┯○○┯●┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○┼┼○○●●┼┼┼┨
┠┼┼○┼●┼●●○○○○○●┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼○●●●○○●●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼○┼○●●○○●┼●┨
┠┼○●┼┼┼┼┼●┼●○●●●○○┨
┠┼○┼┼┼┼┼@┼┼○○┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼○┼●┼○┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0015(1640)
パスワード:
中盤次の一手鉢の木13年01月25日 10:41

白番

┏┯┯┯┯┯┯┯┯○○┯●┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○┼┼○○●●┼┼┼┨
┠┼┼○┼●┼●●○○○○○●┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼○●●●○○●●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼○┼○●●○○●┼●┨
┠┼○●┼┼┼┼┼●┼●○●●●○○┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼○┼●┼○┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0014(1639)
パスワード:
詰碁鉢の木13年01月25日 08:43
30年位昔、鄭銘コウ先生には三子で何回も教わりました。九段の先生には三子で五分の成績でしたが鄭先生には残念ながら勝った記憶がありません。詰碁も素晴らしい作品が多いのですが中でも私のお気に入りを一問。

五段程度とありましたが、倶楽部の五段以上の方ふるって解答してください。
当時私は六段でしたが解けるまで一週間かかりました。

白番

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○●○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋○○┼○●○●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○●○●┼○●●●●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼●┼┼●○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0013(1638)
パスワード:
三択次の一手 A鉢の木13年01月25日 08:39
布石の問題です。A,B,Cのどこが大きいでしょう。
出来ればその理由も書いてください。

黒番

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋B┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼○┼●┼┼┼┼┼┼C┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

13-0012(1637)
パスワード:
三択次の一手 @鉢の木13年01月24日 22:53
布石の問題です。A,B,Cのどこが大きいでしょう。
出来ればその理由も書いてください。

黒番

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼C╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼A┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

配点は10点、8点、5点とします。

13-0011(1636)
パスワード:
秀哉名人と呉清源の歴史的対局鉢の木13年01月23日 22:08
昭和八年、読売新聞は日本囲碁選手権を行いその優勝者が本因坊秀哉名人と対戦する企画を立てた。この決勝は橋本宇太郎五段と呉清源五段の間で行われ、呉五段白番二目勝となって、秀哉名人と対局することになった。手合いは四段差の二二先であったが読売側の希望で、呉五段先番と決まった。
当時秀哉名人は51歳、呉五段は21歳、しかも日本対中国の国際試合の観があってファンの興味は大いに高まった。
この記念すべき一局を掲載します。これほど有名になった対局はさまざまな人の解説があり、それらを集めながら時々私の独断的な解説も入れます。

白   本因坊 秀哉 名人
二先二 先番 呉清源 五段

第1譜(1〜20)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼C┼O┼K⓱┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼Q┼⓫┼┼┼┼┼❸┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼⓯⓳┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼❺┼┼┼┼┼⓭┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼S┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼G┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❼E┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼M╋A┼┨
┠┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
当時流行の新布石、❶、❸、❺と碁盤の対角線を引いた奇想天外の布石。
秀哉名人も面食らったというよりは、むしろ感情を相当害されたということであった。
白Eは黒の押す方向によって、左上、または右下の締りを決めようということである。
黒⓫は大場。黒⓭と四角星。黒⓯はつぎにOの打ち込みを狙う。
しかし黒⓱、黒⓳はこだわり過ぎ。下図のように打ってはどうだろう。

《参考図》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼❶┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

第2譜(21〜40)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼○┼○●┼C┼┼A┼GE┼┨
┠┼┼┼┼┼┼○┼●┼┼❺┼┼●❼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●●┼┼┼┼❸┼┼┼┼┨ ⓳ ツギ
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼⓫┼S┼┼┼●┼┼❶┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼O┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼Q⓯M┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○⓱K⓭┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼❾┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白Aから巧妙な手順の荒らしで特にCは好手であった。

白Iは一路上がよかった。黒⓫が相手の寸を詰めて良い手になった。白Mのハネから形造り。
黒❶は緩着である。このようにぼんやりした手は次の手が無い。また相手からは二間とびの薄みをいろいろ狙われるであろう。

《参考図》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼○┼●┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●❺┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸❶○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼A┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ここは緩まずに黒❺まで打つべきである。

第3譜(41〜60)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼○┼○●┼○┼┼○┼○○┼┨
┠┼⓳┼┼┼┼○┼●┼┼●┼┼●●┼┨
┠❾┼┼┼┼┼●●┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠❼○MS┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠E❺I❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠G⓫⓭┼⓱┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼K⓯┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼O●┼○┼┼┼●┼┼●┼┼●┼┼┨
┠┼┼Q┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼○A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼C┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶は白が受けてくれれば利かしになる。
白A、白Cは気合いであった。
黒❺、黒❼のキリ違いは、厳しい筋。
秀哉名人は、こう打たれて改めて呉清源の実力を見直したとある。
白Gは最強。

《参考図》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼○┼○●┼○┼┼○┼○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼○┼●┼┼●┼┼●●┼┨
┠@B┼┼┼┼●●┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
D●○❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼○┼┼┼●┼┼●┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❻┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白@とかかえるのは、黒❻まで周りの黒石が全て攻めに参加してくる。
黒⓳は隅に活きを確保している。

《参考図》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼○┼○●┼○┼┼○┼○○┼┨
┠┼@┼┼┼┼○┼●┼┼●┼┼●●┼┨
┠●┼┼┼┼┼●●┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼○┼┼┼●┼┼●┼┼●┼┼┨
┠B❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❹○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Qで@と取るのは、黒❷、黒❹と打たれて、左下の白の一団が攻められる。

第4譜(61〜80)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠❾❺G┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❼E○┼○O○●Q○┼┼○┼○○┼┨
┠┼●┼C┼⓯○M●⓱┼●┼┼●●┼┨
┠●┼┼┼A❸●●┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠●○○○❶I┼┼┼┼┼┼┼┼┼S┼┨
┠○●○●⓫┼K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●┼●┼⓭┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼⓳┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼○┼┼┼●┼┼●┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Sは苦心の一着で、秀哉の感想に、「これでようやく局面が広くなった」とある。
したがって黒としては、黒⓳で下図白Iまで決めておくのが良かった。

《参考図》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼EA❸IG┼┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○❶C○❼○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●❺●┼❾●●┼┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠●○○○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼○┼┼┼●┼┼●┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

第5譜(81〜100)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○┼┼○┼○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●┼●┼❶●●S┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠●○○○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠○●○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼⓭O┼┨
┠○●●┼●┼●┼┼┼┼┼┼⓳E❺┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼C❸┼⓱
┠┼○●┼○┼┼┼●┼┼●⓯⓫●AG┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼MI❼❾Q
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○K┨
┠┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白A、白Cのツケ切りは強烈であった。
白Aで白Gのケイマは黒❸で不十分なのである。
白Eのオシも最強、最善である。
黒⓭は一本Mに当てるのではないかと云うのが秀哉の感想。
白Mと押されて黒⓯と伸びるのがつらい。
⓱は好手、一路左へあてるのは後でハネられてワタリが残る。
白Sは地に辛い手で黒からSへ下がる手は先手であった。

第6譜(101〜120)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼MO⓫IK┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○⓭E○❼○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●⓯●┼●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●┼┼A┼┨
┠●○○○●○┼┼┼┼┼┼❾G┼○┼┨
┠○●○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠○●●┼●┼●┼┼┼┼┼┼●○●┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼○●┼○┼┼┼●┼┼●●●●○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┼○
┠C┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼❸┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❶┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼❺Q○┼⓱┼⓳S┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶は盤中最大。黒❺まではこんなものとして、白Eと渡った手は先に白Gと打つべきであったと秀哉の感想がある。

つまり

《参考図》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○┼┼○┼○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●┼●┼●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●┼┼○┼┨
┠●○○○●○┼┼┼┼┼┼❷@┼○┼┨
┠○●○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠○●●┼●┼●┼┼┼┼┼┼●○●┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼○●┼○┼┼┼●┼┼●●●●○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┼○
┠○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼●B┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼●┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❷に受けるなら白Bと三子を助けてしまおうということである。実質が大で味も良い。
本譜黒❼の時に、白Gを利かした。

《参考図》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○┼┼○●○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●┼●┼●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●┼┼○┼┨
┠●○○○●○┼┼┼┼┼❸A○┼○┼┨
┠○●○●●┼○┼┼┼┼C❺E●○┼┨
┠○●●┼●┼●┼┼┼┼┼┼●○●┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼○●┼○┼┼┼●┼┼●●●●○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┼○
┠○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼●┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼┼┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼●┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
本譜黒❾で黒❶と突き出してきたら白Aとハネて中を荒らそうと云う訳である。

黒⓱の打ち込みに回って細碁の形勢である。
白Qは最強の抵抗。
秀哉「こう突き当たるよりなかつた。他のどういう手を打っても負けと決まっているので、ここは必死だった」

白@とコスんでも黒⓬まで白は打つ手に窮する。

《参考図》
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┼○
┠○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼●┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼●┼┼┼┼B❻┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼@❷○F○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼●J○┼●❹D┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼⓬H❽❿┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

上図白Dでコスんでも黒❻とつけて如何様にでもさばける形。

《参考図》
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┼○
┠○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼●┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●┼●┼┼┼┼B┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼┼╋┼┼@❷○┼○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼●┼○┼●❹┼❻┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼D┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛


第7譜(121〜140)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼○○●○○┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○●○○●○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●●●┼●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●┼┼○┼┨
┠●○○○●○┼┼┼┼┼┼●○┼○┼┨
┠○●○●●┼○┼┼┼┼⓱OM●○┼┨
┠○●●┼●┼●┼┼┼┼┼┼●○●┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼⓯○●┼●
┠┼○●┼○┼┼┼●┼┼●●●●○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┼○
┠○┼○K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼●⓭⓫○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼○●○┼┼┼┼❼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●❾●C┼A❸┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼G╋E❺❶┼○╋○┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼I●○○┼●S●○┼┨
┠┼┼┼●┼Q┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白A、白Cは苦心のサバキ。黒を追い出す作戦である。
白Gは流石の一手。お互い荒らし合っている。
黒⓫の切り取りは大きい。白もOと中へ顔を出した。

第8譜(141〜160)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼○○●○○┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○●○○●○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●●●⓳●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●Q┼○┼┨
┠●○○○●○┼┼┼┼┼┼●○┼○┼┨
┠○●○●●┼○┼┼┼┼●○○●○┼┨
┠○●●┼●┼●┼┼┼S┼┼●┼●┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼●┼●
┠┼○●┼○┼┼┼●┼┼●●●●○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼O┼┼○○┼┼○
┠○┼○○┼┼┼┼┼┼┼K┼┼┼○○┨
┠┼●●●○○┼┼┼┼⓱┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼○●○┼┼⓭┼●┼⓯┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●●●○M○●┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼○╋○●●┼○A○E┨
┠┼●┼┼┼┼┼○●○○┼●○●○❺┨
┠┼┼┼●G○┼┼┼┼┼CI❶❸●❼┨
┗┷┷┷❾┷┷┷┷┷┷┷┷┷⓫┷┷┷┛
白Cと覗いた時、黒は地を稼いで活きた。この手はどうであったか。
ノゾキにつぐのは厚い手である。

呉「黒❺、黒❼と稼いだのが直接の敗因となりましたが、局勢不明のこの際では、心理的にやむをえないところです。まさかこのあたりで、白160手に到る進行を読み切ることは出来ません」
黒⓭で一子抜くのは白にLと伸びきられて危ない。

******
この碁を並べていて秀哉名人は白Kのあたりではすでに白Sのオキを読み切っていたのではないかと思うようになった。ひよっとして白Cのノゾキのあたりかも。
前田陳爾先生はじめ名人のお弟子さん達が集まってこの碁をつついていた。そこへ名人がひよっこり顔を出す。前田先生が「先生、良い手が見つかりましたよ」と声をかけたら名人はにっこり笑って黙って自室に戻ったという証言がある。このことが弟子たちが共同研究で妙手を発見したと噂になったが、私はこれは違うと考えるようになつた。弟子が見つけることの出来た手を名人が気が付かないわけがないし、妙着に到る一連の着手がそれを証明している。若い頃は呉清源のために義憤を感じていたがどうも間違えていた。
白Cから白O、白Qに着手はすべて白Sのためにある。呉清源はこれに気が付かなかったので、隅を稼ぐというミスをおかした。覗かれたらがっちり❿についでおけばわずかに黒に残る碁であった。

第9譜(161〜180)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼○○●○○┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○●○○●○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●●●●●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●○┼○┼┨
┠●○○○●○┼┼┼┼┼┼●○┼○┼┨
┠○●○●●┼○┼┼┼┼●○○●○┼┨
┠○●●┼●S●┼┼❶○┼┼●┼●┼┨
┠┼○●┼┼Q┼●┼⓯┼┼┼●┼●┼●
┠┼○●┼○┼┼┼●M❺●●●●○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼⓫G○┼C○○┼┼○
┠○┼○○┼┼┼┼A❼O○❸┼┼○○┨
┠┼●●●○○┼┼I❾●┼K┼┼┼┼┨
┠●┼┼○●○┼⓭●E●⓱●┼⓳┼┼┨
┠┼┼○●●●●●○○○●┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼○╋○●●┼○○○○┨
┠┼●┼┼┼┼┼○●○○┼●○●○●┨
┠┼┼┼●○○┼┼┼┼┼○○●●●●┨
┗┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┛
前譜白Sのオキにこれを取り込む手段は無かった。黒❶のヨコづけが最善であるが、呉清源五段も白160手目のオキを喫しては負けを覚悟したそうである。

黒❶のヨコづけで下図❶と遮るのは、白Mまで黒の破綻になる。

《参考図》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼○○●○○┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○●○○●○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●●●●●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●CK⓫┼●○┼○┼┨
┠●○○○●○┼┼❺I❾E●○┼○┼┨
┠○●○●●┼○┼MG❼●○○●○┼┨
┠○●●┼●┼●┼┼⓭○A❸●┼●┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼●┼●
┠┼○●┼○┼┼┼●┼❶●●●●○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○○┼┼○
┠○┼○○┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○○┨
┠┼●●●○○┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼○●○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●●●○○○●┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼○╋○●●┼○○○○┨
┠┼●┼┼┼┼┼○●○○┼●○●○●┨
┠┼┼┼●○○┼┼┼┼┼○○●●●●┨
┗┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┛
黒❶とコスんでもうまく行かない。

《参考図》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼○○●○○┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○●○○●○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●●●●●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●CMK⓭●○┼○┼┨
┠●○○○●○❼┼E┼⓫I●○┼○┼┨
┠○●○●●┼○┼┼G❺●○○●○┼┨
┠○●●┼●┼●┼┼❾○A❸●┼●┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼❶┼┼┼●┼●┼●
┠┼○●┼○┼┼┼●┼┼●●●●○○┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○○┼┼○
┠○┼○○┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○○┨
┠┼●●●○○┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼○●○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●●●○○○●┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼○╋○●●┼○○○○┨
┠┼●┼┼┼┼┼○●○○┼●○●○●┨
┠┼┼┼●○○┼┼┼┼┼○○●●●●┨
┗┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┛

第10譜(181〜200)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼○○●○○┼┼┨
┠●○○┼○○○●○○●○○●○○┼┨
┠┼●┼○┼●○○●●●●●●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●○┼○┼┨
┠●○○○●○❼┼┼┼┼┼●○┼○┼┨
❶○●○●●❸○❾┼┼┼●○○●○┼┨
┠○●●E●○●┼┼●○⓫I●┼●┼┨
A┼○●┼G○┼●┼●┼┼┼●┼●┼●
┠┼○●K○┼┼┼●○●●●●●○○┨
┠M┼○┼┼┼❺┼●○○⓱○○○┼┼○
┠○⓭○○┼┼┼┼○●○○●Q┼○○┨
┠┼●●●○○┼┼○●●┼○SC┼┼┨
┠●┼┼○●○┼●●○●●●O●⓯┼┨
┠┼┼○●●●●●○○○●┼⓳┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼○╋○●●┼○○○○┨
┠┼●┼┼┼┼┼○●○○┼●○●○●┨
┠┼┼┼●○○┼┼┼┼┼○○●●●●┨
┗┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┛
ここまで来ると勝敗には関係ない。黒❶は取られる前の利かし。
白Cは白⓯につけるよりまさる。黒❺は一路下もあるが、もはや関係ない。

第11譜(201〜220)
┏┯❼❺E┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼○○●○○┼C┨
┠●○○G○○○●○○●○○●○○❸I
┠┼●┼○┼●○○●●●●●●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●○┼○❾M
┠●○○○●┼●┼┼┼┼┼●○┼○K⓫
●○●○●●●┼●┼┼┼●○○●○┼⓭
┠○●●○●○●┼┼●○●○●┼●┼┨
○┼○●┼○○┼●┼●┼┼┼●┼●┼●
┠┼○●○○┼S┼●○●●●●●○○┨
┠○⓱○┼┼O●┼●○○●○○○┼┼○
┠○●○○┼┼Q⓳○●○○┼○┼○○┨
┠⓯●●●○○┼┼○●●┼○○○┼┼┨
┠●┼┼○●○┼●●○●●●○●●A┨
┠┼┼○●●●●●○○○●┼●❶┼┼┨
┠┼●○┼●┼┼○╋○●●┼○○○○┨
┠┼●┼┼┼┼┼○●○○┼●○●○●┨
┠┼┼┼●○○┼┼┼┼┼○○●●●●┨
┗┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┛
黒⓯でOの伸びを利かせば、白は⓱につぐ。

第12譜(221〜240)
┏┯●●○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼○○●○○┼○┨
┠●○○○○○○●○○●○○●○○┼○
┠┼●┼○┼●○○●●●●●●●●○┨
┠●┼┼┼○●●●┼┼┼┼●○┼○┼○
┠●○○○●┼●┼┼┼┼┼●○┼○○●
●○●○●●●┼●┼┼┼●○○●○┼●
┠○●●○●○●┼┼●○●○●┼●┼┨
○A○●┼○○┼●┼●┼⓳O●┼●S●
C❶○●○○┼○┼●○●●●●●○○┨
┠○●○┼┼○●⓯●○○●○○○┼┼○
❸○●○○┼┼○●○●○○┼○┼○○┨
┠●●●●○○┼⓭○●●┼○○○❼❺G
┠●┼┼○●○┼●●○●●●○●●A┨
┠┼┼○●●●●●○○○●❾●●K┼E
┠┼●○┼●┼⓱○╋○●●⓫○○○○┨
┠┼●┼┼┼MQ○●○○I●○●○●┨
┠┼┼┼●○○┼┼┼┼┼○○●●●●┨
┗┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┛
黒⓯は一路上に劫で頑張っても勝敗は動かない。

第13譜(241〜252)
┏┯●●○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●●○┼┼┼┼┼┼┼○○●○○┼○┨
┠●○○○○○○●○○●○○●○○┼○
┠┼●┼○┼●○○●●●●●●●●○┨
┠●⓫┼┼○●●●┼┼┼┼●○┼○┼○
┠●○○○●┼●┼┼┼┼┼●○┼○○●
●○●○●●●┼●┼┼┼●○○●○┼●
┠○●●○●○●┼┼●○●○●┼●❶┨
○○○●┼○○K●┼●┼●○●┼●○●
○┼○●○○┼○┼●○●●●●●○○┨
┠○●○┼┼○●●●○○●○○○┼┼○
●○●○○┼I○●┼●○○┼○┼○○┨
┠●●●●○○❾●┼●●C○○○●●○
┠●┼┼○●○┼●●○●●●○●●○┨
┠┼┼○●●●●●○○○●●●●○┼○
┠┼●○┼●┼●○╋○●●●○○○○G
┠┼●┼┼❸○○○●○○○●○●○●❼
┠┼┼┼●○○┼┼┼┼┼○○●●●●┨
┗┷┷┷●A┷┷┷┷┷┷E❺●┷┷┷┛

252手完    白2目勝

「思い出の対局」    呉清源

五段の時読売の棋戦で私が優勝して、秀哉名人に先で打っていただいた碁で、あのとき三三、星、天元と打って世間の誤解を受けたことがあった。私としては別に名人の意表外の手を打つつもりはなかった。この年の春の大手合からさかんに打っていたし、名人もおそらく用意があせれると思っていた。天元を打ったのは黒が右上の三三と左下の星、白が左上と右下の小目と対称に占めている時、天元はその左右同形の中心、対称の中心だから打ったので、けっして名人にいやがらせで打ったのではない。世間は誤解したが、碁界にとってはかえって話題となり、結果的に碁が盛んになったので、このときは誤解されてもよかったと思っている。

13-0010(1635)
パスワード:
小岸壮二の三子局 その二鉢の木13年01月20日 12:00
三子局の模範となる小岸と秀哉名人の対局をもう一局掲載します。

   本因坊 秀哉 名人
 三子 小岸 壮二 三段

大正6年2月26日

第1譜(1〜20)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼H┼┼┼┼┼┼⓰┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❿┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼N┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓴┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼LJ⓮┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼⓬❻┼┨
┠┼R┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠P┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼D┼┼┨
┠┼⓲●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋@┼┨
┠┼┼┼┼┼❽┼┼┼B┼┼┼❷F┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Bと三間に挟みましたが、黒は❹、❻と例によって右辺星下に石を持ってきます。
黒⓮は先手を取る打ち方。黒⓰と足早。

第2譜(1〜40)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠N┼┼❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼F┼❷○┼┼┼┼R┼●┼┼┼┼┼┨
┠L⓬●┼B┼┼❹╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
P┼H❿┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼J●┼┼┼┼❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠⓰⓮┼┼⓲D┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼⓴┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼○┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白に三三に入られれば黒❽と下がる一手。黒⓬に押さえるのはアマい。
白Rは打ちようも無くまぎれを求めた。黒⓴と厚く打っている。

第3譜(41〜60)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○┼┼●┼┼D┼F┼RP┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼●○┼❷@⓬○⓲●LN┼┼┼┨
┠○●●┼○❻B●❿⓴┼┼⓮⓰●┼┼┨
○┼○●┼┼┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼J┼●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼H┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼○┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白の言いなりになっているようで黒はどんどん厚くなる。
白もHからJと目いっぱい囲うが、このように囲うだけの手は小さい。外から利かされて周りに相手の地が増える。

第4譜(61〜80)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○┼┼●┼┼○┼○@○○┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼●○┼●○●○●●○○❽┼┼┨
┠○●●┼○●┼●●●┼┼●●●┼┼┨
○┼○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼┼┼N┼┼┼┼┼┨
┠●●┼┼●○┼┼┼┼┼┼⓲┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼D┼R┼⓴●┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼⓰┼┼┼○○●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼FPB┼┼┼●●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼❻┼❹⓮❷┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼L┼○┼●┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
J❿●●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠H┼┼┼┼●┼┼┼○┼┼┼●○┼┼┨
┠┼⓬┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷と急所に一撃して白の薄みが目立ってきた。
黒⓲、黒⓴と地を増やしながら攻めたてる。

第5譜(81〜98)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯H┯┯┯┯F❻❽┯┓
┠○┼┼●┼┼○❷○○○○┼DB❹┼┨
┠┼○┼●○┼●○●○●●○○●┼┼┨
┠○●●┼○●┼●●●┼┼●●●┼┼┨
○┼○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼●┼┼┼○┼┼┼┼┼┨
┠●●┼┼●○┼┼┼┼┼❿●┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼○┼○┼●●┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼○○●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼J┼○○○┼┼┼●●┼┨
┠┼○⓲┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓮⓬P┼┼┼┼●┼●●●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼●┼┨
┠┼○┼L┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
J●●●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠H┼┼N⓰●┼@┼○┼┼┼●○┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷から黒❻、❽のハネつぎまで先手で打ってしまった。
さらに黒❿と地を増やしながら攻める。白はダメを逃げるよりなく、黒⓬のカタつきが決定打。
黒⓲と曲がって、白にしのぎがあるかどうか定かでない。白も投了するよりない。

13-0009(1634)
パスワード:
小岸壮二の三子局鉢の木13年01月19日 11:52
数多くの秀哉、小岸の三子局から、小岸完勝の一局。
下手にこのように打たれたら上手はなす術が無いでしょう。

大正5年11月13日

  本因坊 秀哉 名人
三子 小岸 壮二 二段



第1譜 (1〜20)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼N┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼L⓮⓴┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼R⓲P┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓬HJ⓰┨
┠┼❽╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼❿❻┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼D┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼F┼╋@┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B┼┼❷┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Bに黒❹、黒❻と挟み返すのは当時の流行であった。
白Fとかけられて大きそうだが隅はケイマにすべると活きがあることに注意。
活きるか取りきるかは30目の大きな手である。
白Hの肩ツキから抑え込んでゆく手は、古くは丈和、最近では小林光一の打ち碁にある。
上に伸びてケイマにすべられては妙味が無いと考えたのか。
黒⓮は形の急所。

第2譜 (21〜40)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼❷┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓴R┼┼NP┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓰┼@┼○❻⓲
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○❹
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○●┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼❿H●●B┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼J⓬┼D┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓮❽F┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●L┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白は@からまぎれを求めるが黒はしっかりと応接している。
黒❷は隅を軽く見る手で、将来、白が三三に打つ手を値切っている。
黒⓮と抱えて厚い。白Lと打っても隅に活きが残っているのがつらい。
黒⓴まで外回りで厚く好ましい。

第3譜 (41〜60)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓲R┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼⓬┼┼┼┼⓰N⓮P❹┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼J╋┼┼●L┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼○●●  ⓴ ツギ(Nのところ)
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼@○●┼●
┠┼┼┼┼┼┼┼H┼F┼BD●○○●┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●○●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼❿┼❽┼❻┼❷○●┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@と当てたくないところを当てさせて好調。黒⓴と梅鉢についで満足。
飛び飛びはどちらもやめるわけにいかないが黒にとって非常に分かりやすい局面になった。

第4譜 (61〜80)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯❹┯┯┯┯┓
┠┼┼┼P┼┼┼⓴┼┼┼●○❷BD┼┨
┠┼┼┼L⓰●⓲R┼┼●●●○●┼┼┨
┠┼┼●⓮N❿H○╋┼┼●○@●┼┼┨
┠┼┼┼┼JF❽┼┼┼┼●○┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼⓬┼┼┼┼●┼○┼○●●  
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┼●
┠┼┼┼┼┼❻┼○┼○┼○○●○○●┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼●┼●┼●┼●┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@と上をつぐよりなく先手で噛み取られた。

第5譜 (81〜100)
┏┯⓮❿⓰DH❹J⓬L┯┯●┯┯┯┯┓
┠┼❽F○⓲❷@●B┼┼●┼●○○┼┨
┠┼┼❻○●●●○┼┼●●●○●┼┼┨
┠┼┼●●○●○○╋┼┼●○○●┼┼┨ N 劫取る Jのところ
┠┼┼┼┼○○●┼┼┼┼●○┼┼○○┨ P 劫取る @のところ
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼○┼○●●  
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼R⓴┼┼┼┼┼┼○○●┼●
┠┼┼┼┼┼●┼○┼○┼○○●○○●┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼●┼●┼●┼●┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白も最大限に策をこらすが間違えない。

第6譜 (101〜120)
┏┯●●●○○┯○┯○┯┯●┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼●●○┼○┼┼●┼●○○┼┨
┠┼┼●┼●●●○┼F●●●○●┼┼┨
┠┼┼●●○●○○╋┼┼●○○●┼┼┨
┠┼┼┼┼○○●┼┼┼┼●○┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼❻┼┼●┼○┼○●●  
┠┼┼┼┼⓮B❹┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼┼┼❷○●┼┼┼┼┼┼○○●┼●
┠┼RN┼J●@○┼○┼○○●○○●┨
┠┼●D┼L⓬┼┼╋┼┼┼●┼●●○┨
┠┼❿❽H┼⓴●┼●┼●┼●┼●┼○┨
┠┼┼┼⓰P┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┨
┠┼┼┼⓲┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❻を一本利かしたのは気持ちの良いところ。
白の着手につれて黒地が自然に出来ていく。

第7譜 (121〜140)
┏┯●●●○○┯○┯○┯┯●┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼●●○┼○┼┼●┼●○○┼┨
┠┼┼●┼●●●○┼○●●●○●┼┼┨
┠┼┼●●○●○○╋┼┼●○○●┼┼┨
┠┼┼┼┼○○●┼┼┼┼●○┼┼○○┨
┠┼❹┼┼┼┼●┼●┼┼●┼○┼○●●  
┠┼❷B┼●○●┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠L┼┼┼●○●┼┼┼┼┼┼○○●┼●
┠⓬○○┼○●○○┼○┼○○●○○●┨
┠⓮●○┼○●┼┼╋┼┼┼●┼●●○┨
┠┼●●○@●●┼●┼●┼●┼●┼○┨
┠┼┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┨
┠┼J┼●D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┨
┠┼┼┼❻F┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓰P┼❽H┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠RN●┼❿┼┼┼╋┼┼┼○┼╋○┼┨
┠┼⓲⓴┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Jにはハネツギで応える。Nからのツケ切りに対しても正しく応接している。

第8譜 (141〜144)
┏┯●●●○○┯○┯○┯┯●┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼●●○┼○┼┼●┼●○○┼┨
┠┼┼●┼●●●○┼○●●●○●┼┼┨
┠┼┼●●○●○○╋┼┼●○○●┼┼┨
┠┼┼┼┼○○●┼┼┼┼●○┼┼○○┨
┠┼●┼┼┼┼●┼●┼┼●┼○┼○●●  
┠┼●○┼●○●┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠○┼┼┼●○●┼┼┼┼┼┼○○●┼●
┠●○○┼○●○○┼○┼○○●○○●┨
┠●●○┼○●┼┼╋┼┼┼●┼●●○┨
┠┼●●○○●●┼●┼●┼●┼●┼○┨
┠┼┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┨
┠┼○┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┨
┠┼┼❷●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠○○●┼●@┼┼╋┼┼┼○┼╋○┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼B┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@から白Bが精いっぱいの頑張りだが、黒❹とすべられて勝負あった。

小岸は秀哉との三子局をほとんど負けていない。読み比べで互角の相手に三子を布かれてはさすがの秀哉もなすすべがなかった。
若くして夭折しなければ、小岸が二十二世本因坊秀立となり、その後の碁界の歴史は大きく変わったでしょう。

13-0008(1633)
パスワード:
幻の棋士 小岸壮二鉢の木13年01月19日 09:06
秀哉名人が自らの後継者とみなした小岸 壮二の碁を掲載します。
秀哉名人は小岸に満腔の期待をかけていたらしい。酒の席などで名人は「弟子の自慢をいうのではないが、小岸の芸はえらいもの」と、真情を吐露したという。坊門の野沢竹朝は、「未来,余のおそるべきは小岸ただ一人なり」と、初段時代の小岸にほれこんでいた。例によってウィキの記述をかりて小岸壮二を紹介します。

小岸 壮二(こぎし そうじ、1898年(明治31年)1月3日 - 1924年(大正13年)1月7日)は、囲碁棋士。こぎしはおぎしとも読まれた。大阪出身。本因坊秀哉門下、六段。秀立とも号した。秀哉の後継者と期待されて麒麟児とも呼ばれたが、26歳で夭逝。時事新報勝ち抜き戦で32連勝の記録が有名。長考派で重厚な碁風。

経歴

代々豊前国中津藩士の家系で末松謙澄子爵家の縁戚にもあたる、大阪に移って鯰江町の助役も勤めた父の次男として生まれる。1908年(明治41年)兄とともに11歳で上京して、本因坊秀哉の内弟子となり、兄はその後帰郷した。この頃、方円社で2歳年長の小野田千代太郎と数多く対局して、定先に打ち込んでいる。
1915年(大正4年)に初段。1917年三段。この年から1920年にかけて、時事新報の囲碁新手合で32人抜きを達成。また萬朝報の勝ち継ぎ戦では8連勝1回、6連勝4回を含む、42勝9敗1ジゴの成績を残す。また1915年から19年までの総戦績は、115勝23敗2ジゴ。その後も1923年まで勝率9割の成績を残した。1921年、坊門と方円社の若手棋士による研究会六華会の会友として迎えられる。同年五段。1922年の坊社合同の中央棋院設立、及びそれに続く再分裂では秀哉とともに中央棋院に参加。1923年に関東大震災で中央棋院が全焼し復興に努めていた中で、疲労と腸チフスで倒れる。同年六段。1924年死去。
本因坊秀哉には跡目と認められており、秀哉と、頭山満の号である立雲から字を取って秀立とも号していた。1921年の万朝報の坊社対抗戦では、岩本薫三段に白番2目勝。
長考派であったことは有名で、当時は対局の時間制限がなかったとはいえ1局に1日か、せいぜい2、3日で終わるところ、4、5日の碁が珍しくなかった。1916年の萬朝報での瀬越憲作戦は9日間をかけ、結果はジゴで、二人とも局後に倒れて次の手合を棄権したという。

大正10年4月23日
   本因坊 秀哉  名人
二子 小 岸 壮 二 五段

第1譜(1〜20)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠⓰┼B┼┼❻┼┼❽┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼F┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓲P┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓴R┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼N┼┨
┠┼D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼L┼┼┨
┠┼┼❿┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼@┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼⓬╋⓮┼┨
┠┼┼┼┼H┼┼┼┼┼┼J┼┼❹┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

黒⓴では参考図のように打つものではなかろうか

《参考図》
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼〇┼┼●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❶A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇┼┨
┠❸〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼C╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼❺┼┼┼┼●╋●┼┨
┠┼┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼〇┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
第2譜(21〜40)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼〇┼┼●❹┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼B❻╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇┼┨
┠┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼H⓬┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼F❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼❿N┼┼┼┼ろい┼┼〇L┨
┠┼┼●┼┼┼J┼╋┼P⓰┼●╋●⓮┨
┠┼┼┼┼〇┼┼┼┼R⓲〇┼┼●┼┼┨
┠┼┼D┼┼┼┼┼┼┼⓴┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Dの時、黒が三三に打てば普通であるが、ぐっと力をためて黒❻、秀行先生の碁を観ているようである。
白Fは当然の一着。
黒❿は損であると思う。今打つ必要は無い。とにかく黒は堅く打っている。
黒⓰、黒⓲のつけぎりは強い。漫然と黒いのコスミなどはろとつけられてダメ。

第3譜(41〜60)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓮┼┼┼┼┨
┠●┼○┼┼●●┼●┼┼┼H❿┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼○●╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼●❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼J⓬┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼R┼L⓰N┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓴⓲P┼┼┨
┠┼○❹D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼H●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼F●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●○┼┼┼┼@┼┼┼○○┨
┠┼┼●┼┼┼○┼╋B○●❷●╋●●┨
┠┼┼┼┼○┼┼┼┼○●○┼┼●┼┼┨
┠┼┼D┼┼┼┼┼┼┼●F❽┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❹と切ったのは、単に黒❻と出るよりはっきりしている。
白Fは手筋、こうしておけば二子取られても飛び込みが無い。
白Jは軽く打ったが、苦しいことに変わりない。

第4譜(61〜80)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯L┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼F●J⓬┼┼┨
┠●┼○┼┼●●┼●┼┼@○●┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼○●╋┼⓮┼┼┼●┼┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼❽┨
┠┼●○┼⓲⓴┼┼┼❿D○N○●○┼┨
┠┼●○┼┼R┼┼┼⓰❻❹●●○┼┼┨
┠┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○P┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷B┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼H┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼H●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼F●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●○┼┼┼┼○┼┼┼○○┨
┠┼┼●┼┼┼○┼╋○○●●●╋●●┨
┠┼┼┼┼○┼┼┼┼○●○┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❿と叩いては黒優勢。序盤でふくらんで厚く打った手が生きてきた。
黒⓰と手厚くついで不満は無い。

第5譜(81〜100)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●┼┼┨
┠●┼○┼┼●●┼●┼┼○○●❷┼❻┨
┠┼┼┼○┼┼○●╋┼●┼┼@●❹┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●B●┨
┠┼●○┼●●❽┼┼●○○○○●○D┨
┠┼●○┼┼○F┼┼●●●●●○┼┼┨
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠L⓬N┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠⓮H●┼┼R┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❿┼P⓴●○┼┼┼┼○┼┼┼○○┨
┠⓰┼●⓲┼┼○┼╋○○●●●╋●●┨
┠┼J┼┼○┼┼┼┼○●○┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

《参考図》
白がのぞいた時、黒は絞って活きるべきである。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●┼┼┨
┠●┼○┼┼●●┼●┼┼○○●●┼●┨
┠┼┼┼○┼┼○●╋┼●┼┼○●●┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○●┨
┠┼●○┼●●●┼┼●○○○○●○○┨
┠┼●○┼┼○○┼┼●●●●●○┼┼┨
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼B╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❷○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❹○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●❻@┼●○┼┼┼┼○┼┼┼○○┨
┠●┼●┼┼┼○┼╋○○●●●╋●●┨
┠┼○┼┼○┼┼┼┼○●○┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
このように打たなかったので少し細かくなった。

第6譜(101〜120)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○┯L┯┯┓
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼⓴┼○┼○●⓮┼┨
┠●┼○┼┼●●┼●┼┼○○●●┼●┨
┠┼┼┼○┼┼○●╋┼●┼┼○●●┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○●┨
┠┼●○┼●●●┼┼●○○○○●○○┨
┠┼●○┼┼○F┼┼●●●●●○┼┼┨
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○○┼┼⓬┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼❿┼⓲┼┼┼╋┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠○●○❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼NP┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠D○●┼❹❻⓰┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
H●○●❷@○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠J●┼○●●○┼┼┼┼○┼┼┼○○┨
┠●R●●BF○┼╋○○●●●╋●●┨
┠┼○┼┼○┼┼┼┼○●○┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷から中央へ進出、白Rと切って一応細かい碁になった。しかし二子の威力は大きく、白が面白いというところまではいってない。
参考図に較べて黒がやや損と云ったところか。

第7譜(121〜140)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○┯L┯┯┓
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼●D○┼○●●┼┨
┠●┼○┼┼●●┼●┼┼○○●●┼●┨
┠┼┼┼○┼┼○●╋┼●❷B○●●┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼┼❹@┼┼○●○●┨
┠┼●○┼●●●┼┼●○○○○●○○┨
┠┼●○┼┼○○┼┼●●●●●○┼┼┨
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○○┼┼●┼┼┼┼┼┼NF●○┼┨
┠┼┼●┼●┼┼┼╋P┼┼L❻○J┼┨
┠○●┼●┼┼┼┼┼┼⓰┼⓬⓮❿┼┼┨
┠┼○●┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼❽⓴R┨
┠○○●┼●●●┼┼┼┼┼┼H○⓲┼┨
○┼○●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●┼○┼┼○┼┼┼┼○┼┼┼○○┨
┠●○●●○○○┼╋○○●●●╋●●┨
┠┼○┼┼○┼┼┼┼○●○┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●○●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❽とつけて右辺になだれ込んだ。だが黒はそれほど得をしていない。

第8譜(141〜160)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○┯○┯┯┓
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼●○○┼○●●┼┨
┠●┼○┼┼●●┼●┼┼○○●●┼●┨
┠P⓲┼○┼┼○●╋┼●●○○●●┼┨
┠ろ●●い┼┼┼┼┼●@┼┼○●○●❽
┠┼●○は●●●┼┼●○○○○●○○❻
┠R●○┼に○○┼┼●●●●●○┼HF
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○○┼┼●┼┼┼┼┼┼○○●○┼┨
┠⓴⓰●┼●┼┼┼╋○┼┼○●○○┼┨
┠○●┼●┼┼┼┼L⓬●┼●●●┼┼┨
┠┼○●┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼●●○┨
┠○○●┼●●●N┼⓮┼J┼○○●@┨
○┼○●●○○┼┼┼B┼┼C┼┼❷B┨
┠○●❿○┼┼○┼┼┼┼○┼┼❹○○┨
┠●○●●○○○┼╋○○●●●╋●●┨
┠┼○┼┼○┼┼┼┼○●○┼┼●┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼D●○●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Dは最大であるが、黒❻、黒❽と気持ちの良いヨセを打ち、ついに黒❿に手をまわした。
これは12目のヨセである。

しかし黒⓰の時白P、白Rが秀哉の見損じであった。黒⓴と出られて手は無い。まるまる取られである。
このような秀哉の見損じは珍しい。白いと出ても黒ろ、白は黒にでどうしようもない。

秀哉の講評「しかしこれに気が付いて、白Rを⓴にわたったとしても、黒にとか黒Bとか黒Cがあって、白はキズだらけで到底勝はない」

13-0007(1632)
パスワード:
キリ一本鉢の木13年01月18日 12:45
キリ一本が局面を大きく変えることがあります。死活に関して、しのぎに関して、ヨセに関してキリを入れておくことが絶対に必要な場面があります。適切なキリを打てるかどうかが高段となれるかどうかの分岐点かも知れません。


死活に関するキリ

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯●┯┯┯┯❸┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○❶A┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●╋A┼❸
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼❶○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼○○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

┏○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
●●┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼●○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
❼❸○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○C●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠A○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❺❶○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠E┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

┏○┯❸┯○○●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
●○○┼A○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○┼┼❶○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○○┼○●┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●┼●○○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

しのぎに関するキリ

白番

局面は黒好調。白はここで頑張らなければ楽敗でしょう。
右辺Aの大場に回りたい。しかし・・・
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼○○●┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼○┼○┼┼○●┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠●○┼┼┼○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●○┼○┼┼┼┼┼┼A┼┼┨
┠┼○╋○●○┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼○┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠●●●○┼┼┼┼┼┼┼○┼●┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯❻┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼F❹B❷●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼D❽○○●┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼○┼○┼┼○●┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠●○┼┼┼○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●○┼○┼┼┼┼┼┼@┼┼┨
┠┼○╋○●○┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼○┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠●●●○┼┼┼┼┼┼┼○┼●┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

白@と打つと、黒❷の這いから、上辺が劫にされる。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼┼┼┼┼●@❷┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼○○●┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼○┼○┼┼○●┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠●○┼┼┼○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●○┼○┼┼┼┼┼┼B┼┼┨
┠┼○╋○●○┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼○┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠●●●○┼┼┼┼┼┼┼○┼●┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ここで白@とキリを入れるのが、悩みの解決策でした。
┏┯┯┯┯┯┯┯E┯❼┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●┼┼┼❺C❸●@❷┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼G┼○○●┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼○┼○┼┼○●┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠●○┼┼┼○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●○┼○┼┼┼┼┼┼B┼┼┨
┠┼○╋○●○┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼●┼○┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠●●●○┼┼┼┼┼┼┼○┼●┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❸と這ってきても白Eのアテが利いて何事も起きないのでした。

13-0006(1631)
パスワード:
争い碁の名局鉢の木13年01月13日 18:58
秀哉・雁金の院社対抗戦の棋譜を掲載します。いつもは黒番側から並べるのですが秀哉の考えを理解するため白番側にしました。不思議なものでまるきり景色が変わり新しい見方が出来ました。序盤黒⓳の打ち込みからねじり合いになったのは秀哉が力にものを言わせて乱戦に持ち込んだと思っていましたが白の立場で見ると黒の打ち過ぎが発端と思うようになりました。
以下二人のプロフィールをウィキの記述を借りて掲載します。


[本因坊秀哉]

修行時代

父は内務省勤務の田村保永、伯父は貴族院議員でシーメンス事件での弾劾演説で知られる田村保。保寿は父の趣味の影響で囲碁を覚えた。
1885年、11歳のときに方円社に入塾。当時の住み込みの塾生は、塾頭の石井千治、道家富太、杉岡榮治郎、田村保寿の4人だった。田村は、石井千治、杉岡榮治郎とともに方円社の三小僧と呼ばれた。1891年11月、方円社を除名され、一時期囲碁から離れる。
19歳の時に金玉均を介して19世本因坊秀栄門下に入門。秀栄門下でも強さを発揮し、当時他の棋士達をことごとく先二以下に打ち込んでいた秀栄に唯一先を保ち、本因坊継承の最有力候補と見られていた。しかし、秀栄本人は田村の事を嫌い、後を継がせる事に消極的で秀栄が寝込む様になってからは面会も許されなくなった。秀栄は雁金準一の実力が田村に及ばないことを認めながら、田村でなく雁金を後継者に望んでいたふしがある。田村の性格は極めて我が強く、また金銭にうるさい所があり、そういった所が秀栄に嫌われた要因であろうと言われている。

本因坊秀哉時代

1907年、田村は本因坊継承の運動を盛んに行っていたものの結局秀栄は後継を決めないままに死去。後継者問題で本因坊家内は大いにもめ、田村は孤立無援に追い込まれた。この事態を収めたのは、16世本因坊であり、秀栄の弟の秀元であった。秀元は一旦20世本因坊に就き、1年後田村に本因坊を継がせることでこの事態を収拾した。
1908年、34歳で21世本因坊秀哉となる。その後、周りに自分の実力を見せ付けるように他の一流棋士達を先二以下に打ち込む。1910年、『新案詰碁死活妙機』(吉川弘文館)を出版。
1914年、41歳の時に名人位就位。名実ともに棋界第一人者になる。1926年、日本棋院対棋正社の対抗戦で、雁金準一と対決。石取りの名局と謳われたスリリングなねじり合いの末に勝利し、不敗の名人の名を高めることとなった。1933〜34年、読売新聞主催の「日本囲碁選手権手合」に優勝した呉清源五段と向先で対戦、2目勝ちを収める。
1936年、秀哉は日本棋院に本因坊の名跡を譲渡。世襲制ではなく選手権戦によって本因坊を決める本因坊戦が誕生する。秀哉は後継者として愛弟子の小岸壮二を考えていたといわれるが、意に反し小岸は夭折した。次には前田陳爾に望みを託したが、木谷実、呉清源の活躍の前にその夢も消えた。秀哉には自身の経験から実力第一位のものに本因坊の名を継がせたいという強い思いがあり、本因坊位の世襲制廃止に踏み切ったものと言われる。
1938年、秀哉は引退を決意。木谷実との歴史に残る引退碁を打つ(後述)。1940年1月18日、実力制初代本因坊の決定を見ることなく死去。歴代本因坊が眠る本妙寺に葬られた。

院社対抗戦

1926年、日本棋院対棋正社の全面対抗戦の初戦において、雁金準一との主将同士の決戦に臨んだ。下辺の白模様に突入した雁金の黒石を、秀哉が強引に取りに行ったことから大乱戦となり、満天下を沸かせるスリリングな一戦となった。主催の読売新聞は各地で大盤を用いて速報し、観戦記に菊池寛、河東碧梧桐など有名文士を配して宣伝に努め、部数を一挙に3倍に伸ばしたといわれる。

第2譜黒⓳とカドに打ち込んだところから乱戦が開始された。秀哉は黒の眼を奪うが、雁金も包囲網の薄みをついて反撃、まれに見るねじり合いとなった。秀哉はここで発生したコウをきっかけに勝勢を確立、最後は雁金の時間切れ負けとなった。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[雁金 準一]

生い立ち

東京都本郷森川町に、元は三河国豊橋藩の藩邸に仕える武家であった家に生まれる。4歳頃に碁好きの父より碁を学び、来客との対局などで大いに腕を上げ、学業のために父からは碁を禁じられるが秘かに「国技観光」などで研鑽して遂に父から許しを得、12、3歳頃には近隣では敵無しとなる。父の喘息のために困窮していたが、河北耕之助の知人の小野述信の援助を受け、1893年(明治26年)から方円社に通い始めるようになり、翌年入段する。その後伊藤博文の恩顧を受けて伊藤宅で書生となり、日清戦争に際しては広島、下関に随伴し、「碁打小僧」として知られるようになる。3年後、自ら生計を立てるべく本郷に稽古場を開く。1896年に伊藤家を辞して方円社に入塾、中川亀三郎退隠とともにその内弟子となり、各地遊歴にも随行する。
1898年(明治31年)二段。同年から19世本因坊秀栄の研究会「四象会」に参加。1899年(明治32年)、日下義雄に従い1ヶ月渡韓。京城の高手で中枢員議官の白南奎という者と対戦、四子(朝鮮ルールの二子)にまで打ち込んで「神童来」と言われる。1900年には秀栄との十番碁を開始(二子)。時事新報の敗退五人抜戦で、1901、02年に2回4人抜きし、1904年に岩佐_、伊藤小太郎、大沢銀次郎、中川千治、広瀬平治郎に勝って時事新報初の5人抜きを達成する。
1905年に方円社を退社して、この年に秀栄の組織した「日本囲棋会」に入り、秀栄門下となるとともに五段に昇段。1907年(明治40年)1月六段。この披露会にて伊藤公より、
「東西分局勢 黒白闘雌雄 坐看輸贏迹 賢愚老此中」
の詩章を贈られる。

本因坊継承争い

この頃、秀栄の後継候補は雁金と5歳年長の田村保寿で、実力は田村が上であったが、秀栄は田村の性格を嫌っており、跡目を決めることはなかった。また田村が七段昇段記念の碁(1905年)で、相手の雁金五段に持碁にするように申し入れた件を棋譜から見破られたことも、田村が信用を失う一因とされる。
1907年2月に秀栄が、雁金を本因坊にと遺言を残して没すると、本因坊の名跡を巡り六段雁金と七段田村をそれぞれ推す派が対立し、暫定で秀栄の弟で秀和の三男である秀元が20世本因坊となる。雁金は秀栄未亡人派による敲玉会の首班となる(会員に伊藤小太郎、関源吉、伊沢巌吉、都谷森逸郎、会友として内垣末吉、中根鳳次郎)が、翌年に秀元から田村に本因坊位が譲られ、田村は21世本因坊秀哉となり、敲玉会は雁金の脱退により解散する。この年に八段昇段もした秀哉の襲名披露会には雁金も出席し、広瀬平治郎五段との席上碁を務めるが、その後は対局から遠ざかり、アマチュア指導に専念した。

棋正社時代まで

1915年に、1907年に発足した関西囲碁研究会(関西囲棋会)会員になる。1917年には、雁金を井上家跡目とすることが一門で決議されるが、1920年に恵下田栄芳が正式に16世井上因碩を襲名する。
1919年に時事新報主催の林徳蔵三段戦を行い(先二、二子番、雁金中押勝)、13年振りの対局となる。また方円社に再入社し、小林健太郎と向二子で十番碁。同年、関源吉、吉沢道三、小林鍵太郎らと、大正囲棋会を設立。喜多文子と十番碁(向先-向先二)。その後政財界有力者の間で雁金に打たせようという相談がまとまり、1920年3月、細川護立の催しで、1914年に名人就位していた秀哉と対戦、13回打掛けで翌年1月30日終局、雁金(先)6目勝。同年4月にも久保松勝喜代五段昇段披露会席上で秀哉と対戦し、33手で打掛け。同年5月時事新報主催で秀哉戦、打掛け19回で12月28日終局、秀哉(白)中押勝。
方円社理事となるが1922年に脱退し、高部道平、鈴木為次郎、瀬越憲作の4棋士で裨聖会設立。裨聖会は、総互先コミ出し、持ち時間制などを初めて導入した。この中では雁金が最も成績優秀、次いで瀬越であった。
高部道平らの活動による1924年の碁界大合同で日本棋院に参加するが、同年、雁金、鈴木為次郎、高部道平、加藤信、小野田千代太郎が、報知新聞と日本棋院規約に反して個人契約して除名。この5棋士にて棋正社を設立。翌年七段に昇段。鈴木、加藤は1926年に棋正社を離脱。
1926年に読売新聞を通じ、棋正社と日本棋院の間で院社対抗戦(正式名称は日本棋院対棋正社敗退手合)を開始、大正大争碁とも呼ばれる。初戦に秀哉ー雁金(先)戦が行われ、254手までで雁金の時間切れ負けとなる。以後の勝ち抜き戦で、棋正社は常勝将軍と呼ばれた野沢竹朝も加えるが、1929年終了時には棋正社の14勝26敗2持碁となった(雁金は4勝9敗)。この院社対抗戦を掲載した読売新聞は社を挙げて宣伝し、観戦記には村松梢風ら文士を配し、また秀哉ー雁金戦が序盤から大乱戦となったことも手伝い、発行部数を3倍に伸ばした。

瓊韻社以後

1933年、八段。
1941年、高部との対立により、一門を率いて棋正社を離脱して瓊韻社を設立。同年、62歳で、日本棋院の呉清源七段と打込み十番碁を開始。この時の手合割について、日本棋院では雁金の段位を認めるかが問題となったが、雁金の意向で互先となる。戦績は翌年第5局まで雁金の1勝4敗となり、打ち切りとなった。また、続いて瓊韻社の渡辺昇吉六段の藤沢庫之助六段との十番碁も行われるが、藤沢3連勝で打ち切りとなる。
その後、日本棋院棋士との交流手合もあり、また棋院への復帰運動もあったが、瓊韻社にとどまり続けた。1944年、準名人戦(読売新聞主催)に出場、呉清源に白番ジゴとする。1952年、全本因坊全八段戦に出場、橋本昭宇に白番半目負け。1953年、瀬越憲作、鈴木為次郎とによる三長老戦で3勝1敗で優勝。
1959年1月、九段に推挙。同年2月没。日本棋院より名誉九段を追贈される。墓所は顕本寺。秀栄は、手の見える碁と評していた。また性格温厚、人格高潔であったと世に言われている。
門下に、渡辺昇吉九段、富田忠夫八段ら。鄒海石、笠井浩二も少年時代に指導を受けた。富田門下には王銘琬九段、鄭銘瑝九段らがおり、王の本因坊位獲得により、孫弟子の代で本因坊位に就いたとも言える。

代表譜

大正9年(1920年)に徳川慶久、頭山満、犬養毅、細川護立などが、雁金に打たせようと相談し、細川邸で秀哉戦を行うこととなった。雁金先番で3月12日に打ち始め、13回の打掛けを経て、翌年1月30日に終局となった。

白 本因坊 秀哉
黒 七段 雁金 準一  6目勝
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○┼G┼K┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❼C┼┼┼O┼┼┼┼●┼┼○┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼M┼○●┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼A┼❸┼E┼┼○●┼●┼┼┨
┠┼●╋┼┼┼┼┼╋┼❾⓯○●┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼❶┼○┼❺┼○○●┼┼┨
┠┼┼⓫┼┼┼┼┼┼I⓭┼┼┼●┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

布石では白が働いたが、黒1(29手目)の打ち込みから5の打ち込み、続いて9の強手などから15までの実利を稼いだ。続いて微差ながらも白は中央を大きく囲い、下辺、左辺でコウ争いとなったが、左上隅で黒から絶妙のコウ立てがあり、黒6目勝に終わった。この碁は当時公開されず、これと同じ1920年に秀哉中押勝した碁の棋譜が時事新報に掲載された。後の坂田栄男評に「始めから終わりまで徹底的に戦い、いたる所で血の吹き出るような一局だった」「(われわれは)これほどまでに読み切っていない」とある。

================================================================


白 本因坊 秀哉
黒 七段 雁金 準一

第1譜(1〜20)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼I┼G┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E❼┼┨
┠┼A╋K┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋❾┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❺┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓫┼┨
┠┼M╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓱┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳⓭┼┨
┠┼❶╋❸┼┼┼┼╋┼┼┼┼O┼QS┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓯┼┼C┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
秀哉は白Aの並び小目を好んで打った。相手からの秀策流を防止する意味がある。
白Kは白Lと締まるより大きい。
黒⓭は普通。
白Mば必争゜の好点。
黒⓯は現代なら一路高く打つ。黒が手抜きして次譜白Aに来られた時、高い方が良いというわけである。

第2譜(21〜40)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇┼〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳┼〇●┼┨
┠┼〇╋〇┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼S●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼QO●┼┼┨
┠┼┼⓫┼M┼┼┼┼┼┼┼┼⓱┼┼┼┨
┠┼⓭G❼K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❸❾I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠⓯〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼A┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aは苦心の一着。もし星下に打って黒が飛んでくれれば、二間に打って良いが、黒は飛ばずに大ケイマに詰めてくるのが良い手となる。
白は黒の一子を味よく取ることが出来ない。
黒❸の打ち込みも誰もが目に付くところ。
白C白Eは秀哉流。
白はMまでここを封鎖し、白Oから上辺を盛り上げる。
呉清源説では黒⓳を
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇┼〇┼┨
┠┼┼┼┼┼E┼❺┼┼❼┼❸C〇●┼┨
┠┼〇╋〇┼┼┼┼╋┼┼┼┼A❶●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇〇●┼┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
と打ってはどうかと言っている。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼I❾⓫┼┼┼┼┼┼┼┼〇┼〇┼┨
┠┼┼┼G❼┼┼❺⓭E┼┼❸C〇●┼┨
┠┼〇╋〇K┼┼┼╋M┼┼┼A❶●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼⓯┼┼┼┼〇〇●┼┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼●O⓱┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼Q⓳┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼S┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
黒は左辺で儲けているから上辺をあっさり打つのが良いと云う訳である。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼I❾⓫┼┼┼┼MQ┼┼〇┼〇┼┨
┠┼┼┼G❼┼┼❺⓭E⓱┼❸C〇●┼┨
┠┼〇╋〇K┼┼SO⓯┼┼┼A❶●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳┼┼〇〇●┼┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼●O⓱┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼Q⓳┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼S┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
ところが黒⓭突き当りに、秀哉なら白Mと下がってくるであろう。
これはこの後どうなるか見当もつかない。

第3譜(41〜60)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼QK⓫❼❾❺S┼⓳〇┼〇┼┨
┠┼┼┼┼┼⓱IG❸C⓭┼●┼〇●┼┨
┠┼〇╋〇┼┼┼┼EAM⓯┼┼〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼O〇〇●┼┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼●❶┼┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aはこう打つところ。白Aと低く打つのは
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇┼〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼AG┼┼●┼〇●┼┨
┠┼〇╋〇┼┼┼┼C❸┼❾┼┼〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼E❺┼┼〇〇●┼┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼┼┼❼┼┼┼●❶┼┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
カタをついて出られてつかまらない。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
黒⓯はへぼ筋である。こんなところは下図黒❶と打つに決まったところ。
「毛を吹いて傷を求める」手であった。白としてはこんな俗手を打たれたらやっていかざるを得ない。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼〇●●●●┼┼┼〇┼〇┼┨
┠┼┼┼┼┼┼〇〇●〇●❶●┼〇●┼┨
┠┼〇╋〇┼┼┼┼〇〇〇┼┼┼〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇〇●┼┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯❺┯┯┯┯G┓
┠┼┼┼┼┼〇●●●●┼❸A〇┼〇❼┨
┠┼┼┼┼┼┼〇〇●〇●❶●┼〇●❾┨
┠┼〇╋〇┼┼┼┼〇〇〇┼┼I〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇〇●┼┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼┼┼┼┼┼C●●┼┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼┼┼E┼┼ろ┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼⓫┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼い┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白が取りに来るのは無理。
黒⓫が必要なのは白から「い」とつけ下をハネたら「ろ」につけられる。

第4譜(61〜80)
┏┯┯┯┯Q⓱CEI┯❺❸A┯┯┯┯┓
┠┼┼┼O〇〇●●●●〇❾●〇┼〇G┨
┠┼┼┼┼⓯●〇〇●〇●❶●┼〇●┼┨
┠┼〇╋〇┼┼K⓫〇〇〇●┼❼〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼⓭M┼⓳〇〇〇●┼┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼┼┼┼S┼┼●●┼┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Mはゲタとキリを防ぐにはこれしかない。

第5譜(81〜100)
┏┯┯┯┯〇E〇〇〇❼●●〇┯┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●┼〇●┼┨
┠┼〇╋〇┼G〇●〇〇〇●┼●〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●〇AC〇〇〇●┼┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼❺❶❸〇M⓫●●┼┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼⓭❾IQ┼┼┼┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼K⓯O┼S┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼⓱⓳┼┼●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は白を団子にしぼって壮絶。白Sで白@と曲がるのは

┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●〇┯┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇B〇〇┨
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●❷〇●┼┨
┠┼〇╋〇┼〇〇●〇〇〇●┼●〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●〇〇〇〇〇〇●┼┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●┼┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼●●〇〇┼┼┼┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇@❹┼┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼●●D┼●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼❻╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
黒❷とあててから黒❹とハナ付けして白のつぶれである。

第6譜(101〜120)
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●〇❾┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇I〇〇┨
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●E〇●⓫┨ ⓭ 劫取り
┠┼〇╋〇Q〇〇●〇〇〇●GM〇●┼┨ O 劫取り
┠┼┼┼┼┼⓱┼●〇〇〇〇〇〇●S⓯┨ ⓳ 劫取り  
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●┼┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼●●〇〇A❸┼┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇❶〇K┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼●●C❼●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼❺╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶のハネ込みが秀哉の見損じていた手ではないかと噂になった手である。
大劫である。しかしここで雁金に緩着が出る。黒⓯のカケツギである。碁を打つものは100人中99人がカケつぐであろう。
雁金七段は「黒⓴に堅く接ぐ方がよく、また黒⓱の劫立てでは損劫を忍んでもQの出から打って、劫材をひとつ増やしておくほうが良かった」とある。
アマならば損をおかまいなく出から打ったであろう。後世の目を気にしなければならない専門棋士の辛さである。

しかし白Sの劫立ては面白い劫立てであった。

秀哉名人の感想では
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●ロ●E┯イ┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇❺
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●┨
┠┼〇╋〇┼〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●〇〇〇〇〇〇●❶┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●┼C┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼●●〇〇〇●ハ二┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇●〇〇A┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼●●❸●●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
黒❶なら白A、白Cとして上辺の黒を先手で打ち上げて満足する、というものであった。
白Eのあと黒イ、白ロ、黒ハ、白打ち上げ、黒二、それで白に先手がまわるというものである。
しかし黒は劫ツギを急がず、下図のように黒❸とコスむとどうするのか。
上辺黒いの劫立てがある。

┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇┨
┠┼┼い┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●┨
┠┼〇╋〇┼〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●〇〇〇〇〇〇●❶┼┨
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●┼❸┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼●●〇〇〇●┼┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇●〇〇A┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼●●┼●●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
木谷・呉の共同研究の結論では、
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●┯┯┯O
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇┨
┠┼┼❾I●●〇〇●〇●●●〇〇●●K ❺ 劫取り
┠┼〇╋〇❸〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼M G 劫取り
┠┼┼┼┼C┼┼●〇〇〇〇〇〇●❶┼⓯ ⓫ 劫取り
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●┼❼┨ ⓭ 劫ツギ
┠┼●┼●〇┼┼┼┼●●〇〇〇●E┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇●〇〇┼┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼●●A●●┼┨
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
白Oまで上辺を取り切り、黒は下辺をケイマにつめこれからの碁であるということである。

第7譜(121〜140)
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇┨
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●Q
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼O⓯ ツギ 
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●〇●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●❺M┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼●●〇〇〇●❸K⓳
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇C〇〇❶┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼⓱┼I●●A●●E⓭
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼⓫G●╋┼❼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼S┼❾┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ここで黒に失着が出る。黒❾の伸びである。
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇┨
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●┨
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●┼┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼●●〇〇〇●●┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼●●〇●●┼❶
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼〇●╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶と味よく抜いておくべきであった。黒は白Oのオキを見ていなかった。
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●ロ┯ハ┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇イ
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●┨
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●┼┨ ❼ ツギ
┠┼●┼●〇┼┼┼┼●●〇〇〇●●┼┨
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠┼┼┼〇┼┼┼❾G┼E●●〇●●┼❶
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼A❸〇●╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C❺┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
上辺イからの劫、黒ロ、白イ、黒ハのセキを見て黒はいくらでも強く戦っていけた。
白Oと置かれて参っている。
遮る手は無い。
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇A
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●❶
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇 
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●●●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼●●〇〇〇●●〇❸
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠┼┼┼〇┼┼┼E┼┼〇●●〇●●┼●
┠●〇╋┼┼┼┼┼╋┼C●〇●╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❺┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
遮れば白Aが利いて、隅は悪くてもセキ。白Cから白Eと壁にへばりついた黒石をはがしに行って白良し。

第8譜(141〜160)
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇┨
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇 ⓯ ツギ 
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼O⓱┼●●〇〇〇●●〇●
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠┼┼┼〇┼┼M⓯●C〇●●〇●●┼●
┠●〇╋┼┼┼┼❼╋A❶●〇●╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼I❸〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼⓭⓫┼E❺❾⓳┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼KS┼GQ┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ハネから白Aとはみでて見事なものである。黒❺で単に黒❼だと白Dとはねる調子が良い。
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇┨
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇 
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼┼┼┼●●〇〇〇●●〇●
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠┼┼┼〇┼┼┼┼●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇╋┼┼┼┼┼A〇●●〇●╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼┼〇●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶と出るのは白Aと曲がる。
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇┨
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇 
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼A┼┼●●〇〇〇●●〇●
┠┼●●〇┼❶❼┼❸┼〇●〇〇〇〇●┨
┠┼┼┼〇┼┼GE●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇╋┼┼┼┼❺C〇●●〇●╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼I●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼┼┼❾〇●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とのぞいてさばこうとしても、白Aのハザマがある。
黒❾とはさみつけても白Iと接いでおいてよい。
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●┯┯┯┓
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇┨
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇 
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼G┼┼●●〇〇〇●●〇●
┠┼●●〇┼┼┼CE❼〇●〇〇〇〇●┨
┠┼┼┼〇┼┼❶❺●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇╋┼┼┼┼┼A〇●●〇●╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼❸S┼I●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼QO❾〇●⓭┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼⓳M⓫K┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼⓱⓯┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❼で、黒❶、黒❸と逃げようとしても、白Cとのぞいて強引に取ってしまう。

第9譜(161〜180)
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●❶A┯❸
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇C
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇  
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼〇●┼●●〇〇〇●●〇●
┠┼●●〇┼┼S┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠┼┼┼〇┼┼〇●●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇╋┼┼┼❼●╋〇●●〇●╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼⓭●●┼〇●●●┼┼┼┼┨
┠┼●G┼I❾K〇〇┼〇〇┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼⓫E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼⓳⓯M┼┼┼┼┼┼❺┼●●┼┨
┠┼●╋●Q┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼⓱O┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
右上、黒❶からやっていったがこの黒は半分以上取られている。取りあえず黒の二手ヨセ劫だが黒が劫立てを作ろうとして無理な手を打てば
白は取りに行かずセキにしてしまう。
黒❺は当然でこれを呑み込まれてはいけない。
黒❼はつらいがここに一着無いと本物ではない。

┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●●〇┯●
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇〇
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇  
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼〇●┼●●〇〇〇●●〇●
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠┼┼┼〇┼┼〇●●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇╋┼┼┼●●╋〇●●〇●╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼〇●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼●●┼〇●●●┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼@┼┼〇〇┼〇〇┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Gは緩まない打ち方であるがここで白@とコスむと苦しかったのではないかと云うのが木谷・呉説である。
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●●〇┯●
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇〇
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇  
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼〇●┼●●〇〇〇●●〇●
┠┼●●〇D❹❷┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠┼┼┼〇FB〇●●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇J┼┼❻●●╋〇●●〇●╋┼●┨
┠⓬┼┼┼❿┼┼┼┼〇●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇H❽┼●●┼〇●●●┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼@┼┼〇〇┼〇〇┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼L┼〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷以下活きはあるが白が外回りで劫に強い形である。
本譜黒❾、黒⓫のキリが最強の抵抗であった。
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●●〇┯●
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇〇
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇  
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼〇●┼●●〇〇〇●●〇●
┠┼●●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠イ┼┼〇┼┼〇●●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇╋┼E┼●●╋〇●●〇●╋┼●┨
┠┼┼┼❼┼❺┼┼┼〇●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼┼┼●●┼〇●●●┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼C❶┼〇〇┼〇〇┼┼●┼┼┨
┠┼┼❸┼A〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●┼┨
┠┼●╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼〇┼〇〇┨
┠┼┼┼┼┼┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
本譜Iとハネた手で白Aと伸びるとどうなるか。
白イの狙いに黒❼で両方しのいでいる。

第10譜(181〜200)
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●●〇┯●
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇〇
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇 
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼〇●┼●●〇〇〇●●〇●
┠┼●●〇┼┼〇┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠❺┼┼〇┼┼〇●●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇C┼┼┼●●╋〇●●〇●╋┼●┨
┠A❸E┼┼┼┼┼┼〇●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼❶●●●┼〇●●●┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼〇●〇〇〇S〇〇┼┼●┼┼┨
┠┼❼┼┼●〇┼┼┼⓭┼K┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●〇┼┼M⓳⓫I●┼●●┼┨
┠┼●╋●〇┼┼┼╋┼┼❾G〇┼〇〇┨
┠┼┼┼●〇┼┼〇┼┼┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼O⓯┼┼┼┼⓱Q┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白はGで下図のように平明にヨセても優勢であった。

┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●●〇┯●
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇〇
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇 
┠L┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠┼┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨
┠┼●┼●〇┼〇●┼●●〇〇〇●●〇●
┠┼●●〇┼┼〇┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠●┼┼〇┼┼〇●●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇〇┼┼┼●●╋〇●●〇●╋┼●┨
┠〇●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼●●●●┼〇●●●┼┼┼┼┨
┠┼●〇┼〇●〇〇〇┼〇〇┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼●〇┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓬┨
┠┼┼┼●●〇┼┼┼┼❷┼●┼●●H┨
┠┼●╋●〇┼┼┼╋┼┼┼┼〇❿〇〇┨
┠┼┼┼●〇┼┼〇┼@┼●┼❽〇┼┼┨
┠┼┼❹BD┼┼┼┼┼┼┼┼❻F┼J┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

第11譜(201〜220)
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●K●●〇┯●
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇〇
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇 ⓯ ツギ 
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ ⓭ 取り返し 
┠O┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇⓱ M ⓭の右
┠┼●┼●〇┼〇●┼●●〇〇〇●●〇● Q 劫取り
┠┼●●〇┼┼〇┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠●┼┼〇┼┼〇●●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇〇┼┼┼●●╋〇●●〇●╋┼●┨
┠〇●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼●●●●┼〇●●●┼┼┼┼┨
┠┼●〇⓯〇●〇〇〇〇〇〇┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼●〇┼┼┼●┼〇┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●〇┼┼〇●●〇●S●●⓳┨
┠┼●╋●〇┼┼G❺C┼●〇〇┼〇〇┨
┠┼┼┼●〇┼┼〇E❶┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼⓫I┼┼┼〇●❼A❸┼●〇┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❾┷┷┷┷┷┷┛
木谷・呉共同研究によると白Oが最後の危険な手であった。
一路控えてコスむか白Sと出て、白の勝は動かなかった。
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●┯●〇〇┯●
┠┼┼┼〇〇〇●●●●┼●●〇〇〇〇〇
┠C❺┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
E❸〇❼〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇 
┠A❶┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ 
┠〇┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●〇┨ 
┠┼●┼●〇┼〇●┼●●〇〇〇●●〇● 
┠┼●●〇┼┼〇┼┼┼〇●〇〇〇〇●┨
┠●┼┼〇┼┼〇●●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇〇┼┼┼●●╋〇●●〇●╋┼●┨
┠〇●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇┼●┼┼┼┨
┠┼●〇┼●●●●┼〇●●●┼┼┼┼┨
┠┼●〇●〇●〇〇〇〇〇〇┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼●〇┼┼┼●┼〇┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●〇┼┼〇●●〇●┼●●┼┨
┠┼●╋●〇┼┼〇┼〇┼●〇〇┼〇〇┨
┠┼┼┼●〇┼┼〇〇●┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼●〇┼┼┼〇●●〇●┼●〇┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┛
黒❶から黒❼まで劫材が出来て上辺のヨセ劫を頑張る手段が生じた。
従って白は黒❶に対して下がるよりないが、黒❷白ワタリと譲歩するよりないが
それだと形勢不明であったらしい。

第12譜(221〜240)
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇●●●C❶〇〇┯●
┠┼┼┼〇〇〇●●●●M●●〇〇〇〇〇
┠┼┼┼┼●●〇〇●〇●●●〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇●〇〇〇●┼〇 ❾ 劫取り
┠┼┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨ K 劫取り 
┠〇┼●┼〇┼┼●●●〇〇●●●●┼● 
┠┼●┼●〇┼〇●┼●●〇〇〇●●┼● 
┠┼●●〇┼┼〇A❸┼〇●〇〇〇〇●┨
┠●┼┼〇┼┼〇●●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇〇┼┼┼●●╋〇●●〇●╋┼●┨
┠〇●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇⓱●┼┼┼┨
┠┼●〇┼●●●●┼〇●●●OQ⓳┼┨
┠┼●〇●〇●〇〇〇〇〇〇EI●┼┼┨
┠┼●┼┼●〇┼┼┼●┼〇❺❼⓫┼┼┨
┠┼┼┼●●〇┼┼〇●●〇●〇●●●┨
┠┼●╋●〇⓭┼〇┼〇S●〇〇┼〇〇┨
┠┼┼┼●〇⓯┼〇〇●┼●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼●〇┼┼┼〇●●〇●┼●〇┼G┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┛

第13譜(241〜260)
┏┯┯┯┯〇〇〇〇〇┯┯┯〇┯〇〇┯●
┠┼┼┼〇〇〇┼┼┼┼〇┼┼〇〇〇〇〇
┠┼┼┼┼●●〇〇┼〇┼┼┼〇〇●●〇
┠┼〇╋〇〇〇〇●〇〇〇┼〇〇〇●┼〇 
┠G┼┼┼┼●┼●〇〇〇〇〇〇●┼●┨  
┠〇┼●I〇⓫┼●●●〇〇●●●●┼● 
┠❼●┼●〇┼〇●┼●●〇〇〇●●┼● 
┠┼●●〇M┼〇〇●┼〇●〇〇〇〇●┨
┠●┼┼〇┼❾〇●●〇〇●●〇●●┼●
┠●〇〇┼K⓭●●╋〇●●〇●╋┼●┨
┠〇●〇┼┼┼┼┼┼〇●〇●●┼┼┼┨
┠┼●〇┼●●●●┼〇●●●〇〇●┼┨
┠┼●〇●〇●〇〇〇〇〇〇〇〇●┼┼┨
┠┼●┼┼●〇C┼┼●┼〇●●●┼┼┨
┠┼┼┼●●〇❸E〇●●〇●〇●●●┨
┠┼●╋●〇●❺〇A〇〇●〇〇┼〇〇┨
┠┼┼┼●〇●┼〇〇●❶●┼┼〇┼┼┨
┠┼┼●〇┼┼┼〇●●〇●┼●〇┼〇┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┛

白254手のあと雁金七段の時間が切れた。当時は秒読みが無かった。
「作って6目位白がよかろう」と秀哉名人は言う。
古今の名局であった。

13-0005(1630)
パスワード:
カムイ様、皆さんに感謝アゲハマヤ13年01月07日 21:36
 よくわかりました。お手数を煩わせ申し訳ありません。白6ツギの時黒4とハネル手があると思ったものですから。

13-0004(1629)
パスワード:
鉢の木さん、中断とほる13年01月07日 21:35
久しぶりに対局願ったのに、3分待て、2分、1分と続き中断になりました。
誠に残念ですが、お身体の具合でしょうか。心配です。
このようなことは掲示板のほうがよいのでしょうか。

13-0003(1628)
パスワード:
とほる様有難うございました鉢の木13年01月07日 15:32
ダメが詰まっていない形はまさに仰る通りでお手を煩わせました。カムイさんも有難うございました。今年こそ都合のよろしいときに一局教えてください。

13-0002(1627)
パスワード:
謹賀新年鉢の木13年01月07日 11:53
無事戻ってきました。今年もよろしくお願いします。

13-0001(1626)
パスワード:
アゲハマヤさんへ カムイさんのアドバイスとほる13年01月03日 18:02
┼┼┼┼┼┼┼┼┤  この図になると思います。
┼┼┼┼┼┼┼┼┤  黒は外ダメをつめ、白打ち上げ、
┼┼┼┼┼┼●┼┤  黒コウにしようとしても押しつぶし。
┼┼┼●●●┼●┤  外ダメがあいています。
┼┼┼┼┼○○●❺
┼┼┼●●○E○A  Cははねずにこっちに打つのです。
┼┼┼●○○G❸❶  確認してください。
┴┴┴┴CI❼❾┘

12-1389(1625)
パスワード:
劫がらみの基本死活鉢の木13年01月07日 11:39
劫がらみの基本死活

隅の死活で劫が絡むものは非常に多い。
形で覚えてしまいましょう。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ダメが詰まっていればオキ一発ですが

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○❸❶A
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷E❺C┛
黒❶のつけで劫になります。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷┷┛
急所に置きたくなりますが

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○EC❼○A
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❺○┷❸┷❶┛
黒❶のツケが急所で劫

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼AC○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷❶❸┷┛
黒❶とオクのは白Cでダメ。林海峰が見損じて
有名になった形です。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼AE○❺
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○C❶┷❸┛
ここでつけるのもお尻からこられてダメ

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼○❶
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷A┛
黒❶とハネるのは板六の活き。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷┷┛
白のハネがついています。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼A○❸
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷❶┛
これもツケが急所。黒がつげば放り込み

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼C┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷❸A❶┛
白が押さえれば黒❸

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷┛
白の左側が下がりでなくカケツギなら

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼AC○❶
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷❺❸┛
黒❶と打ち欠きます。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼C○❶
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❺┷○┷❸┷A
白が取れば、黒❸のオキから下がります。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼A○❶
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❸┷○C┷❺┛
白Aのカタツギなら今度は下がりが先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がかけつぎでなくカタツギなら

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●❸
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○C┼○❶
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷A❺┛
眼を欠いてから黒❸と抜いておくのが良い手

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼❺○❶
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❼E┷C❸┷A
白Aの抜きなら黒❸のオキ

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼A○C
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❸❶┷┛
先に置くのはセキになります

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┼○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┛
黒の下がりがあることに注目

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○AC❸○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷❶┷❺┛
急所のオキから行きます。黒❺まで劫

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○AC❸○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷E❶❼❺G
一見すると無条件活きのようですが

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●○○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○❸○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●A┷○┷❶┷○
黒は四子にして捨て急所に置いて押す手無しです。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
よく見る形

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼●●○E
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○C○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○❼G┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❺❶A❾❸┛
ハネからオキ

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○❸○○I
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○C┼E❾
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❶A❼❺G
黒❸と出るのはまずく押しつぶしになります

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼●●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼●●○I
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○❸○○❾
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○C┼E⓫
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❶A❼❺G
しかし右辺に黒の下がりがあると、話は別で
真ん中に黒❾と置いて劫になります

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この形も良く出てきますが

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼❾⓫
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼●GI
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●○○❼
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○C❸E
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❶A❺
黒❶のオキが正しい。白Eが肝要で一手ヨセ劫。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼❼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼●EG
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼❶A
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❺┷C❸┛
黒❶はよくある間違い。無条件活きでした。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❶┷A┷┛
ハネもかけつがれて無条件活き。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷┛
置き碁でよく出来る形

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼❸C
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷❶A┛
急所に置いて劫は見易いところ

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○❶
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○E❺┼A
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷C❸┛
ハネからいっても劫。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼●┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○❶
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○E❺┼A
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷C❸┛
白のダメが空いているときはハネから

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○C❸❶A
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷❺E┛
つけても劫

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
一合枡。標準形

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○C❶A
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❸❺E┛
黒❶はこの一手。白はAとつけます。
Aの反対側を黒❸とハネて劫

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●●❾
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●○○○C
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼❸❼
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○A❶E
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷G❺┛
白がぶつかるのは安楽死

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●○○○❼
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼G❾
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○❸❺I
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷E❶CA┛
黒❶とハネても劫ですが劫に負けた時の
損が大きい

『玄玄碁経』から劫がらみの詰碁

「小猪嘴勢」

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┛
<正解>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼❷@
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷B❹●D┛

「猪嘴勢」

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┛
<正解>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○●●B
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼❷@
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❹┷●D┛

「六貴同朝勢」
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○●●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
<正解>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○●●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●@FD❻
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❹❷B❽┛

「小機勢」

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
<正解>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○❷●●❹
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●@┼●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷B┷D❻
<失敗>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○❷●●F
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●@┼●❽
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷H┷B❹D❻
<失敗>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○@●●❹
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●❷❻●D
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷B┛

「老僧入定勢」

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼●┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○●┷┷┷┷┛
<正解>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●○●D
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼●B❷
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○●┷@┷❹┛
<失敗>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●❻●❹❷
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○●┷@DB┛
<失敗>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○┼○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●○●❹
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●B●❷D
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○●┷@F┷❻

12-1388(1624)
パスワード:
あてるかあてないか鉢の木12年12月20日 19:43
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽F┼H┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼B┼┼┼@┼❻D┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋❹┼┨
白@のかかりから三三に入ってHとかけつぐ形があります

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯❶┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○A○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○❸●○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
何が何でも黒❶とあて白Aと替っておきます。
白Aで劫に受けるのは無理です。
こういうところを当てないと足元を見られ、
相手になめられることになります。

黒❶とあてないでおくと
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯❿┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼H●○┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○●●○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼❽┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼い┼┼❻┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●❹@┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼J┼B❷F
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼D┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨

黒が❷とつけた時、ハネ出してくる恐れがあります。
外を利かされ、手を抜くと「い」の覗きまで打たれそうです

12-1387(1623)
パスワード:
定石その後鉢の木12年12月20日 11:30
以前にもUPした記憶があるのですが、古いPCから記録が取り出せなくて確認できません。
ご容赦ください。

小目一間かかりケイマにはさむ有名定石です。
シチョウが良い時は白@と曲がる一手。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼F┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●@┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●D
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼B┼○●❻┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❹┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Fのあと普通は下図のように変化します。
黒❿は一間飛びでなくハネるのが正しいと考えています。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓬┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❿HF┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽●@┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●D
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼BJ○●❻┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❹┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
三段位の頃プロの先生に黒⓮までと打って
黒の地が多く、断然黒良しと思うと言ったら
笑われました。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼F┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼L┼●@┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓬J●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❿H○●●D
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼⓮B❽○●❻┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❹┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白にNとぐいと曲げられて断然白良しなのだそうです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼F┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼NL┼●@┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓬J●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❿H○●●D
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼⓮B❽○●❻┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❹┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ああその通りだと納得したのは六段になってからでした。
プロが私のように打たないのは訳があったのでした。
ただし白が曲げないで黒に⓯と押されるととたんに黒が
良くなってしまうのでした。

12-1386(1622)
パスワード:
定石その後とほる12年12月19日 21:02
鉢の木さんありがとうございます。
私だったら多分抜くでしょう。
定石書はその後の変化が書ききれないのでいつも不消化です。
(もっとも無理なんでしょうが)
だから鉢の木さんの解説はとても貴重なのです。
今度これを打ってみます。

12-1385(1621)
パスワード:
定石その後鉢の木12年12月18日 15:49
とほる様の仰るようになれば黒は万々歳でしょう。
地の好きな白さんならこの変化でも打てるというかも知れませんが。黒がやや有利かと思います。
黒❾と下がった後、白からの利きを無くするため白Iと抜くか、コスんでおくのが良いと思います。
その後の変化を考えてください。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❸○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼❺AC❼❾┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E┼G┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼I┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❸○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼❺AC❼❾┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E●G┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼I┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1384(1620)
パスワード:
定石その後とほる12年12月14日 16:56
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ こんなふうに打っていくものでしょうか。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ なんだか黒が厚いような気がするのですが。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ あるいは白は@で❷に当てて外回りを
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ めざすのでしょうか。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ Fは❺の上です。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●@┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽○●●○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●○○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹○●○B┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❻D┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1383(1619)
パスワード:
カタつぎすると鉢の木12年12月14日 11:58
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼F┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼@○❻┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○❷┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○B❹┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○D┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がつぶれてしまうのでした

12-1382(1618)
パスワード:
とほる様鉢の木12年12月14日 11:53
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼ 
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼ 
┠○●●┼┼┼┼┼┼
┠○○●┼┼┼┼┼╋
❺❸E○●●┼┼┼┼ 
┠❶A○┼┼┼┼┼┼
❼CG┷┷┷┷┷┷┷

この形の時はとほる様の仰る押しつぶしに持って行かれそうです

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼ 
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼ 
┠○●●┼┼┼┼┼┼
┠○○●┼┼┼┼┼╋
┠❸┼○●●┼┼┼┼ 
┠❶A○┼┼┼┼┼┼
❺C┷┷┷┷┷┷┷┷
放り込みから行く方が良さそうです

12-1381(1617)
パスワード:
ラッパつぎ鉢の木12年12月14日 00:15
ラッパつぎ

かけつぎと形が似て非なるものにラッパつぎがあります。
これは陣笠ほどではなくても悪形の一つに数えられています。
定石のその後を調べていて、ここはラッパつぎでなければ
ならないと思った形が一つだけあります。
この例外的な一つを紹介します。

二間高ガカリ定石
白Cと飛んでくるとこの後黒から打つ場所がいろいろあります。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼CCDA┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼B┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼AE┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
主なものだけでもAからEと手抜きの6個あります。
その中で一番実戦で打たれるのがCのつけでしょうか。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼EB┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C❺┼A┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼A╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Eと打つと黒はAと引くか、Bとハネていくか
2通りの変化があります。Bとハネる変化を考えてみましょう。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●A○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼❸╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ここで白Aと切るのは大抵筋が悪いとしたもので、
読む順番としては最後に読む手です。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❸○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼A╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒のツケハネには白Aとアテてゆくのが緩まない形。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❸○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼❺AC❼❾┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E●G┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
このように変化してゆくでしょう。
さて筋悪に切った後どうなるか
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●A○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼❸╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Cとあてるよりなく
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ICEG┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶❺❼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●A○❾┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼❸╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
こんな形の古い定石があります。しかし
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❾❺C┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❼○❶E┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●A○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼❸╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
意地悪く黒❺と切るとどうなるか白G黒❾となって
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋D┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B❷❻┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹●@┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は厳しく二段バネ。
白が下からアテて這うのは論外なので上からDとあてる。
黒❻と伸びたところが考えどころ
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼@┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ここで白@とラッパつぎするのが良い手なのでした。
どうしてカタつぎが悪いか考えてください。
定石の変化に現れた唯一ラッパつぎが良い手になる例でした。

12-1380(1616)
パスワード:
 鉢の木さんへ 一手寄せ劫の問題とほる12年12月13日 17:14
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼ ❼の下がりが良い手なのですね。
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼
❺○●●┼┼┼┼┼┼
E○○●┼┼┼┼┼╋
┠A┼○●●┼┼┼┼
C❶❸○┼┼┼┼┼┼
┗┷❼┷┷┷┷┷┷┷

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼ こっちからAときた場合は
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼ 左図で良いのでしょうか。
┠○●●┼┼┼┼┼┼
┠○○●┼┼┼┼┼╋
❺❸┼○●●┼┼┼┼ 同じように❺と下がってみます。
┠❶A○┼┼┼┼┼┼
┗C┷┷┷┷┷┷┷┷

12-1379(1615)
パスワード:
一手ヨセ劫解答鉢の木12年12月12日 15:20
正解手順を下図のように考えていました。
とほる様の危惧もありますので、もう少し
考える必要があります。けれども外にはみ出ても
活きられるかどうか。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼
❺○●●┼┼┼┼┼┼
E○○●┼┼┼┼┼╋
┠A┼○●●┼┼┼┼
C❶❸○┼┼┼┼┼┼
┗┷❼┷┷┷┷┷┷┷

12-1378(1614)
パスワード:
ZARUGOさんへ。とほる12年12月12日 10:03
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ Iはここに打ちます。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 押しつぶしを避けてEのところにつげば
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 白は外にとびだします。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 逃がしてしまうような気がするのですが。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
G○○●●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❼❸┼○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
E❶C○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❾AI┷❺┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1377(1613)
パスワード:
一合枡類似問題(1手ヨセコウ)解答ZARUGO12年12月11日 18:25
<問題図> 1手ヨセ劫にして下さい
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
G○○●●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❼❸I○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
E❶C○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❾A⓫K❺⓭┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白14は2のところ

12-1376(1612)
パスワード:
一手寄せ劫とほる12年12月10日 15:00
セキの問題をうなっていたら「一手寄せ劫」が出題されました。
これは鉢の木さんが書かれているようによく出る形です。
でも改めて考えると難しい。
解答が出る前にどなたかよろしくお願いします。

12-1375(1611)
パスワード:
とほる様お見事正解です鉢の木12年12月08日 17:47
セキの中の地は数えません。中国式ルールと一番違うところです。私は数えるべきだと思っているのですが

12-1374(1610)
パスワード:
セキ 8・9・10問とほる12年12月08日 16:36
第8問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❶一発です。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○●●●┼┼┼╋┼┼┨
○○A○○●┼┼┼┼┼┼┨
C❸❶┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗○┷●○●┷┷┷┷┷┷┛

第9問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❶と伸びてセキ。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●●┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○A●┼●┼┼╋┼┼┨
●C○●○●┼┼┼┼┼┼┨
○○❸○○●┼┼┼┼┼┼┨
┗●❶┷○●┷┷┷┷┷┷┛

第10問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 変わった形のセキです。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ この掛け目は1目になりませんか。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○○○●●┼╋┼┼┨
┠┼●○┼❸○●┼┼┼┼┨
┠●○○❶┼○●┼┼┼┼┨
┗●○┷AC○●┷┷┷┷

12-1373(1609)
パスワード:
不思議なこと鉢の木12年12月06日 14:22
観戦していて歯がゆく思うことがあります。
置き碁で<1図>星から小ケイマ締りの黒に対して
白が@とつけて行くのは発生頻度ベストテンに
入る手です。外から抑えるとほぼ下図のようになります。
けれどもその後<2図>のように黒は外を押さえ
白は隅に9目の大きな地を持って治まります。
これで良いのでしょうか。昔からこの形は黒から打って
1手ヨセ劫と云うことになっています。しかしながら
観戦していて黒が1手ヨセ劫に持って行ったことは
1度もありません。不思議なことです。知らないのでしょうか。
1手ヨセ劫でも劫は劫。白にとって脅威であることには
変わりありません。読み切れなければ、とにかく放って置くこと。
心ある上手ならやがて2の二に手を入れるでしょう。一手
違います。

さて黒が2の二へ打って一手寄せ劫、これを問題とします。


<1図>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠HF●❹┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼@❷┼❿┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼DB❻┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
<2図>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❶●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○●●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠A┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

<問題図> 1手ヨセ劫にして下さい
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○●●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❶┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1372(1608)
パスワード:
とほる様調子が出てきました鉢の木12年12月06日 13:07
惜しむらくは第6問、黒❸と放り込んではいけません。1目損です。セキの地は数えないので放り込むとハマを1目損します。押しつぶしにくれば尻尾の2子を取って損得ありません。

12-1371(1607)
パスワード:
セキ5・6・7問とほる12年12月06日 12:03
第5問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❶一発です。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
○○○●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❶○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷○●┷┷┷┷┷┷┷┛

第6問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 白は2目を助けるでしょう。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❸C○●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
A○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❶┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗❺○●┷┷┷┷┷┷┷┷┛

第7問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓これも❶一発です。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨重ねて、どなたか 第3問をお願いします。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○●●┼●┼┼┼╋┼┼┨
┠○○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
A❶┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┗❸┷○●┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1370(1606)
パスワード:
とほる様正解!鉢の木12年12月06日 11:54
調子が出てきました。どんどん解いてください。

12-1369(1605)
パスワード:
セキ第4問とほる12年12月06日 11:52
第4問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❸で白は打ちようがなくセキだと思います。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 頑張れば、一方的に白不利なコウになります。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 第3問はパスしました。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ どなたかお願いします。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●┼●┼┼┼┼┼┼┨
●○○○●┼┼┼┼╋┼┼┨
○┼┼A○●┼┼┼┼┼┼┨
┠○❶┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗❸┷┷○●┷┷┷┷┷┷┛

12-1368(1604)
パスワード:
失題でした鉢の木12年12月06日 10:01
解答を作成していて気がつきました。

第23問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼●●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●○○●●┼╋┼┼┨
┠●○○○┼○●┼┼┼┼┨
┠●○┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┗●┷┷┷○┷●┷┷┷┷┛
当初考えていた正解とその手が何故
いけないのかを考えてください

12-1367(1603)
パスワード:
とほる様第2問も正解です鉢の木12年12月05日 19:56
抜け目なく黒❸を利かしておくことが大切。お見事でした。第3問は白が頑張るとセキになるという得をする問題と考えてください。

12-1366(1602)
パスワード:
セキの問題とほる12年12月05日 17:19
第2問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○●┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠C○●●┼┼┼┼╋┼┼┨
❸○○○○●┼┼┼┼┼┼┨
❶A●┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗❺┷┷○●┷┷┷┷┷┷┛


┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 白はコウを避けるのでどうしても           ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ セキになります。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨ (コウに負けると白は全部とられます)
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○●┼┼●┼┼┼┼┼┼┨ 第3問は難しい。
┠❺○●●┼┼┼┼╋┼┼┨ どなたかお願いします。
A○○○○●┼┼┼┼┼┼┨
❶❸●┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗┷C┷○●┷┷┷┷┷┷┛

12-1365(1601)
パスワード:
劫の粘り鉢の木12年12月04日 12:54
劫は碁のルールの中でも特殊な性質を持っています。
囲った地の大小を競う、周囲をぴったりダメを詰めた
石は盤上から取り除き相手の地を埋めることが出来る
といったルールとは異質なものです。しかし碁がゲーム
として成立するためにはなくてはならないルールで
「碁の華」とも云える性質があります。
劫は常に劫立てと密接な関連があって、「初劫に劫無し」とか
「三手ヨセ劫は劫に非ず」とかいう格言もあります。けれども
劫材が豊富であれば「三手ヨセ劫」が「五手ヨセ劫」であっても
又「二段劫」であってもとことん頑張りぬいて不利な局面をひっくり返す
ことが出来たりもします。次の棋譜は私が若い頃、とても感心した碁で
林海峰の粘りには感嘆しました。林海峰が三連敗した後このジゴ勝から
四連勝した記念すべき対局でした。石田芳夫の序盤の味悪の形が、ここまで
たたるとは・・・劫の多い棋譜は並べるのが面倒なので敬遠するのですが
この碁だけは何回も並べました。

第12期名人戦挑戦手合第4局

 白 林 海峰
 黒 石田 芳夫
         昭和48年9月25、26日


第1譜(1〜20)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼S┼┼┼G❼❾┼┼┨
┠┼O╋┼K┼⓭┼╋┼┼┼QE╋❶┼┨
┠┼❺┼⓫M┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳┼┼┨
┠┼⓱┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼I⓯┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❸┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Cが目外しなので黒⓳と打つ気分。

第2譜(21〜40)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓯⓱┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼○┼┼┼○●●MO┨
┠┼○╋┼○┼●┼╋┼┼┼○○K●┼┨
┠┼●┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓫┼⓭A┼┨
┠┼○●┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼Q❾┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼GS┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E❼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼I┼┼┼╋❶┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼C┼❺┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒⓭はAにかけつぐのが普通です。ここの味悪が
この碁ではとことん祟った。

第3譜(41〜60)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯⓭┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼K┼┼●●┨
┠┼┼○┼┼┼┼Q○S┼┼○●●○○┨
┠┼○╋┼○┼●⓳⓱┼┼┼○○○●┼┨
┠┼●┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼⓫┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼I┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❸┨
┠┼❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○❶┨
┠┼┼┼┼O┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●A┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼○┼┼┼E●❺┨
┠┼⓯┼┼G┼┼┼┼○┼●┼○┼C❼┨
┠┼┼M┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

第4譜(61〜80)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯●┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●●┨
┠┼┼○┼┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
┠┼○╋┼○┼●●●┼┼┼○○○●┼┨
┠┼●┼●○┼┼┼┼┼┼M┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼❶┼A●┼●┼┼┨
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼C❸┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼QK┼┼E❺┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼⓱┼┼┼┼G❼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼I❾┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓫┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┨
┠┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○┨
┠┼┼●┼S⓯┼┼⓭┼○┼┼┼○●●┨
┠┼●┼┼○O⓳┼┼○┼●┼○┼○●┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶は軽く打たねばならなかった。Kとかその
一路右とか、白Aから決めてこられて動きにくく
なりました。

第5譜(81〜100)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯●┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●●┨
┠┼┼○┼┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
┠┼○╋┼○┼●●●┼┼┼○○○●┼┨
┠┼●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼●┼○●┼●┼┼┨
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼○○┼┼○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼●┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼○●┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼⓫❾MS┼○○●┨
┠┼┼┼┼○┼┼┼┼G❼E⓭┼○●○┨
┠┼┼●┼○●A┼●I○❺K⓳○●●┨
┠┼●┼┼○○●❸┼○┼●⓯○┼○●┨
┠┼┼○┼C❶┼┼┼Q⓱┼┼O┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Oがおかしい。
┠┼┼●┼┼●┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼○●┼┼●┼┼┨
┠┼┼⓬┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼⓮L┼J┼┼┼┼┼┼❷❹┼○●●┨
┠┼●┼┼┼┼❿┼┼●●○BD○○●┨
┠┼┼┼┼○┼┼┼❻○●○●┼○●○┨
┠┼┼●┼○●○┼●○○●○@○●●┨
┠┼●┼┼○○●●┼○┼●●○┼○●┨
┠┼N○┼○●┼┼┼┼F┼┼H┼❽┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
素直についでおいて、黒❿には、白Nまで治まって
充分でした。

第6譜(101〜120)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯●┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●●┨
┠┼┼○┼┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
┠┼○╋┼○┼●●●┼┼┼○○○●┼┨
┠┼●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼●┼○●┼●┼┼┨
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼○○┼┼○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼●┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼○●┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼SMK┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼Q⓯⓭┼┼┼┼○●●┨
┠┼●┼┼┼┼┼OI●●○○┼○○●┨
┠┼┼┼┼○┼┼⓫❶○●○●┼○●○┨
┠┼┼●┼○●○┼●○○●┼●○●●┨
┠┼●┼┼○○●●┼○⓳●●○┼○●┨
┠┼┼○┼○●C❺❾○●❸┼○┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷E┷G❼A⓱┷┷┷┷┷┷┛

第7譜(121〜140)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯●┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●●┨
┠CE○┼┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
┠❸○❺┼○┼●●●┼┼┼○○○●┼┨
┠┼●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼●┼○●┼●┼┼┨
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼❾G┼┼○○┼┼○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●S┼●┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋⓳M┼┼┼╋┼○●┼┼●⓫┼┨
┠┼┼❼Q┼┼┼┼┼┼┼●┼○I┼┼┨
┠┼⓱O┼┼┼┼┼○○○A┼┼┼●┼┨
┠┼⓭K┼┼┼┼○●●┼┼┼┼○●●┨
┠┼●┼┼┼┼┼○○●●○○┼○○●┨
┠┼┼┼┼○┼┼●●○●○●┼○●○┨
┠┼┼●┼○●○┼●○○●┼●○●●┨
┠┼●┼┼○○●●❶○●●●○┼○●┨
┠┼┼○┼○┼○●●○●●┼○┼⓯┼┨
┗┷┷┷┷┷○┷○●○●┷┷┷┷┷┷┛

第8譜(141〜160)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯●┯┯┓
S┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●●┨
⓳○○○C┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
┠●○●❸○┼●●●┼┼┼○○○●┼┨
┠⓭●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┨
┠┼●┼❺E┼┼┼┼●┼○●┼●┼┼┨
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼○○┼┼○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼●┼┼┼┼○●┼❾┼┼┼┨
┠┼┼❶●○┼┼┼╋┼○●┼G●●┼┨
┠┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼●┼○○┼┼┨
┠┼●○┼A┼┼┼○○○○┼K⓫●┼┨
┠┼●○┼┼┼┼○●●┼┼┼┼○●●┨
┠┼●Q┼┼┼┼○○●●○○┼○○●┨
┠┼┼┼┼○┼I●●┼●○●┼○●○┨
┠┼┼●┼○●○┼●┼┼●┼●○●●┨
┠⓱●┼┼○○●●●┼●●●○❼○●┨
┠⓯M○┼○┼○●●┼●●┼○┼●┼┨
┗O┷┷┷┷○┷○●┷●┷┷┷┷┷┷┛

第9譜(161〜180)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯S●┯┯┓
○E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●●┨
●○○○○┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
❶●○●●○┼●●●┼┼┼○○○●┼┨
┠●●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┨  
┠┼●┼●○┼┼┼┼●┼○●┼●┼┼┨  
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼○○┼┼○●┼⓯┼┼┼┨
┠┼┼●○┼●┼┼┼┼○●┼●M┼┼┨
┠┼┼●●○┼┼┼╋┼○●┼○●●┼┨
┠┼┼●○⓫K┼┼┼┼┼●┼○○C❺┨
┠┼●○┼○┼┼┼○○○○┼○●●┼┨
┠┼●○┼┼┼┼○●●┼┼Q⓱○●●┨
┠┼●○┼┼┼┼○○●●○○┼○○●┨
┠┼❸A┼○┼○●●┼●○●┼○●○┨
┠┼┼●┼○●○┼●┼┼●┼●○●●┨
┠●●┼┼○○●●●┼●●●○●○●┨
┠●○○┼○┼○●●┼●●┼○G●┼┨
┗○┷┷┷┷○❼○●┷●┷┷┷┷┷┷┛

❾つぎ I劫取り ⓭劫取り O劫取り
⓳劫取り

《参考図》
黒⓯で❶とつげば少し得ですが
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯●┯┯┓
○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●●┨
●○○○○┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
●●○●●○┼●●●┼┼┼○○○●┼┨
┠●●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┨  
┠┼●┼●○┼┼┼┼●┼○●┼●┼┼┨  
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼○○┼┼○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼●┼┼┼┼○●❶●○┼┼┨
┠┼┼●●○┼┼┼╋┼○●┼○●●┼┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼┼●┼○○○●┨
┠┼●○┼○┼┼┼○○○○┼○●●┼┨
┠┼●○┼┼┼┼○●●┼┼┼┼○●●┨
┠┼●○┼┼┼┼○○●●○○┼○○●┨
┠┼●○┼○┼○●●┼●○●┼○●○┨
┠┼┼●┼○●○┼●┼┼●┼●○●●┨
┠●●┼┼○○●●●┼●●●○●●●┨
┠●○○┼○┼○●●┼●●┼○○●┼┨
┗○┷┷┷┷○┷○●┷●┷┷┷┷┷┷┛
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯E●┯┯┓
○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼❼●●┨
●○○○○┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
●●○●●○┼●●●┼┼┼○○○●⓯┨
┠●●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼┼●M┼┨  
┠┼●┼●○┼┼┼┼●┼○●┼●O┼┨  
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼○○┼┼○●⓭KIG┼┨
┠┼┼●○┼●┼┼┼┼○●❶●○❸❾┨
┠┼┼●●○┼┼┼╋┼○●┼○●●A⓫
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼┼●┼○○○●C
┠┼●○┼○┼┼┼○○○○┼○●●❺┨
┠┼●○┼┼┼┼○●●┼┼┼┼○●●┨
┠┼●○┼┼┼┼○○●●○○┼○○●┨
┠┼●○┼○┼○●●┼●○●┼○●○┨
┠┼┼●┼○●○┼●┼┼●┼●○●●┨
┠●●┼┼○○●●●┼●●●○●●●┨
┠●○○┼○┼○●●┼●●┼○○●┼┨
┗○┷┷┷┷○┷○●┷●┷┷┷┷┷┷┛
以下白Oまでひどい攻め取りになってしまって
大損です。

第10譜(181〜200)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○●┯┯┓
○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○I❶●●┨
●○○○○┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
●●○●●○┼●●●┼┼┼○○○●┼┨
┠●●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼E●┼┼┨  
┠┼●┼●○┼┼┼┼●┼○●❼●┼┼┨  
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼○○┼┼○●┼●┼┼┼┨
┠┼┼●○┼●┼┼┼┼○●┼●○⓭┼┨
┠┼┼●●○┼┼┼╋┼○●┼○●●K┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼C●┼○○○●Q
┠┼●○┼○┼┼┼○○○○┼○●●⓳┨
┠┼●○┼┼┼┼○●●┼┼○●○●●┨
┠┼●○O┼┼┼○○●●○○┼○○●┨
┠┼●○⓯○┼○●●┼●○●┼○●○┨
┠┼┼●❾○●○┼●┼┼●┼●○●●┨
┠●●❸┼○○●●●┼●●●○●●●┨
┠●○○┼○┼○●●┼●●┼○○●┼┨
┗○┷┷┷┷○❺A●┷●┷┷┷┷┷┷┛

G劫取り ⓫劫取り M劫取り ⓱劫取り
S劫取り 

第11譜(201〜220)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○●┯┯┓
○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●●●┨
●○○○○┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
●●○●●○┼●●●┼┼┼○○○●┼┨
┠●●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼○●┼┼┨  
┠┼●┼●○┼┼┼┼●┼○●●●┼┼┨  
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼○○┼┼○●┼●⓱I┼┨
┠┼┼●○┼●┼┼┼┼○●┼●○●⓫O
┠┼┼●●○┼┼┼╋┼○●❶○●●○┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼○●⓳○○○●○
┠┼●○❼○┼┼┼○○○○S○●●●┨
┠┼●○G┼┼┼○●●┼┼○●○●●┨
┠┼●○○┼┼┼○○●●○○A○○●┨
┠┼●○●○┼○●●┼●○●C○●○┨
┠┼┼●●○●○┼●┼┼●❺●○●●┨
┠●●●⓭○○●●●┼●●●○●●●┨
┠●○○M○┼○●●┼●●┼○○●┼┨
┗○┷┷┷┷○❸A●┷●┷┷┷┷┷┷┛

E劫取り ❾劫取り K劫取り ⓯劫取り
Q劫取り

第12譜(221〜240)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○●┯┯┓
○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●●●┨
●○○○○┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
●●○●●○┼●●●┼┼┼○○○●O┨
┠●●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼○●⓱┼┨  
┠┼●┼●○┼┼┼┼●┼○●●●┼┼┨  
┠┼○●┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼○○┼┼○●A●●○I┨
┠┼┼●○┼●┼┼┼┼○●❸●⓫●●○
┠┼┼●●○┼┼┼╋┼○●●○●●○┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼○●●○○○●○
┠┼●○┼○┼┼┼○○○○○○●●●┨
┠┼●○○┼┼┼○●●❺┼○┼○●●┨
┠┼●○○┼┼┼○○●●○○○○○●┨
┠┼●○●○┼○●●┼●○●○○●○┨
┠┼┼●●○●○┼●┼┼●●●○●●┨
❼●●●●○○●●●┼●●●○●●●┨
E●○○○○┼○●●┼●●┼○○●┼┨
❾○⓭MS⓳○❶C●┷●┷┷┷┷┷┷┛ 

 G劫ツギ(❶) K劫取り ⓯劫取り
 Q劫取り
白Eで劫つぎは黒Eと打たれて1目負け。
白Eとはねて二段劫にします。

第13譜(241〜260)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○●┯❸┓
○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●●●A
●○○○○┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
●●○●●○┼●●●┼┼┼○○○●○┨
┠●●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼○●●M┨  
┠┼●┼●○┼┼┼┼●┼○●●●S⓯┨  
┠┼○●❺○┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼●○K┼○○┼┼○●┼●●○○┨
┠┼┼●○⓫●┼┼┼┼○●●●●●●○
┠┼┼●●○┼┼┼╋┼○●●○●●○┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼○●●○○○●○
┠┼●○┼○┼┼┼○○○○○○●●●┨
┠┼●○○Q┼┼○●●●┼○┼○●●┨
┠┼●○○⓱┼┼○○●●○○○○○●┨
┠┼●○●○┼○●●┼●○●○○●○┨
┠G❾●●○●○┼●┼┼●●●○●●┨
●●●●●○○●●●┼●●●○●●●┨
C●○○○○┼○●●┼●●┼○○●┼┨
❶○E○○┷○○○●┷●┷┷┷┷┷┷┛

❼劫取り I劫取り ⓭劫取り O劫取り
⓳劫取り 

第14譜(261〜262)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○●┯●┓
○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●●●○
●○○○○┼┼┼○○○┼┼○●●○○┨
●●○●●○┼●●●┼┼┼○○○●○┨
┠●●┼●○┼┼┼┼┼┼○┼○●●○┨  
┠┼●┼●○┼┼┼┼●┼○●●●○●┨  
┠┼○●●○┼┼┼┼┼┼○●┼┼❶┼┨
┠┼┼●○○┼○○┼┼○●┼●●○○┨
┠┼┼●○●●┼┼┼┼○●●●●●●○
┠┼┼●●○┼┼┼╋┼○●●○●●○┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼○●●○○○●○
┠┼●○┼○┼┼┼○○○○○○●●●┨
┠┼●○○○┼┼○●●●┼○┼○●●┨
┠┼●○○●┼┼○○●●○○○○○●┨
┠┼●○●○┼○●●┼●○●○○●○┨
┠○●●●○●○┼●┼┼●●●○●●┨
●●●●●○○●●●┼●●●○●●●┨
A●○○○○┼○●●┼●●┼○○●┼┨
┗○○○○┷○○○●┷●┷┷┷┷┷┷┛ 

262手完 白劫ツギ 白ジゴ勝

12-1364(1600)
パスワード:
とほる様正解です鉢の木12年12月04日 12:51
この調子でほかの問題もどんどん片づけてください。
しばらく病院で休養してきました。

12-1363(1599)
パスワード:
セキの問題とほる12年12月04日 11:55
第1問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❶❸でどうでしょうか。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 鉢の木さんがあらわれて安心しました。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●┼●┼┼┼┼┼┼┨
●○○○●┼┼┼┼╋┼┼┨
○○┼A○●┼┼┼┼┼┼┨
❸❶●┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗○○┷○●┷┷┷┷┷┷┛

12-1362(1598)
パスワード:
セキにしましょう鉢の木12年12月04日 08:53
「セキ作り」

セキは相手の地をゼロにするので大変大きな
ヨセになります。「先手ゼキ」は丸儲けと云える
ヨセで、気持ちの良いヨセの筆頭格です。
以前にもアップしましたが、「セキ」にする易しい問題です。
どんどん「セキ」を作りましょう。


《問題篇》

第1問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●┼●┼┼┼┼┼┼┨
●○○○●┼┼┼┼╋┼┼┨
○○┼┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗○○┷○●┷┷┷┷┷┷┛

第2問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○●┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○○○○●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷○●┷┷┷┷┷┷┛

第3問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●●●┼┼┼┼┼┨
┠●┼●○○○●●┼┼┼┨
┠┼●○○┼●○●╋┼┼┨
┠●○┼┼┼○○●┼┼┼┨
┠●○┼○┼┼○●┼┼┼┨
┗●○┷┷┷○●●┷┷┷┛

第4問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●┼●┼┼┼┼┼┼┨
●○○○●┼┼┼┼╋┼┼┨
○┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷○●┷┷┷┷┷┷┛

第5問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
○○○●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷○●┷┷┷┷┷┷┷┛

第6問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷○●┷┷┷┷┷┷┷┷┛

第7問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○●●┼●┼┼┼╋┼┼┨
┠○○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷○●┷┷┷┷┷┷┷┛

第8問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○●●●┼┼┼╋┼┼┨
○○┼○○●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗○┷●○●┷┷┷┷┷┷┛

第9問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●●┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○╋●┼●┼┼╋┼┼┨
●┼○●○●┼┼┼┼┼┼┨
○○┼○○●┼┼┼┼┼┼┨
┗●┷┷○●┷┷┷┷┷┷┛

第10問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○○○●●┼╋┼┼┨
┠┼●○┼┼○●┼┼┼┼┨
┠●○○┼┼○●┼┼┼┼┨
┗●○┷┷┷○●┷┷┷┷┛

第11問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┨
●●●●●┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○○○○●┼┼┼┼┼┼┨
○┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗●┷○○●┷┷┷┷┷┷┛

第12問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●●●┼┼┼╋┼┼┨
○○○○○●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷○●┷┷┷┷┷┷┛

第13問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●●●┼┼┼╋┼┼┨
○○○○┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷○●┷┷┷┷┷┷┛

第14問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○●●●●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○○○●┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷○●┷┷┷┷┷┛

第15問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●●┼┼┼┼┼┼┼┨
●○┼○●┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
○┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷○●┷┷┷┷┷┷┷┛

第16問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○●●┼┼┼┼┼┼┼┨
○○┼○●┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
●┼○●┼●┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷●┷┷┷┷┷┷┷┷┛

第17問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠┼●●●●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○○○●●┼╋┼┼┨
┠●○○┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠●○┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┗●○┷○○○●┷┷┷┷┛

第18問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●●┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○┼●●●┼╋┼┼┨
┠●○┼┼○○●┼┼┼┼┨
┠●○┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┗●○┷○○○●┷┷┷┷┛


第19問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○┼○●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

第20問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●┼●┼┼┼┼┼┼┨
●┼○○●┼┼┼┼╋┼┼┨
○●┼○○●┼┼┼┼┼┼┨
○○┼┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷○○●┷┷┷┷┷┷┛

第21問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○●●●┼┼┼╋┼┼┨
○○┼○○●┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●○●┼┼┼┼┼┨
┗┷┷○○○●┷┷┷┷┷┛

第22問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●○○●┼┼┼╋┼┼┨
○○○┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷○●┷┷┷┷┷┷┛

第23問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼●●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●○○●●┼╋┼┼┨
┠●○○○┼○●┼┼┼┼┨
┠●○┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┗●┷┷┷○┷●┷┷┷┷┛

第24問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗○●●┷┷┷┷┷┷┷┷┛

第25問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼●●●┼●┼┼┼┼┨
┠┼●○○○●┼┼┼┼┼┨
┠●○╋┼┼○●┼╋┼┼┨
┠●○┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┠●○┼┼┼○●┼┼┼┼┨
┗●○┷┷┷○●┷┷┷┷┛

第26問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●┼●┼┼┼┼┼┼┨
●○○○●┼┼┼┼╋┼┼┨
○┼┼○○●●┼┼┼┼┼┨
┠○┼┼┼○●┼●┼┼┼┨
┗┷┷┷○○○●┷┷┷┷┛

第27問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●●┼┼┼┨
┠┼┼●●○○○●┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼┼○●┼┼┨
┠┼●○┼○┼┼○●┼┼┨
┠●●○┼┼┼○○●┼┼┨
┠┼●○┼┼┼○●●┼┼┨
┗●○○┷┷○●●┷┷┷┛

第28問 黒番
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●●●●┼┼┼┼┼┨
┠○○●○○●┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●○○●┼╋┼┼┨
┠┼┼○○○●┼●┼┼┼┨
┠┼○┼●●┼●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1361(1597)
パスワード:
続どれだけ取れば活きるの解答鉢の木12年11月18日 12:48
黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼●●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●●┼●○●┼┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼┼●┼┼○○●○○┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○●●●○●┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼○○●●❶●●○○┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●●○●○●○●●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○○●○●○○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼●○●○●┼●●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●╋○●○┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼●●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●●┼●○●┼┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼┼●┼┼○○●○○┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○●●●○●┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼○○●●❶●●○○┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●●○●❸●○●●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○○●A●○○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼●○●○●┼●●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●╋○●○┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼●●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●●┼●○●┼┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼┼●┼┼○○A○○┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼❶┼○●┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼○○C❸┼❺E○○┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●●○┼❼┼○●●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○○┼○┼○○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼●○●○●┼●●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●╋○●○┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
見事な中央五目中手でした。

12-1360(1596)
パスワード:
後手22目鉢の木12年11月15日 23:09
白@と切る手は、大ヨセでも横綱級の大きさ
後手22目です。20目を超える大ヨセは滅多に
ありません。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●@┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○●●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
その後どうなるか
(A図)
┏┯┯IG❾┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼DB❹⓫┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●@❷┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 黒❼手抜き
┠○●●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
(B図)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
❸❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
A❶●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
C○○●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○●●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒からここを打つなら黒❶の押さえ。
A図とB図の差が22目と言うわけです。

いま、このような局面があるとします。
大ヨセで目に付くのは、AとBです。

白番
┏┯┯┯○A○●●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼○●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○●○○●●┼┼┼┼┼B●┼┨
┠┼┼╋○●●○○●┼┼┼┼┼●○○┨
┠┼┼┼┼○●○○○●┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼┼○●●○●●┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼┼┼┼○●●●●●●●●○┼○┨
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

┏┯┯┯○@○●●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼○●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼❻❹
┠┼┼┼○●○○●●┼┼┼┼┼┼●❷B
┠┼┼╋○●●○○●┼┼┼┼┼●○○D
┠┼┼┼┼○●○○○●┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼┼○●●○●●┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼┼┼┼○●●●●●●●●○┼○┨
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

白が@とついだとします。
  黒地 37目
  白地 37目  ジゴです。

┏┯┯┯○❻○●●┯┯┯┯❽FH┯┯┓
┠┼┼┼○●○○●┼┼┼┼❿❹BD┼┨
┠┼┼┼○●○○●●┼┼┼┼❷@●┼┨
┠┼┼╋○●●○○●┼┼┼┼┼●○○┨
┠┼┼┼┼○●○○○●┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼┼○●●○●●┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼┼┼┼○●●●●●●●●○┼○┨
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

白が@と切ると、
  黒地 47目
  白地 47目  ジゴです。

けれども白からはもっと良い手があります。
┏┯┯┯○D○●●┯┯┯┯┯┯❿┯⓬┓
┠┼┼┼○●○○●┼┼┼┼┼❹B❻FJ
┠┼┼┼○●○○●●┼┼┼┼❷@●❽H
┠┼┼╋○●●○○●┼┼┼┼┼●○○┨
┠┼┼┼┼○●○○○●┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼┼○●●○●●┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼┼┼┼○●●●●●●●●○┼○┨
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
白はDで黒の一子を抱えないで、白十一子を
ついでしまいます。黒は❻と白二子を取るより
ありません。
結果  黒地 32目
    白地 37目  白5目勝
実戦のヨセはこのようになるでしょう。

12-1359(1595)
パスワード:
又変な詰碁鉢の木12年11月15日 21:17
黒先

┏┯┯┯┯┯○●●●○┯○●●●○┯┓
┠┼┼┼┼┼○●●┼┼┼┼┼●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼○○○●●●●●○○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1358(1594)
パスワード:
どれだけ取れば解答鉢の木12年11月15日 21:09
┏┯┯┯┯┯┯┯○○○●●●●●●●●
┠┼┼┼┼┼●┼┼●●○●●○○●●●
┠┼┼┼┼┼┼●●┼○○●○○●○❶●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼●○●○●●A○  白C抜き
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼○●○┼┼❸┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼●┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯○○○┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼●┼┼●●○┼┼○○❶┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●●┼○○┼○○●○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼●○●○●●○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼○●○┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼●┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
抜いた後黒❶と切って、白の眼はありません。
見事なアトギリでした。

12-1357(1593)
パスワード:
置き碁の決定打鉢の木12年11月15日 16:52
置き碁ではこのような形がよく現れます。
黒はどう打ったら良いでしょうか。
うかうかしていると左上の黒の一団が
攻められないとも限りません。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼┼○●●┼○┼┼┼┼┼○●┼┼┨
┠●●●●┼┼┼┼○┼○┼┼○╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯┯❶┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼┼○●●┼○┼┼┼┼┼○●┼┼┨
┠●●●●┼┼┼┼○┼○┼┼○╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶とつける手があります。
左上がどうしてこのような形になったかというと
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯
┠┼L┼H┼┼┼┼┼
┠J┼┼F❿❷┼B┼
┠⓬❹●❽┼┼┼┼○
┠┼┼┼┼┼❻┼┼┼
┠┼@┼D┼┼┼┼┼
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼
黒の大ケイマしまりに白が手をつけて行った形です。
本当は白はこのような薄い打ち方はしたくないのですが
大ケイマはそのまま地になればそれなりに大きく
白としてはやむを得ないところです。
O❼MC❶G⓯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
K❾○E○A❸┼┼⓱┼┼┼┼┼┼┼┼┨
⓫○I❺○●●┼○┼┼┼┼┼○●┼┼┨
⓭●●●●┼┼┼┼○┼○┼┼○╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶とつけられた後、白がAと打てば
黒❼のオキが決定打。びっしりと締め付けて
白地に飛び込みました。左辺にもAの飛び込みがあり
白は泣き面に蜂です。
┏❼┯C❶A❾G┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○E○❸I⓫K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼❺○●●┼○┼┼┼┼┼○●┼┼┨
┠●●●●┼┼┼┼○┼○┼┼○╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶に白Aと頑張ると、白K黒⓭劫取りと
黒の花見劫になります。

このハナづけを覚えておくだけで、白の侵入はあまり
怖くなくなります。三子、四子では決定打になるでしょう。

12-1356(1592)
パスワード:
「洞窟」と「トンネル」鉢の木12年11月15日 15:18
洞窟とトンネル

一図 黒先
┏○┯┯●●●┯┯┯┓
┠○○○○○●┼┼┼┨
┠○┼┼┼●●┼┼┼┨
┠○○○○○●┼┼┼┨
┠○┼┼┼┼●●●●●
┠○○○○○○○●┼┨
┠○┼┼┼┼┼●●┼┨
┠○○○○○○○●┼┨
┠○┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠○○○○○○○○●┨
○○┷┷┷┷┷┷A●┛

二図 黒先
├●┼┼┼┼┼┼┼┼┼
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼
├●┼┼┼┼┼┼┼┼┼
├○●┼┼┼┼┼┼┼┼
├○●╋┼┼┼●┼╋┼
├○●●●●┼┼┼┼┼
├○○○○○●┼┼┼┼
└┴┴┴┴A●┴┴┴┴

一図のように先が行き止まりになっているものを
「洞窟」とよびます。
二図のようにどこまで行っても先が開いているものを
「トンネル」とよびます。

この白を黒がヨセる時、黒Aの大きさは同じでしょうか。
「トンネル」を出る手は、正味1目の大きさです。
相手の石一子を取る手も出入り計算では2目ですが
正味は1目です。

ですから「トンネル」を1歩1歩出る手と、相手の石を1個取る手は
等価です。不思議な感じがします。けれどもどこかで相手が
押さえて止めなければならない「トンネル」は出入りで2目
正味で1目の大きさです。

さて一図の「洞窟」で黒Aと出る手の大きさは正味1目あるでしょうか。
┠○┼┼┼┼┼●●┼┨
┠○○○○○○○●┼┨
┠○┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠○○○○○○○○●┨
○○┷FEDCBA●┛
「洞窟」出る手は1手毎に手の大きさが小さくなってゆきます。
順番に出て行って、最後のFと打つ手は1/2目です。
黒Eと打つ手は、1+1/2目
黒Dと打つ手は、1+1/2+1/4目
黒Cと打つ手は、1+1/2+1/4+1/8目
黒Bと打つ手は、1+1/2+1/4+1/8+1/16目
黒Aと打つ手は、1+1/2+1/4+1/8+1/16+1/32目=1+31/32目

「洞窟」が長くなるほど、出る手の大きさは増えて行きますが
決して2目にはなりません。
これが解れば「どちらが何目勝?」の第十一問は簡単に解けると思います。

<まとめ>

・両後手2目が盤上最大になるまで「トンネル」は掘ってはいけない。
・両後手2目が盤上最大であるあいだ、「トンネル」を掘り続ける。
・両後手2目や逆ヨセ1目が残っている限り、「洞窟」は掘ってはいけない。


12-1355(1591)
パスワード:
どちらが何目勝ち?解答(第7問から第9問)解答鉢の木12年11月15日 12:49
第七問

白先
┏┯┯┯┯┯❷┯┯❿┓
┠┼┼○○○●@❽HL
┠┼○┼○●❹B❻F┨
┠┼┼○●●┼●●D┨  黒地 30目
┠┼○●┼┼●○○┼┨  白地 31目
N○○●┼┼●●○┼┨   白1目勝
⓮○●●┼●┼○○┼┨
⓰●┼┼┼⓬J○┼○┨
┠┼●┼┼●●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼●○○┼┨
┗┷┷┷┷⓲PR┷┷┛
白@とつけるのがうまい。
白Hまで黒地をえぐります。
白Lが手止まり。

第八問

白先
L❿J┯┯○●┯┯┯┓
●○○○┼○●●┼┼┨
⓬●●○┼○○●┼●┨
┠●┼●○○┼○●┼┨ 半劫 白勝
┠●┼┼●H┼○○●●
┠●○○●┼○┼┼○●  黒地 30目
┠●●○●●○┼┼○○  白地 31目
┠┼●●○○┼○┼┼┨   白1目勝
┠┼┼●●○┼○●●┨
┠❽❹❷○●○┼○┼┨
┗❻D@FB┷┷┷┷┛
白@とコスんでヨセます。
劫は白が強く、黒は緩めるより
ありません。

第九問

黒先
┏┯┯┯┯┯○●┯┯┓
┠┼┼M○┼○●❼┼┨
┠○○○●○○E●┼┨  黒地 25目
I○●●●●○┼●┼┨  白地 24目  
G●●┼┼●○○●┼┨   黒1目勝
❾┼┼┼┼┼●●●●⓭
┠┼●●●●○┼┼○⓫
┠┼●○┼●○○○○K
┠●○○┼●○┼○┼┨
┠●○A┼○○┼┼┼┨
┗❺❸❶C┷┷┷┷┷┛
黒❶が手筋。

12-1354(1590)
パスワード:
どちらが何目勝ち?鉢の木12年11月15日 12:31
第十問

黒先
┏┯●○○┯┯┯┯┯┓
┠┼●●○┼┼○○○○
┠┼┼●○┼┼○●●●
┠┼┼┼●○○●●┼┨
┠┼●●●┼○○┼●┨
┠●○┼●●●○○●┨
┠●○┼○┼○┼┼●┨
┠●○┼┼┼┼○○●●
┠●○┼○●┼┼┼○●
┠●●○┼┼┼┼○○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

第十一問

黒先
┏○┯┯●●●┯┯┯┓
┠○○○○○●┼┼┼┨
┠○┼┼┼●●┼┼┼┨
┠○○○○○●┼┼┼┨
┠○┼┼┼┼●●●●●
┠○○○○○○○●┼┨
┠○┼┼┼┼┼●●┼┨
┠○○○○○○○●┼┨
┠○┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠○○○○○○○○●┨
○○┷┷┷┷┷┷┷●┛

第十二問

黒先
┏┯┯┯●●○○●●┓
┠┼●┼●○┼○●●○
●●┼●○○┼○○○●
○○●●┼○○●●●●
┠┼○┼┼┼┼●┼○○
┠○┼○○○┼●┼○┨
○┼○┼┼●┼●○┼┨
○○┼●●┼●○○┼┨
○●●○●┼●○┼┼┨
●┼●○●┼●○┼○┨
●┷●○┷┷●●○┷┛

12-1353(1589)
パスワード:
面白い詰碁解答鉢の木12年11月14日 14:58
黒先

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼○❶┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○○┼○●┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶のアテコミ一発でした。

12-1352(1588)
パスワード:
レオン様再解答も正解です!鉢の木12年11月14日 12:17
それなりの落とし穴があったのですが見事正解しました。

12-1351(1587)
パスワード:
易しい詰碁 再解答レオン12年11月14日 11:42
◆易しい詰碁 ◆鉢の木 ◆12年11月14日 00:06
黒先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●❶○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○A●●●
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○❸┷○○┛

12-1350(1586)
パスワード:
レオン様正解です!鉢の木12年11月14日 10:57
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○○○A
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┼●❸❶
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷C○┛
白がCと引くとどうなりますか

12-1349(1585)
パスワード:
続どれだけ取れば活きるの鉢の木12年11月14日 12:18
黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼●●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●●┼●○●┼┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼┼●┼┼○○●○○┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○●●●○●┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼○○●●┼●●○○┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●●○●○●○●●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○○●○●○○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼●○●○●┼●●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●╋○●○┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1348(1584)
パスワード:
◆易しい詰碁 ◆の解答レオン12年11月14日 10:21
◆易しい詰碁 ◆黒先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●❼
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●C○○○A
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┼●❸❶
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷E❺○┛

12-1347(1583)
パスワード:
易しい詰碁鉢の木12年11月14日 00:06
黒先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼●●●○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┼●┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷○┛

ひとめ 六段
10分 五段
30分 三段

                      石田芳夫九段作

12-1346(1582)
パスワード:
どれだけ取れば鉢の木12年11月14日 00:07
黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯○○○●●●●●●●●
┠┼┼┼┼┼●┼┼●●○●●○○●●●
┠┼┼┼┼┼┼●●┼○○●○○●○┼●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼●○●○●●┼○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼○●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼●┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

『發陽論』、『碁経衆妙』

12-1345(1581)
パスワード:
とほる様鉢の木12年11月13日 13:11
そうなんです。欠け目の恐ろしさでわざと大きくして捨てる筋です。「衆妙」や「發陽論」には二十数子の石を取っても目の出来ない形があります。皆、欠け目とアトギリがかかわっています。この詰碁は二筋道で隅の板六の含みもあるので「傑作」としました。最初の黒石の形が少し気に食わない(1の一に石がある)のでいろいろ考えてみたのですが「隅の板六」にするには結局1の一に石を置かないと難しく諦めました。

12-1344(1580)
パスワード:
後日物語についてとほる12年11月13日 10:50
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 頭がこちこちに堅いので
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❼は❸の右につぐとばかり
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 思っていました
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●●●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●┼┼❸○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○❺
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼C●❶A
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○E●●

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ そうするとコウになります。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ このためにできませんでした。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 二つしか打つところがないのに
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ だめなものですねー。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 若い頃はもう少し柔らかかった
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●●● と思うのですが。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●┼┼●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼○┼❷@
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○○B┛

12-1343(1579)
パスワード:
「後日物語」解答鉢の木12年11月12日 19:01
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●●●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●┼┼┼○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼●┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷●●
@
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●●●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●┼┼❸○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○❺
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼C●❶A
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○E●●
黒❼つぎ(Aのところ)
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●●●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●┼┼●@
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼○┼❷┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○○┷┛
A
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●●●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●┼┼A○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼❸C●❶❺
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷●●
ダメが全部詰まると隅の板六で死。
隅の板六で殺す詰碁は初めて見ました。
「傑作」の所以。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●●●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●●●○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┼❶┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●○┷┷┛

12-1342(1578)
パスワード:
どちらが何目勝ち?解答(第4問から第6問)鉢の木12年11月18日 22:06
第四問
白先
下辺の3目取りが焦点です。どうとるか。

┏┯┯●○┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼○○┼┼┨
┠┼●●●○┼┼○○○
┠┼┼●○○┼○┼┼●
┠┼●○┼┼┼┼○●●  黒地 35目
┠┼●○┼┼┼┼○●┨  白地 36目
┠┼●○┼○○○○●┨   白1目勝
┠┼●○○●○●●┼┨
┠┼●○●●○●┼●┨
┗┷❷●@┷B❹┷┷┛
第五問
白先

中央をどうヨセるか。
┏●B○┯●┯┯┯┯┓
┠❹●○○●┼●┼┼┨
┠●○┼○●┼┼●┼┨  黒地 25目
┠●○┼○●❷●●●┨  白地 26目
┠┼●○○○●○○●┨   白1目勝
┠●┼●●○●○F●●
┠┼●❻┼○@○┼○●
●●●┼D○┼╋○○○
●○●●●○┼○┼┼┨
○○○○○┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
第六問
白先

左上が焦点。
┏┯┯┯┯●○┯┯○┓
┠●●┼●●○┼○●●
●○○●●○┼○●┼┨  黒地 29目
┠○●○○○○●●┼┨  白地 29目
❷❹●○D●●❻┼┼┨  ジゴ seiunさんに指摘されて気が付きました。
@●●○┼○○●┼┼┨
B┼●○┼○●●┼┼┨
┠○○┼┼┼○●┼┼┨
┠┼┼○┼○┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼○┼○●❽
┗┷┷┷┷┷┷┷○F┛

12-1341(1577)
パスワード:
丈和のヨセ鉢の木12年11月12日 10:39
丈和は力山を抜く剛腕のイメージがありますが、
ヨセも見事なものです。丈和の碁を並べていて
いかにヨセがうまかったか思い知らされて、舌を
まくことがとても多いのです。


┏┯┯┯┯┯●┯┯┯┯┯❶┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●●●┼●○○┼┼┼┼○●┼┼┨
┠●┼○○●●○┼●┼┼○┼○●┼┼┨
┠┼┼┼○○○○┼○○○┼●●┼●┼┨
┠●●┼┼┼●┼●●●○┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
安井仙知との対局に出て来た形です。上辺のヨセで
黒❶と置いたのが丈和。
┏┯┯┯┯┯●┯┯┯┯C❶❺❸┯┯┯┓
┠┼┼●●●┼●○○┼┼A┼○●┼┼┨
┠●┼○○●●○┼●┼┼○┼○●┼┼┨
┠┼┼┼○○○○E○○○┼●●┼●┼┨
┠●●┼┼┼●┼●●●○┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
白Aはつらいけれどもやむを得ません。
黒は先手で5目ほど稼ぎました。
結果は丈和の2目勝でした。
┏┯┯┯┯┯●┯┯┯┯┯❶C❸┯┯┯┓
┠┼┼●●●┼●○○┼┼❼A○●┼┼┨
┠●┼○○●●○E●⓫❾○G○●┼┼┨
┠┼┼┼○○○○❺○○○I●●┼●┼┨
┠●●┼┼┼●┼●●●○┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
白Aと頑張ると黒⓫まできれいにつぶれます。

上辺をどうヨセるか。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯●┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼●○┼┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○○●●●●●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

┏┯┯┯┯A❶┯❸┯●┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼●○┼┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○○●●●●●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
黒❶から❸とつけたのが妙手
┏┯┯┯┯A❶C❸❺●┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼●○E┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○○●●●●●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
黒は平凡にヨセるのに較べて2目先手で
得をしました。
┏┯┯┯┯┯❶┯┯A●┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼●○┼❸○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○○●●●●●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
白がAと頑張ると黒❸にコスみつけて
大劫になります。

さて下図も丈和の打ち碁に出た形。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋○○○○○●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○┼┼○○●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼A❶❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠E┼○┼●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋○○○○○●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼C❸●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○┼┼○○●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
黒❶から黒❸が手順でした。
白Eはつけを防いで後手6目の手。
黒は先手で味よくヨセました。

========================
丈和の碁の本質は、ヨセのうまさにあるように思います。
赤星因徹との「吐血の局」も序盤で一本取られながら
ヨセに自信があったので慌てなかったと見ることも
出来ます。強い人はヨセがうまい。
私はまだまだ弱いなあと思っています。しかしまだ
伸び代があると考えれば希望も持てるのですが。

12-1340(1576)
パスワード:
秀甫の見損じ鉢の木12年11月11日 22:09
この碁は秀和との連戦6局の1局で先相先の先番はこの碁を除いてすべて圧勝しています。この碁の結果はどうなったかというと白3目勝です。いかに黒の形勢が良かったかわかります。秀甫は見損じやポカが多かったことでも有名で、その原因としては方円社を一人で切り盛りしなければいけなかったことにもあると思っています。来客があれば一人ひとり挨拶し、客の手合いを決め、お茶の手配までしていたそうです。
人によっては四世本因坊道策と並び立つ評価をしていますが、ポカがなければ無敵だったでしょう。

12-1339(1575)
パスワード:
秀甫の見損じとほる12年11月11日 21:08
この見損じは囲碁倶楽部の高段者であれば気がつく手だと思います。
秀甫はどうしたのでしょうか。
昔の碁ですから時間はたっぷりあるはずです。
碁は細かかったから、ハネツギを先手で決めたいと思ったのでしょうか。
それとも秀和が催眠術をかけて誘導したのでしょうか。
このときの二人の気持ちは想像するだけですが・・・。

12-1338(1574)
パスワード:
どちらが何目勝ち?解答(第1問から第3問)鉢の木12年11月11日 20:50
第一問
┏┯┯┯┯┯┯❶E○┓
┠┼┼┼┼A┼C❸○●
┠○┼┼○●○○○●❺
○G○○○○●●●┼┨  黒地 29目
❼○●●┼○●┼┼●┨  白地 28目
●●●○○○●┼┼┼┨   黒1目勝
┠┼●┼○●●┼┼┼┨
┠●┼○┼○●┼┼┼┨
┠┼●○┼┼○●●●┨
┠●●○○○┼○●┼┨
┗┷●○┷┷┷○○●┛
第二問
┏C○❺●❶●○┯┯┓
A┼E○○●┼○┼○┨
┠○○●●●┼○┼┼┨  黒地 19目
❸○●┼●┼M○┼○○  白地 19目
┠●┼●┼●┼○○●┨   ジゴ
┠┼●┼┼●┼○●●⓯
┠┼┼┼┼●K○●○┨
⓫●●┼┼┼⓭●●○O
❾○○●●●┼●○┼┨
I○┼○○●┼●○┼○
┗┷G┷❼┷┷●○┷┛
第三問
G❶C○❼●❸┯┯┯┓
┠AE❺○○●┼┼┼┨
S○○○●●●●┼┼┨  Q つぎ❺のところ
⓳○●●┼┼○┼┼┼┨
★●●┼●●●┼●┼┨  ★は黒21
┠●○●●○○●┼●┨  黒地 25目
⓱●○○○○┼●●○⓭  白地 22目
⓯○┼┼┼○┼●○○┨
O┼○┼○┼●●○┼M   黒3目勝ち
┠┼┼┼○●●○○❾⓫
┗┷┷┷○┷┷K┷I┛

12-1337(1573)
パスワード:
細かなヨセの大切さ鉢の木12年11月11日 20:53
観戦していて気がついたこと
とても細かな碁でした。
殆ど大きなヨセも無く、この白をどうよせるかが焦点になっていました。

┏┯┯┯○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●○○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋●●●┼●●●┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯┯○┯C┯A❶❸┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●○○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋●●●┼●●●┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

黒は当然なように黒❶、黒❸とハネつぎました。
白地は6目。
だがこういうところは
┏┯┯❶○┯E┯C❸❺┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○A┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●○○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋●●●┼●●●┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

先に黒❶の押さえを打つのが正しいヨセ。
白地は5目になり。左方でも黒地が1目増えている。
結局黒はただで2目損したのです。

この対局の結果は白1目半勝ち、むざむざ2目の
損をしなければ黒の半目勝ちでした。


12-1336(1572)
パスワード:
秀甫一生の軽率鉢の木12年11月11日 17:02
本因坊秀和と秀甫の対局に現れた秀甫の見損じ。

┏A❶❸┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○●●C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼●┼●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋○●○○●●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼○○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

黒❶、黒❸のハネつぎは味が悪い。
白Cのアテコミに秀甫は愕然とした。

┏A●●❺A❸┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○●●○❶E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○G●C●❼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋○●○○●●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼○○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏○●●●┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○●●I●○❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○○●○●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋○●○○●●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼○○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
手順に打っただけ取られてしまった。
「秀甫一生の軽率」と言われる見損じでした。

12-1335(1571)
パスワード:
囲碁の勉強レオン12年11月10日 16:15
囲碁フォーラムでの鉢の木様の出題で、正解と言われるとうれしくなり、できたらすぐ投稿しております。投稿してないのはできておりません。鉢の木様、また、参加の皆様の投稿を見ているだけで勉強になります。
碁は打つこと自体が楽しみで打っていましたが、最近は詰碁に熱を入れています、勉強の仕方がわかり、面白さがでてきました。
1局の内でも、今覚えた詰碁やその他の筋がよく出てきますし、今でも早打ちですが手どころで読み切る習慣がついたと思う。(勝手読みが多いのですが)ただ、プロの碁は、並べるのに時間が掛かることと、なかなか頭に入りません、棋力向上の実感がとうも湧いてきません。
自分の感覚では棋力が少し上がったのではと、希望的に思っても、そんなにすぐに効果が出るわけはありません、成績は下がり気味です、いつか上がるであろうと頑張ってみようと思っています。

12-1334(1570)
パスワード:
簡単で面白い詰碁 追伸とほる12年11月10日 09:49
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ⓫が見えませんでした。
┠○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 「張り合いがない」以前です。
┠○●●●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 詰碁には「だめ詰まり」が多いのは
┠⓫○●┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 分かっていてもできないものです。
┠K○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠M┼E○●┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠❾❼❺○●┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
⓭IGA❶❸┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗⓯┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1333(1569)
パスワード:
簡単で面白い詰碁B解答鉢の木12年11月09日 23:57
B 黒先活き
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋○●┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼○●┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A❶❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
はねついで左右を見合いにします。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠⓫○●┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠K○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠M┼E○●┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠❾❼❺○●┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
⓭IGA❶❸┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗⓯┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋○●┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼C┼○●┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A❶❸┼❺E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷❼┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
簡単すぎて張り合いが無かったでしょうか

12-1332(1568)
パスワード:
変な詰碁解答鉢の木12年11月09日 23:42
黒先
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼○○┨
┠┼┼╋┼┼●┼○○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷❶┷┷┛

中手を狙う形で黒❶で解決

『死活妙機』の方が複雑な形ですが
黒❶のとびは却って見やすいと思います

黒先
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●❸┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼●○●A
┠┼┼┼┼┼┼●○┼○○K
┠┼┼╋┼┼●○○┼○┼❼
┠┼┼┼┼┼●○●●G⓭┨
┠┼┼┼┼●┼●┼I❺○❾
┗┷┷┷┷┷┷┷⓫❶CE┛

12-1331(1567)
パスワード:
馬鹿にする   カムイ12年11月09日 21:48
 軽蔑する意味のほかに、働きをなくするという意味にも使われる。
 アクセントは違うが。 
 序盤に先手のつもりで、2線にこすんでくる。 そんなもの、と
 馬鹿にして、手を抜く。 軽蔑(相手をでなく、石を)している
 のである。 序盤で2線に打つのは、働きが小さい場合が多い。
 手をぬいても、継続着手することは、ほとんどない。 すなわち、
 先手ではなかったのである。 序盤では、3線、4線に着手する
 のが昔から打たれてきた常識である。

12-1330(1566)
パスワード:
ヨセカムイ12年11月09日 19:47
 ヨセは、勝負を仕上げる手段であり、収束とも書く。 ヨセを考える
 ことが、読みの継続の習慣ともなる。 筋と手順、大きさ、実行する
 ときが大事である。 筋と手順は死活の読みにも使われ、大きさは、
 ヨセと限らず、着手価値にも通ずるものである。
 以前、大学の囲碁部が、短期間で選手養成するには、ヨセの研究を
 重視すると聞いたことがある。 ヨセの好きな人は上達が早いような
 気がする。
 だが、序盤からヨセを打つのは感心しない。 私と打つ下手の人で、
 そういう人がかなりいるのである。 まだ味を残すべき処で、簡単に
 はねつぎを打って活かしてしまう。 戦いを忘れているような打ち方
 は、怖くない。 怖いと思わせるような進行でなければならないので
 ある。 序盤で戦いに縁がないヨセ手段は手を抜くのがよい。 
 大した仕事はできないから。

12-1329(1565)
パスワード:
ヨセの常識 第3回鉢の木12年11月09日 13:44
(21)

黒先   普通にハネて良いのでしようか
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○┼○┼┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼○┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯┯❶┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○┼○┼┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼○┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶と置いて寄せます。
┏┯❸C❶┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○A❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○E○❼┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼○┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白が遮るのは白のつぶれです。
========================

(22)

黒先  一度覚えると決して忘れない筋
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼○┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●●○○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠❶┼○┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○┼○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●●○○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒に❶とつけられると白からワタリを防ぐ手はありません。
========================

(23)
┏┯┯┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●○○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●●○┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●○○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@と跳ぶところ
┏┯┯❹●❷B┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●●○@D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●○○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
実戦でよく見る間違い。黒に先手で寄せられました。
黒❷の場所はほぼ白からの権利です 。
========================

(24)

黒先   うかうかしていると白から先手で
     ハネつがれます。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●●○○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯❺A❶┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●❸○○E┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●●●○○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒先手で白からのハネつぎを防ぎました。
黒は1目も損していません。
========================

(25)

白先   黒地をえぐる鋭い筋
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●┼●┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●○●┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○○●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯DF┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○●B@❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●❹●❻┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●○●┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○○●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
急所のハナづけで黒地をえぐります。
========================

(26)

黒先   出れば引かれます
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○○┼┼○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○┼○┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●○○○●┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●●●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯┯┯❸❺┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○○┼❶○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○┼○C┼A●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●○○○●┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●●●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶が形の急所
========================

(27)

黒先  上辺の白地を最大限減らすのは
┏●○○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○┼┼┼○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼○┼┼○○●●○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●○○┼┼○●┼●┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏●○○┯❶❺❸┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○┼AC○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼○┼┼○○●●○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●○○┼┼○●┼●┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
上辺の白地を二目にしました。
┏●○○┯❶AC┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○❺┼❸○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼○┼┼○○●●○●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●○○┼┼○●┼●┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白が抵抗すると黒❺まで
========================

(28)

黒先   手が無いようですが
┏┯┯○┯┯┯┯┯○┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○○●○┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○┼○●○┼○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○●●●●○○○○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

CE❺○┯┯┯┯┯○┯┯┯┯┯┯┯┯┓
❸○○●○A┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○┼○●○❶○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○●●●●○○○○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

○○┯○┯┯┯┯┯○┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○○●○A┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○❶○●○●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○●●●●○○○○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒の花見劫になりました。

========================

(29)

黒先   得なヨセ
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●○○┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋●●○●┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼○●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯┯┯❼┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○○❺EA❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●○○❶C┼○○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋●●○●┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼○●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❸と単に押さえて望外の利益
┏┯┯┯┯❺┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○○ECA❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●○○❶❼┼○○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●╋●●○●┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼○●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白Cとつげは
❺とおいて、黒❼のつぎ。
攻め取りで白地は黒先手で小さくなります。
========================

(30)
白先  隅へもう一手かけるとしたら

┏┯┯┯┯○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○●●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○○●○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○●●●┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏@┯┯┯○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○●●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○○●○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○●●●┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@が正しく、黒は手出しできません。
黒にツケからアテを利かされる形に較べて4目得。
========================

12-1328(1564)
パスワード:
「浮木の盤」鉢の木12年11月09日 19:55
本因坊家伝来の什器の一つに浮木の盤がある。一世本因坊算砂が信長から拝領したものである。大和路の奥の滝の淵に白竜が住んでいると噂が立った。信長が調べさせると枯れ木が落水に打たれて浮いたり沈んだりしているのであった。引き上げてみると枯れた榧の根株であった。信長はその木で二面の碁盤を作らせ、一面を算砂に与えた。非常に軽く、算砂は「浮木の盤」と名づけて珍重した。
林元美の『因云碁話』(爛柯堂棋話)には次のように記されている。

本因坊家什宝の事

本因坊の家にて、例年正月、松の内,床にかける両軸あり。養朴が筆にて、楊貴山が肖像なり。一夜のうちに碁の理を悟り、名碁に成りし人なりと言い伝う。両軸の箱に楊貴山と書したり。
按ずるに、唐に楊貴山という詩人はあれども、善碁の名は聞こえず。陸象山を誤るなるべし。また思うに、唐の玄宗の開元十六年、朝鮮へ使を遣わす時、国人の碁を善くすること聞こえしゆえ、副使に善碁の者楊季鷹を使わすこと見えたり。もしくは、この者が号を貴山とも言いしならんか。
陸象山が碁の理を悟りしという話は、陸九淵、字は子静、貴渓の象山に居て、諸生を教授す。故に象山先生と言えり。少年の時、かつて臨安の市肆に座して碁を観る。かくの如きもの累日なり。碁者曰く「官人、日々来たりて見給う。必ずこれ高手ならん。願わくば一局教えを求めん」と云う。象山曰く「未だし」。三日の後、却り来て碁局一副を買い帰る。これを室中に掛けて、臥してこれを見るもの両日、忽ち悟って曰く、「これ河図の数なり。」。遂に行って碁者と対す。象山続けて二局勝ちたり。碁者、起って謝して曰く、「某はこれ臨安第一の手棋なり。およそ来たりて囲む者、皆、それがし先を置かせぬ。いま官人の碁、却ってそれがしに先を置かせ給う。定めて天下に敵手なからん」と云う。象山笑って去る。

また床の間の正面にトコロの盤と称するものを置く。盤上の碁笥は金梨子地菊桐の紋なり。左に置くは浮木の盤と称して、形の厚きより思い合わすれば甚だ軽きものゆえ、名付けしなるべし。右の方に置くは、糸柾と唱うる柏の碁盤。奩は、極上の金梨子地にて葵の御紋なり。浮木の盤上に置く碁笥は、黒塗金蒔絵、桜楓の写真なり。・・・・

この文章によれば「浮木の盤」はトコロの盤に次ぐ本因坊家第二の什宝であった。トコロというものはどのようなものであったか不明である。トコロと呼ばれる植物があるが(萆薢と書く)これは碁盤になる代物ではない。ものの本にはこれをさしてトコロの盤としているが誤りである。

「浮木の盤」には別なエピソードがあり、秀甫がついに念願の本因坊になった夜、「浮木の盤」をかざしてひとり踊り狂ったそうである。秀甫は惜しくもその三ケ月後に世を去った。
この名盤が失われたのは諸説ある。定説となっているのが、秀栄が刎頸の交わりを結んだ朝鮮の革命家、金玉均に盤を預けたが金が日本を去る際、アジトの整理を託された者が、売り払ったとされている。私はこの説は全然釈然としない。秀栄が金玉均に本因坊家の什宝を預ける理由がないからである。
秀栄がいかに貧乏で陋屋に住んでいたとしても一面の碁盤を置いておくだけの広さはあったであろう。まして不遇時代はめぼしい家具もなく、ただ「浮木の盤」を抱えて研鑽した秀栄である。他人に預ける理由はない。
秀甫未亡人が「浮木の盤」の偽物を作って「村瀬」の判をおして売りさばいたのは有名な話である。どうも本物もその中にあったのではないか。本物が意外に高値で売れたのでその後、偽浮木の製作を思い立ったのではないか。
また秀元が十六世本因坊であった時、本所深川の大火の際、持ち出して失ったという説もある。この火事が明治十四年の大火であったとすれば、秀甫が頭より高く差し上げて踊り狂ったというのは全くナンセンスな話になる。金玉均は刺客に暗殺された。死人に口なしで「浮木の盤」が失われた原因を無理やりに、こじつけたのではないだろうか。それで八方まるく収めたのではと勘ぐっている。それにしても「浮木の盤」は一目でも見たかった。
---------------------------------------------------------------
右には柏の碁盤→東洋文庫版で柏になっているが栢の間違いではないだろうか
栢→榧の古名

12-1327(1563)
パスワード:
どちらが何目勝ち?鉢の木12年11月08日 18:24
第七問

白先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼○○○●┼┼┼┨
┠┼○┼○●┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●┼●●┼┨
┠┼○●┼┼●○○┼┨
┠○○●┼┼●●○┼┨
┠○●●┼●┼○○┼┨
┠●┼┼┼┼┼○┼○┨
┠┼●┼┼●●●○┼┨
┠┼┼┼┼┼●○○┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
第八問

白先
┏┯┯┯┯○●┯┯┯┓
●○○○┼○●●┼┼┨
┠●●○┼○○●┼●┨
┠●┼●○○┼○●┼┨
┠●┼┼●┼┼○○●●
┠●○○●┼○┼┼○●
┠●●○●●○┼┼○○
┠┼●●○○┼○┼┼┨
┠┼┼●●○┼○●●┨
┠┼┼┼○●○┼○┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
第九問

黒先
┏┯┯┯┯┯○●┯┯┓
┠┼┼┼○┼○●┼┼┨
┠○○○●○○┼●┼┨
┠○●●●●○┼●┼┨
┠●●┼┼●○○●┼┨
┠┼┼┼┼┼●●●●┨
┠┼●●●●○┼┼○┨
┠┼●○┼●○○○○┨
┠●○○┼●○┼○┼┨
┠●○┼┼○○┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1326(1562)
パスワード:
ヨセの常識 第2回鉢の木12年11月08日 17:32
(11)

白先
一見黒地。しかし・・・
┏┯┯┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○●●┼┼●○○┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○○○●┼┼●●○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼○●●●○┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●┼┼○┼○○○○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯❷●┯┯┯┯D┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼@●○●●┼B●○○┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○○○●❹┼●●○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼○●●●○┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●┼┼○┼○○○○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@と切って白Bとつける。結論から言えば
黒は❹とつぐ位なものです。
┏┯F❷●D❻┯I❹┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠❾@●○●●┼B●○○┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○○○●G┼●●○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼○●●●○┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●┼┼○┼○○○○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶と下がるのは、番号順に黒7子が落ちます。
┏┯┯┯●┯┯┯❷@B┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○●●┼❹●○○┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○○○●┼┼●●○┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼○●●●○┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●┼┼○┼○○○○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
平凡にハネつぐのは正解の変化と比べて8目位の差があります。

========================

(12)

黒先   実戦でしばしば現れる形です。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯❷@B┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼❹●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
実戦ではほとんど白からハネつがれて終わり。
双方白の権利と思っているふしがある。

┏┯┯┯❾┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○❼❺I┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●G○E┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●❸❶A┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼○C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
こうなるとすると黒❶の割り込みは両先手となり
どちらが先に打つかの差は莫大です。
========================

(13)

白先   隅のヨセ
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●○┼┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯B┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠FD●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠@❷●○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❹○●○┼┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❻つぎ
黒が手を入れる時は、愚形のようでも
黒❶が正しい。両図の差は20目近い。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶●○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●○┼┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
========================

(14)

黒先  小味な一手
┏┯┯┯○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○┼┼○●○┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○●●┼┼●┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏❶A┯○A┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○┼┼○●○┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○●●┼┼●┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶、白Aと代るだけで白Aの狙いはなくなっている。
おまけに1目得をしている。
┏❶C❸○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
A○┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○┼┼○●○┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○●●┼┼●┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白Aと受ければ、黒❸と放り込んで同様な結果になる。

========================

(15)

白先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●○┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●●○○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
D┼B○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠@●○●○┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❷❹●●●○○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@と挟み付けてヨセる。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠B❷○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠@●○●○┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●●○○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❷とさえぎれば、白Bとそってわたる。

========================

(16)

白先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏❻D@F┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠❽❷●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❹●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●B┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏F❷@❹┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
H┼B●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼D❻●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒は❷とすぐ抑えることは出来ません。
劫含みで隅で活きられてしまいます。

========================

(17)

黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●●○○┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○❸❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼○A┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●●○○┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶とつける手が成立します。
普通に白❸とはさみつける手にくらべて4目半の違いがあります。
========================

(18)

黒先  ちょっとした工夫
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●○┼┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼○┼┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯┯┯┯❸┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼●●○C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●○❶A○┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●❺○E┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶と一本キリを入れておくのが手順です。
========================

(19)

白先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●○●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯DB┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○●┼@❷●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●❹○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●○●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@から白Bで左方へ連絡します。
┏┯B@❷┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○●┼❹┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●●●○●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

平凡に白@からはねつぐのとの差は6目強あります。
ただし先手、後手の差は注意しておくこと。

========================

(20)

白先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼●○┼●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼●┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯BD┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○●❷@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼●○┼●┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●❹●┼●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@の下がりから、白Bと打ってワタります。
黒からワタリを妨げる手はありません。
========================

12-1325(1561)
パスワード:
人質は極めて高尚朴実也。それ故貧乏也。鉢の木12年11月09日 19:57
秀栄は金銭に恬淡でいつも貧乏していたのはよく知られている。ある時勧められて地方での指導碁会を開くことになった。周囲の人たちが秀栄の生活を見かねて収入の道を計ろうということになったのである。犬養毅(木堂)が秋田市長に紹介状を書いた。

「拝啓。此書持参の人は宇内第一名手の棊客本因坊秀栄と云える小生もっとも熟懇の人也。此度御地漫遊に付いては大兄十二分御助力の上、金のもうかる様、御取計被下度、人質は極めて高尚朴実也。それ故貧乏也。只大兄の義侠心に訴ふる事如此。
 不尽。                     木堂
五月十七日
大久保 露城兄(明治二十年代の初めの頃で、露城・大久保鋳作は当時の秋田市長) 」

この手紙は読み返すたびに感心している。用件を簡潔に述べながら、秀栄の人となりを相手にわからせ儲けさせてやってくれと言っている。
同時代の巌埼健蔵は蓄財を怠らず、没後遺族を困らせることはなかった。この二人が人間的にどちらが立派かを囲碁雑誌で論議されたこともある。
日本で初めて個人の囲碁全集が出版されたのは明治四十四年、「秀栄全集」を嚆矢とする。未亡人槇子が生活に困窮しているのを見かねた門下生が印税を生活の資にと考えたのであった。

12-1324(1560)
パスワード:
どちらが何目勝ち?鉢の木12年11月08日 00:17
第四問
白先
┏┯┯●○┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●○┼○○┼┼┨
┠┼●●●○┼┼○○○
┠┼┼●○○┼○┼┼●
┠┼●○┼┼┼┼○●●
┠┼●○┼┼┼┼○●┨
┠┼●○┼○○○○●┨
┠┼●○○●○●●┼┨
┠┼●○●●○●┼●┨
┗┷┷●┷┷┷┷┷┷┛
第五問
白先
┏●┯○┯●┯┯┯┯┓
┠┼●○○●┼●┼┼┨
┠●○┼○●┼┼●┼┨
┠●○┼○●┼●●●┨
┠┼●○○○●○○●┨
┠●┼●●○●○┼●●
┠┼●┼┼○┼○┼○●
●●●┼┼○┼╋○○○
●○●●●○┼○┼┼┨
○○○○○┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
第六問
白先
┏┯┯┯┯●○┯┯○┓
┠●●┼●●○┼○●●
●○○●●○┼○●┼┨
┠○●○○○○●●┼┨
┠┼●○┼●●┼┼┼┨
┠●●○┼○○●┼┼┨
┠┼●○┼○●●┼┼┨
┠○○┼┼┼○●┼┼┨
┠┼┼○┼○┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼○┼○●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷○┷┛

12-1323(1559)
パスワード:
石が脱落していました鉢の木12年11月07日 16:56
一線のはねと一間飛びが脱落していました。失礼しました。

12-1322(1558)
パスワード:
簡単で面白い詰碁A解答備前12年11月07日 16:22
5と打つとあてを打たれてしまいます。
7のはねを先にすれば生きそうです。

12-1321(1557)
パスワード:
ヨセの常識 第1回鉢の木12年11月07日 16:17
(1) 

白先
どうヨセるのが一番得か
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●┼●┼┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏❹BD@┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠❻❷┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●┼●┼┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

白@とコスみます。白の先手で黒地は7目になりました。

┏┯⓬JBFL┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼❽@❷○❹H┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❿●❻D○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●┼●┼┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

よくある間違いで黒❹から⓬まで。黒地は8目。
おまけに白の後手です。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼❷@○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●┼●┼┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@、黒❷はあまりに無策。

========================

(2)

黒先
左上隅をどう打つか
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●○○┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋●●○○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼●┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯❶┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●○○┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋●●○○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼●┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

黒❶の下がりが正しい。

┏┯●❸❶A┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○○┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●○○┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋●●○○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼●┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

黒❶の先手ヨセがあります。
下がらず、ハネついだ形に較べて2目の差があります。

========================

(3)

白先

上辺は下がりか、かけつぎか。

┏○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
●○┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○○○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●○●●┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

この形が出来るまでの手順
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠J┼┼┼┼L⓮┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❹@BHD●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠⓬❷●F❻❿┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼❽┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

黒❹とハネられたら、白Dの飛びつけが肝心です。
すぐ抑えてはいけません。

┏○┯┯┯┯@❷┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
●○┼┼B┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○○○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●○●●┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@の下がりが正しい。6目の白地です。
┏○┯B┯@❹❷┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
●○┼┼┼D○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○○○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●○●●┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@とかけ接ぐのは白地5目で1目損です。

========================

(4)

黒先
黒がこの隅を手入れする場合、最善の手は
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏❶┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

黒❶と手を入れます。これで隅は盤石。

┏B●○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
@┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❷●●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠A●○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒が下がるのは将来白からセキにする手が残ります。
この形で注意すべきは決して白Aと放り込みを打たないことです。
1目損です。

========================

(5)
黒先
攻め合いは1手負けです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○○●┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼○●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●○○○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯┯❸❺E❶┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○○●CA┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼○●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●●○○○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ ❼ 取り返し
┠┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

黒❶とコスみます。黒❼と取り返し大きくよせました。
黒❶を❸にはねて打つのと6目の差があります。

========================

(6)

黒先
白は@とハネてきました。すぐ抑えてよいでしょうか。
┏┯┯┯┯@┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●○○○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●●┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯AC❸@❺┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○❶┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●○○○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●●┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

白は❸のところにつぐ訳にはいきません。
┏❷○○@○●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○●┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●○○○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●●┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❷と打って両うって返しです。
結局
┏┯○○┯○●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○●@○●❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●○○○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●●┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@と取る位で、最初にすぐ抑えるより
1目強の得です。白は
┏┯┯┯@┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●○○○●┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●○●●┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@と下がって打つべきでした。

========================

(7)

黒先
少しでも得をするには
┏●○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼○┼┼┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○●┼○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●●○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏●○C┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○❶A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●❸○E┼┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺○●┼○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●●○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶とアテコミます。
┏●○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼○┼┼┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶○●┼○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼●●○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶と打つのは白Aと打たれて、前図より黒1目損です。

========================

(8)

白先
隅をヨセます。
┏┯┯┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●○○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○●○○●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏┯❷┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
@●┼❹●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
B●●●○○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○●○○●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@のつけがうまい手。黒を目二つにしました。
┏DB┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
@●┼❹●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❷●●●○○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○●○○●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❷とがんばると、Bとおいて生死をかけた
白の花見劫になります。

========================

(9)
黒先
このまま白地にさせてはいけません。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼○○○●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○●○○○┼┼●●┼┼┼┼┼┼┨
┠○●○┼●●●●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨


┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠A❸C❺┼┼┼○○○●┼┼┼┼┼┼┨
┠❶○○●○○○┼┼●●┼┼┼┼┼┼┨
┠○●○┼●●●●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
黒❶とキリを入れ、黒❸、黒❺とついてゆきます。
ダメづまりの恐ろしさです。

========================

(10)
白先
手筋一閃。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○●●●┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●○○○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

┏DF┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○❻❹B❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○●●●@●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●○○○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
白@の出から白Bとキリを入れます。白Dとはねれば
黒はダメづまりでアテを打てません。

========================

12-1320(1556)
パスワード:
簡単で面白い詰碁A解答鉢の木12年11月08日 00:55
簡単で面白い詰碁



A 黒先活き
これもツケコシの筋でした。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○○●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○A❸❺┼❾
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E❶○C●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷G┷❼┷┛

12-1319(1555)
パスワード:
簡単で面白い詰碁レオン12年11月07日 16:02
ギブアップです。

12-1318(1554)
パスワード:
面白い詰碁鉢の木12年11月07日 11:49
黒先

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼○┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○○┼○●┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
一目で分かれば 八段
10分で解ければ六段
30分かかれば五段
1日かかれば三段

12-1317(1553)
パスワード:
どちらが何目勝ち?鉢の木12年11月06日 18:36
全問黒先です。

第一問
┏┯┯┯┯┯┯┯┯○┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○●
┠○┼┼○●○○○●┨
○┼○○○○●●●┼┨
┠○●●┼○●┼┼●┨
●●●○○○●┼┼┼┨
┠┼●┼○●●┼┼┼┨
┠●┼○┼○●┼┼┼┨
┠┼●○┼┼○●●●┨
┠●●○○○┼○●┼┨
┗┷●○┷┷┷○○●┛
第二問
┏┯○┯●┯●○┯┯┓
┠┼┼○○●┼○┼○┨
┠○○●●●┼○┼┼┨
┠○●┼●┼┼○┼○○
┠●┼●┼●┼○○●┨
┠┼●┼┼●┼○●●┨
┠┼┼┼┼●┼○●○┨
┠●●┼┼┼┼●●○┨
┠○○●●●┼●○┼┨
┠○┼○○●┼●○┼○
┗┷┷┷┷┷┷●○┷┛
第三問
┏┯┯○┯●┯┯┯┯┓
┠┼┼┼○○●┼┼┼┨
┠○○○●●●●┼┼┨
┠○●●┼┼○┼┼┼┨
┠●●┼●●●┼●┼┨
┠●○●●○○●┼●┨
┠●○○○○┼●●○┨
┠○┼┼┼○┼●○○┨
┠┼○┼○┼●●○┼┨
┠┼┼┼○●●○○┼┨
┗┷┷┷○┷┷┷┷┷┛

12-1316(1552)
パスワード:
レオン様鉢の木12年11月06日 18:00
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼A┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aと打つと?

12-1315(1551)
パスワード:
簡単で面白い詰碁Aの解答レオン12年11月06日 17:53

簡単で面白い詰碁



A 黒先活き
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○●●●●❸
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼C┼❾A
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶●E
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❺G❼

12-1314(1550)
パスワード:
傑作「後日物語」鉢の木12年11月06日 15:23
尊敬する塚本惠一氏の作品

作意が素晴らしい。


┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●●●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●┼┼┼○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼●┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷●●

12-1313(1549)
パスワード:
とほる様正解です鉢の木12年11月06日 14:06
そうです。いつか見た形です。ハイがあるかないか、関係なくひとつ打ち欠く筋でした。お見事でした。

12-1312(1548)
パスワード:
がっちりつがれたらだめですからとほる12年11月06日 12:14
┏┯┯┯┯┯●┯┯┯┯❸┓
┠┼┼┼┼┼●○○❶A┼┨ 先に❶と切ります。
┠┼┼┼┼┼●●●○○○┨ なんだか見たことがあるような形です。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●●○┨ 隅の生き死にを復習しなくてはなりません。
┠┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1311(1547)
パスワード:
とほる様鉢の木12年11月06日 11:35
┏┯┯┯┯┯●┯┯┯┯❶┓
┠┼┼┼┼┼●○○A┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●●●○○○┨白はAとがっちりつぎます。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1310(1546)
パスワード:
隅の基本 練習問題とほる12年11月06日 11:25
┏┯┯┯┯┯●┯❼EC❶┓
┠┼┼┼┼┼●○○❸┼A┨ いろいろ変化があり、よく分かりませんが
┠┼┼┼┼┼●●●○○○┨ ❶と置いてみます。
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●●○❺ 強力な下がりがありますので目をつぶすことができます。
┠┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●┨ ほかどう打っても曲がり4目になるようです。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨


12-1309(1545)
パスワード:
レオン様正解です鉢の木12年11月06日 09:50
「石の下」は独特の石の形があります。慣れてくるとひとめで分かるようになります。筋としては結構高級なのに「なんだ。石の下か」と思わせる不思議なところがあります。きれいに解きました。

もう1問はつけこし一発でした。お見事。

12-1308(1544)
パスワード:
石の下の解答レオン12年11月06日 09:06
◆石の下 ◆鉢の木 ◆12年11月05日 11:04
黒先活き
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❺は❸の右斜め上アタリ
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❾はEの左
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○❼●●●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○●●E●○○●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○●●G❶C❸●A○┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1307(1543)
パスワード:
簡単で面白い詰碁@の解答レオン12年11月06日 08:56

@ 黒先活き
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼○○○○○○A
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●●●○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❺┼●┼●○●
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷❶○┷●❸○C

12-1306(1542)
パスワード:
変な詰碁鉢の木12年11月05日 22:14
変な詰碁

あるサイトに変な詰碁として出ていました。

黒先
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼○○┨
┠┼┼╋┼┼●┼○○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

しかしこの詰碁は変でもなんでもなく
『死活妙機』にある立派な詰碁です。
形が簡単になると詰碁はかえって難しくなると
いう好例かも知れません。

『死活妙機』
黒先
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼●○●┨
┠┼┼┼┼┼┼●○┼○○┨
┠┼┼╋┼┼●○○┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼●○●●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼●┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1305(1541)
パスワード:
隅の基本死活 練習問題鉢の木12年11月05日 17:49
劫を争っていて、黒は❶と劫立てしました。白は無劫と考えて
劫を解消しました。はたして無劫か否か。
黒先でどうぞ。

┏┯┯┯┯┯❶┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼●○○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●●●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1304(1540)
パスワード:
簡単で面白い詰碁鉢の木12年11月05日 11:12

B 黒先活き
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋○●┼○┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼○●┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1303(1539)
パスワード:
石の下鉢の木12年11月05日 11:04
黒先活き
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○┼●●●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○●●┼●○○●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○●●┷┷┷┷●┷○┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1302(1538)
パスワード:
簡単で面白い詰碁鉢の木12年11月08日 00:57
簡単で面白い詰碁

@ 黒先活き
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼○○○○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●●●○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼●○●
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷●┷○┛

A 黒先活き
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○○●
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1301(1537)
パスワード:
隅の基本死活 B鉢の木12年11月05日 09:28
隅の基本死活 B

U 隅の八目---続き

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この形の八目は完全に生きています。
┏┯┯┯┯┯┯┯B┯C❸┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼❶A
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○A
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とつけてきても白Aから白Cで
AとBが見合いで活きです。

ハネに対しては
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼A┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○❶
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯❶┯┯A┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
受ける場所を間違えると死にます。

少し間違えやすいのが、
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯❶┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ここへ置いてくる手です。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯❶A┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼❸C
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
うっかり白Aとつけると劫になります。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯❶┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼┼A
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aと打って活きます。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯❶❺┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○C❸A
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○E
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
┏┯┯┯┯┯┯┯┯E❶❸┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼❺A
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○C
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯❶C┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼┼A
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○❸
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒がどう打ってきても活きています。

次に大切なことは
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯┯┯○┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この二つの形の違いを理解することです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●◆
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

┏┯┯┯┯┯┯◆┯○┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒から◆が利きとなります。
┏┯┯┯┯┯┯┯❼┯❸❺┓
┠┼┼┼┼┼┼●○○C❶A
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○E
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とつけられると定型に打てません。
ダメづまりで渡られてしまいます。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯❸┯❺
┠┼┼┼┼┼┼●○○┼❶A
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○C
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白はCと打って劫にするよりありません。
┏┯┯┯┯┯┯●┯○┯❸┓
┠┼┼┼┼┼┼●○❶A┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
下がりがあるのに手を抜くと、一つ打ち欠いてから
黒❸のオキで即死です。
実戦でよく間違えるのは
┏┯┯┯┯┯┯●❺○C❶E
┠┼┼┼┼┼┼●○❸┼A┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
手順前後で黒❶からいって活かしてしまいます。
くれぐれも注意が肝心です。

このことを裏返して考えると
┏┯┯┯┯┯┯◆┯○┯❶┓
┠┼┼┼┼┼┼●○┼┼A┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
先に黒❶白Aを交換すると黒◆の下がりは
利かなくなってしまっています。
実戦でよく間違えるところです。

この二つの下がりの違いは、攻める時、守る時、
両方にかかわってきます。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○○A┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白はAの押さえを利かしたい。その時上辺は
かけつぎか、かたつぎか。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯@┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○○A┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@とかけつぐべきです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯○┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼●┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●❷
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○○@┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@、黒❷とかわっても、上辺は痛くも
かゆくもありません。
かたつぎは下がりが来て上辺が劫になります。

とにかく隅の形でこの二つの出現頻度はとても多いので
違いをしっかりマスターしておきましょう。

12-1300(1536)
パスワード:
隅の基本死活 A鉢の木12年11月04日 08:54
隅の基本死活 A

U 隅の八目

外ダメが詰まっている形

黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼●┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
これは万年劫の基本形です。
手順は
┏┯┯┯┯┯┯┯E┯❺C┓
┠┼┼┼┼●┼●○┼❸❶A
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この隅の八目形は黒❶以外どこへ打っても
白を活かしてしまいます。この❶と2の二へ
つける手をしっかり覚えましょう。
万年劫については以前書きましたので省略します。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯E❺C┓
┠┼┼┼┼●┼●○┼❸❶A
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼●●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白がEと打てば本劫です。白は本劫にするよりも万年劫に
した方が有利です。

外ダメが詰まっている形

黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼●┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
これは白無条件活きです。
手順は
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯C┯┓
┠┼┼┼┼●┼●○┼❸❶A
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Cと打つのが良い手です。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯A○❶┓
┠┼┼┼┼●┼●○┼●●○
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶と押さえれば白Aと引いてセキ活きです。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯❶○A┓
┠┼┼┼┼●┼●○┼●●○
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❶とこちらを押さえれば白Aと打ちます。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯●┯┯❶
┠┼┼┼┼●┼●○┼●●○
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❶と二目を取れば
┏┯┯┯┯┯┯┯┯●┯A┓
┠┼┼┼┼●┼●○┼●●○
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aと取り返し、
┏┯┯┯┯┯┯┯A●❶○❸
┠┼┼┼┼●┼●○E●●○
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○C
┠┼┼╋┼┼┼●●❺●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶と来るなら白Eまで押しつぶしです。
┏┯┯┯┯┯┯┯❶●┯○┓
┠┼┼┼┼●┼●○A●●○
┠┼┼┼┼┼┼●○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼●●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とワタれば、白Aで追い落としです。

以上外ダメが詰まっている場合、詰まっていない場合の
打ち方を白黒双方についてしっかり理解することが大切です。

12-1299(1535)
パスワード:
隅の基本死活 @鉢の木12年11月04日 00:32
隅の基本死活 @

T 隅の6目
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この形の白は、白先でも活きることが出来ません。
活きるための広さが足りないのです。この形が
単独で生じることはまずありません。ほとんどが
周りの黒との攻め合いの場面で発生します。
そうなると黒先でこの白を何手で取れるか、どう
取るかが大問題になります。うかつな手を打って
白の手数を伸ばしてはいけません。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼┼❶
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶と打って白を殺します。黒❶のあと4手で
白を取ることが出来ます。外側の黒が5手あれば
攻め合い勝ちと言うことです。これはしっかりと
覚えておきましょう。
黒❶に対して、白Aとさえぎれば
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼❸❶
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○A
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
有難いことに白の手数は3手になりました。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯❸┯┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼A❶
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白AとさえぎればK❸とおきます。これで白の
手数は伸びません。
よくある間違いは
┏┯┯┯┯┯┯┯┯C┯❸┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼❶A
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶とつけてしまうことです。気の遠くなるほど
白の手数が伸びてしまいます。これでは攻め合いに
勝てなくなってしまうでしょう。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯❸┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼┼A
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○❶
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
ハネがあっても黒先白死、白先白死です。
┏┯┯┯┯┯┯┯○┯┯❸┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼┼A
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○❶
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
両バネがあっても黒先白死、白先白死です。
とにかくこの形は白先で活きが無く、大切なことは
何手で白を取れるのかと言うことです。黒❶のオキの後
4手で取ることが出来ます。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○○
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
前図に下がりがついた形は
黒先白死、白先白活きです
黒先では
┏┯┯┯┯┯┯┯┯❶A┯┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼❸┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○○
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
五目中手で死にます。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯C┯A┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○❺❶❸
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○○
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❶とつけても死にます。
白先なら
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯@┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○○
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@ととんで活きます。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯○┯┯┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
こちらに下がりがある時は、
黒先白死、白先白活です。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯○┯❸┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼┼A
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○❶
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白先なら
白@ととんで活きます。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯○┯@┓
┠┼┼┼┼┼●┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼●●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1298(1534)
パスワード:
秀栄の碁鉢の木12年11月03日 21:21
秀栄の碁

打ち過ぎの手が多くなり、負け続けたりすると、秀栄を並べます。
秀栄の碁は、当たり前の手を当たり前に打っています。決して急所を逃がしません。
碁は当たり前の手を打ち続けることがいかに難しいか。大局観にすぐれていることも
秀和に劣らず、私の師匠藤沢秀行先生も「史上最強の棋士」とおっしゃっていました。
名人に就任するに当たり、誰からも異議申し立てがなかったのは道策と秀栄だけです。
秀栄の碁は美しい。水の流れるような石の運びで、日頃、我欲に凝り固まった碁しか
打てないときは秀栄が揉み解してくれます。
面白いことに大局観で打つ棋士も必ず一時期はもの凄い力碁を打っている時期があります。
秀策にしてもしかり、丈和も秀和もそうです。その過程を経ないと秀栄のような美しい碁は
打てないのでしょうか。私はチェスも好きですが歴史上の名プレイヤーの殆どに相手を力で
ねじふせて勝ち続ける時期があります。唯一の例外がカバブランカです。彼の棋譜は若い時
からスムーズな指し手で決して無理な手がない。神の与えた天賦の才なのでしょう。

「名人の中の名人」といわれた秀栄はその残した棋譜のみならずその生き方をとってみても
名人にふさわしいものでした。清廉、頑固、生来の気質が常人と並みはずれて違っていました。
大久保利通を尊敬していましたが、その理由が大久保が質素な生活を貫き、秀栄への謝礼が
他の権門富貴の人に比べて極めて少なかったというところにありました。秀栄が田村保寿(本因坊秀哉)
を毛嫌いしていた訳もその辺にあります。秀栄は秀哉の貨殖の欲を嫌っていました。そのことが
秀栄の唯一の失敗、後継者を決める時期を逸したことにもつながっていると思います。
水と油ほど違う秀栄と秀哉にも共通点があります。両者ともきわめて努力家であったことです。
弟子の思い出話にあるように、いつ訪ねて行っても秀栄は碁盤に向かっていたそうです。秀哉もそうでした。
秀栄は古今の棋譜を並べつくして、市井の今ではアマの打ち碁を並べている。弟子がそんな碁を並べても
仕様がないでしょうと言うと、「下手な碁でも妙着がある。だが下手は後がつづかない」と言ったそうです。

昔から、二目勝は実力、一目勝は運と言われていますが、秀栄はさりげなく一目勝が多い。

下記の碁は、私が一番気に入って並べた碁です。そらで並べられるほど繰り返しました。
この碁は秀栄生涯の傑作と思っています。


中押勝 本因坊秀栄 八段
先   田村 保寿 六段
明治34年1月20日 四象会手合

第1譜 (1〜20)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼Q┼┼┼┼┼┼❸┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋❶┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋⓱┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼O┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼S⓳┼┨
┠┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼K┼┼┨
┠┼┼╋M┼┼┼┼⓯┼┼┼⓫❼╋C┼┨
┠┼┼E┼┼⓭┼┼┼┼┼┼❾GI┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
秀哉は序盤の工夫がうまい。この碁はその工夫の逆手を取って
秀栄が一本取った。白にはまったく失着が無く、見事な出来栄えである。
秀哉の手書きの棋譜は100手前後で以下略となっている。悔しくて、書き残す
気持ちが無かったのであろう。

黒⓭、黒⓯が秀哉の工夫。とても現代的。しかし黒⓳とはなんだろう。白から⓳の
二路上に詰められても黒飛んでおいてさほど腹も立たないと思う。相手が来ないところを
打つのは少し変だ。Cの一路右につける手もさほどの手とは思えない。

下図のように黒❶から黒❺まで打っていて不都合は無かろう。とにかく左辺を打つべきと
思う。

=========================
<参考図>
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼C╋○┼┼┼┼●┼┼┼●●╋○┼┨
┠┼┼○┼┼●┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
=========================
第2譜 (21〜40)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼S┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠⓱┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
⓳QE○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❾G┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠⓫I┼M┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠⓭❼┼⓯O┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠K┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┨
┠┼CA┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼╋○┼┼┼┼●┼┼┼●●╋○┼┨
┠❸┼○┼┼●┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┠┼┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❸も打ちようがなくてすべったのであろうが、
白Cと打たれると、将来Aで丸取りされる手が残る。
これは明らかに持ち込みである。
黒❹はひねった手。素直にGからかかり二間に開くぐらいか。
それにしても白Gからの厳しい打ち方は・・・
秀栄の曰く、「一局の内一度は形にとらわれない、厳しい手を
打たなければ碁は勝てない」
白にKとのぞかれたあたりは秀哉も飛び上がるほど驚いたのでは
ないだろうか。隅に半眼、さてこの黒は・・・

第3譜 (41〜60)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼●┼┼┼⓫┨
●○○○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼⓭●I┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❾┼┼K┼┨
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓱┨
┠●○┼○E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●❸●○┼┼┼┼┼┼┼┼Q┼M┼┨
┠○A┼┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❶C╋❼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼S┼○●┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○O┼┨
┠┼┼╋○┼┼┼┼●┼┼┼●●╋○┼┨
┠●┼○┼┼●┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┠┼┼┼G┼┼┼┼┼┼┼┼⓯┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶から調子で棒につぐ。ついに白Gを打たれてしまった。
これは大きい。黒❾と大きく構えたが、白Iがまたタイミングの
良い様子見。
黒⓯は権利。だがこれくらいでは1譜黒⓳の顔が立たない。
黒⓳は上辺二間開きくらいと思う。なまじ大きく構えたので
白Iがぴったりした。
黒⓱とはまさに秀哉。しかしこれも疑問と思う。
ひとめ参考図の黒❶とふんわり行くところではないのか。
黒⓱の置きはアマチュアくさい手であると思う。
左辺の折衝で割を食った黒の焦りが見える。

=========================
<参考図>
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●●○┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼○┼┨
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠○○┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┼┼┨
┠●○╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼╋○┼┼┼┼●┼┼┼●●╋○┼┨
┠●┼○┼┼●┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
=========================
第4譜 (61〜80)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼○┼┼❸┼┼┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●●○┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼○┼┨
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●●○┼┼┼┼┼┼A┼○┼○┼┨
┠○○┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○╋●┼┼┼┼╋┼┼┼┼❶╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●┼┨
┠┼●┼┼┼┼O❼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼╋○┼┼❾E●⓭⓯┼●●╋○┼┨
┠●┼○┼┼●┼C❺KM⓳●○○┼┼┨
┠┼┼┼○┼⓫┼IGQ⓱┼●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷S┷┷┷┷┷┷┛
白にAと飛んだ石が眼のない黒をにらんでいる。
そこで白はCとどかんといった。
又黒⓫の取り方は、秀哉の面目躍如たるものがある。

第5譜 (81〜100)
┏⓱┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠⓭○M┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●⓫K┼┼○┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼┼┼┼S┼┼┼┼┼●●○┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼○┼┨
┠●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●●○G┼┼┼┼┼○┼○┼○┼┨
┠○○┼┼●C❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○╋●❾❺IO╋┼┼┼┼●╋●┼┨
┠┼┼┼┼E⓯┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼⓳┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼Q●┼┨
┠┼○○┼┼┼A┼┼┼┼┼○┼○●┼┨
┠┼●┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼╋○┼┼●○●●●┼●●╋○┼┨
┠●┼○┼┼●❸○●○○●●○○┼┼┨
┠┼┼┼○┼●┼○○○●❶●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┛
黒❸まで白八子を取り込んだ。だがこの地はたかだか
20目の攻め取りである。びっしりと締め付けが利いて
得よりも損の方が大きい。白Aと立たれたのでこのへんは
白の利き筋が無数に生じた。
さて白Cから大石に対する攻めが来た。
白Sがこの一局の白眉。このツケ筋を誘発した第4譜黒❸の功罪はいかに
秀哉手書きの棋譜はこれ以降以下略である。

第6譜 (101〜120)
┏●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○❼┼●❸┼┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼G┼❺○❶┼┼┼┼●●○┨
┠●┼┼┼┼┼┼❾EA┼┼●┼┼○┼┨
┠●○┼┼┼┼┼I┼┼C┼┼┼┼┼●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
K●●●●○○┼┼┼┼┼○┼○┼○┼┨
┠○○┼┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○╋●●●○○╋┼⓫┼┼●╋●┼┨
┠┼Q⓱┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼⓭┼M┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼S⓳┼┼┼┼O┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠┼○○┼┼┼○⓯┼┼┼┼○┼○●┼┨
┠┼●┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼╋○┼┼●○●●●┼●●╋○┼┨
┠●┼○┼┼●●○●○○●●○○┼┼┨
┠┼┼┼○┼●┼○○○●●●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┛
注目すべきは白C、黒❺とあてられて、上辺は少し損。
だが右辺の薄い白が厚みとなって戦いに参加している。
秀栄の「明るさ」、大局観の確かさがこの手に出ていると思う。
黒⓱から黒⓳はしゃにむに先手を取る打ち方。ポン抜きが本手であるが
白に中を打たれてはどうしようもない。

第7譜 (121〜140)
┏●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○●┼●●❼┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼○┼●○●CG❾┼●●○⓳
┠●┼┼┼┼┼┼●○○E❺●┼⓯○K┨
┠●○┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼⓱M⓭●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼QOS┨
○●●●●○○┼┼┼┼┼○A○┼○┼┨
┠○○┼┼●○●┼┼❸┼⓫❶┼┼┼┼┨
┠●○╋●●●○○╋┼●┼┼●╋●┼┨
┠┼○●┼○●┼┼┼┼┼┼I┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼●┼○┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼○●┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠┼○○┼┼┼○●┼┼┼┼○┼○●┼┨
┠┼●┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼╋○┼┼●○●●●┼●●╋○┼┨
┠●┼○┼┼●●○●○○●●○○┼┼┨
┠┼┼┼○┼●┼○○○●●●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┛
黒❶から黒❸にこすんで、ほっとした黒。
だが白Iの意味は。白はKから捨て石で締め付けて

第8譜 (141〜160)
┏●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○●┼●●●┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼○┼●○●○○●┼●●○●
┠●┼┼┼┼┼┼●○○○●●┼●○○❶
┠●○┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼●○●●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┨
○●●●●○○┼┼┼┼┼○○○┼○┼┨
┠○○┼┼●○●┼┼●┼●●┼┼┼┼┨
┠●○╋●●●○○╋┼●┼┼●╋●C┨
┠┼○●⓭○●┼┼┼┼┼┼○┼┼┼A┨
┠┼○❼E●⓫○┼┼┼┼┼┼●❸●┼┨
┠┼○●GIK┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠┼○○❾┼┼○●┼❺┼┼○┼○●┼┨
┠┼●┼┼SQ○●┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼╋○⓱O●○●●●┼●●╋○┼┨
┠●┼○┼⓳●●○●○○●●○○┼┼┨
┠┼┼┼○┼●┼○○○●●●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷M┷⓯┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┛
白Aのオキが肺腑をえぐる。
第7譜で白Iを打っておいた効果である。
=========================
<参考図>
┏●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○●┼●●●┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼○┼●○●○○●┼●●○●
┠●┼┼┼┼┼┼●○○○●●┼●○○●
┠●○┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼●○●●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┨
○●●●●○○┼┼┼┼┼○○○┼○┼┨
┠○○┼┼●○●┼┼●┼●●┼┼┼┼┨
┠●○╋●●●○○╋┼●┼┼●╋●❷┨
┠┼○●┼○●┼┼┼┼┼┼○┼B┼@┨
┠┼○┼┼●┼○┼┼┼┼┼┼●┼●┼┨
┠┼○●┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠┼○○┼┼┼○●┼┼┼┼○┼○●┼┨
┠┼●┼┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼╋○┼┼●○●●●┼●●╋○┼┨
┠●┼○┼┼●●○●○○●●○○┼┼┨
┠┼┼┼○┼●┼○○○●●●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┼┷┼┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┛
前譜黒❸で❷とさえぎるのは白Bで分断である。

=========================
譜に戻って、黒は❺と形に備えて、薄い黒の援軍とする。
しかし白Eから辛辣な揺り戻しが来る。締め付けながら
ここにそれなりの白地がつく。このように増える地が大きいのである。
白が八子を取らせた時点で約束されている。

第9譜 (161〜180)
┏●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○●┼●●●┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼○┼●○●○○●┼●●┼●
┠●┼┼┼┼┼┼●○○○●●┼●┼┼●
┠●○┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼●○●●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┨
○●●●●○○┼┼┼┼┼○○○┼○┼┨
┠○○┼┼●○●┼┼●┼●●┼┼┼┼┨
┠●○╋●●●○○╋┼●┼┼●╋●○┨
┠┼○●●○●┼┼┼┼I┼○┼┼┼○┨
┠┼○●○●●○┼⓫┼C❺E●●●┼┨
┠┼○●○○○┼○M┼┼┼G❼○●┼┨
┠┼○○●┼┼○●⓭●┼┼○❾○●┼┨
┠┼●┼┼○○○●K┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼╋○●○●○●●●┼●●S○┼┨
┠●┼○A●●●○●○○●●○○⓳┼┨
┠┼┼┼○┼●┼○○○●●●Q⓱⓯┼┨
┗┷┷┷┷○┷●❶┷❸○┷┷┷O┷┷┛
ぴったりと締め付けてから白Cのいじめが来る。
黒はそれでも黒❺から策動して勝機を見出そうとする。
途中、白Kから白Mとしているのが用心深い。
どういうことかと言うと

=========================
<参考図>
┏●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○●┼●●●┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼○┼●○●○○●┼●●┼●
┠●┼┼┼┼┼┼●○○○●●┼●┼┼●
┠●○┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼●○●●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┨
○●●●●○○┼┼┼┼┼○○○┼○┼┨
┠○○┼┼●○●┼┼●┼●●┼┼┼┼┨
┠●○╋●●●○○CE●┼┼●╋●○┨
┠┼○●●○●┼┼❸❺○❼○┼┼┼○┨
┠┼○●○●●○┼●A○●○●●●┼┨
┠┼○●○○○┼○○❶G❾○●○●┼┨
┠┼○○●┼┼○●●●I┼○●○●┼┨
┠┼●┼┼○○○●○┼┼┼┼┼○○┼┨
┠┼┼╋○●○●○●●●┼●●┼○┼┨
┠●┼○A●●●○●○○●●○○┼┼┨
┠┼┼┼○┼●┼○○○●●●┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷○┷●●┷●○┷┷┷┷┷┷┛

黒❶と切って行っても、白Iで五子あたりになる
寸法である。
=========================
譜に戻って、黒は⓯から手をつけ、最後は大石同士の劫つきの
攻め合いになったが白は最後まで面倒を見ている。

第10譜 (181〜200)
┏●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○●┼●●●┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼○┼●○●○○●┼●●┼●
┠●┼┼┼┼┼┼●○○○●●┼●┼┼●
┠●○┼┼┼┼┼○┼┼○Q┼●○●●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼S⓱⓳┼○○○┨
○●●●●○○┼┼I┼❾○○○┼○┼┨
┠○○┼┼●○●┼┼●┼●●┼┼┼┼┨
┠●○╋●●●○○╋┼●┼┼●╋●○O
┠┼○●●○●┼┼┼┼○┼○┼┼┼○⓯
┠┼○●○●●○┼●┼○●○●●●⓭G
┠┼○●○○○┼○○┼┼┼○●○●K⓫
┠┼○○●┼┼○●●●┼┼○●○●┼M
┠┼●┼┼○○○●○┼┼┼❼E○○AC
┠┼┼╋○●○●○●●●┼●●○○❶┨
┠●┼○A●●●○●○○●●○○●┼❸
┠┼┼┼○┼●┼○○○●●●○●●❺┨
┗┷┷┷┷○┷●●┷●○┷┷┷○┷┷┛

第11譜 (201〜220)
┏●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○●┼●●●┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼○┼●○●○○●┼●●┼●
┠●┼┼┼┼┼┼●○○○●●⓯●┼┼●
┠●○┼┼┼┼┼○┼┼○○M●○●●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼○●●❶○○○┨
○●●●●○○┼┼○S●○○○C○┼❺ ⓭ 劫取り
┠○○┼┼●○●┼┼●┼●●❸┼┼A┨ O 劫取り
┠●○╋●●●○○╋┼●┼┼●╋●○○ ⓳ 劫取り
┠┼○●●○●┼┼┼┼○⓫○┼┼┼○┨
┠┼○●○●●○┼●Q○●○●●●●○
┠┼○●○○○┼○○⓱K┼○●○●○┨
┠┼○○●┼┼○●●●┼┼○●○●┼○
┠┼●┼┼○○○●○┼┼┼●○○○○○
┠┼┼╋○●○●○●●●┼●●○○●E
┠●┼○A●●●○●○○●●○○●I●
┠┼┼┼○┼●┼○○○●●●○●●●┨
┗┷┷┷┷○┷●●┷●○┷┷G○❼┷❾

第12譜 (221〜228)
┏●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●○┼┼○●┼●●●┼●┼┼┼●┨
●○○○┼┼○┼●○●○○●┼●●┼● ❼ 劫取る
┠●┼┼┼┼┼┼●○○○●●●●┼┼●
┠●○┼┼┼┼┼○┼┼○○○●○●●┨
┠●○┼○○┼┼┼┼┼○●●●○○○┨
○●●●●○○┼┼○○●○○○○○┼● 
┠○○┼┼●○●┼┼●A●●●┼┼○┨ 
┠●○╋●●●○○╋❸●┼┼●G●○○ 
┠┼○●●○●┼┼┼E○●○┼┼┼○┨
┠┼○●○●●○┼●○○●○●●●●○
┠┼○●○○○┼○○●○┼○●○●○┨
┠┼○○●┼┼○●●●C┼○●○●┼○
┠┼●┼┼○○○●○❺┼┼●○○○○○
┠┼┼╋○●○●○●●●┼●●○○●○
┠●┼○A●●●○●○○●●○○●❶●
┠┼┼┼○┼●┼○○○●●●○●●●┨
┗┷┷┷┷○┷●●┷●○┷┷○○●┷●

秀栄はある時、保寿の芸について人に訊かれ、
こう答えたそうである。
「田村の碁はもう、私とほとんど毛抜き合わせのところまで
きています。こう打たれはせぬかと見ていると、かならず
そこに打ってくる。けれどもまだ少うし・・・」

12-1297(1533)
パスワード:
「脱出」の解答鉢の木12年10月31日 22:38


白先 白五子を逃げ出してください

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○○╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼@○○●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼┼╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@と冷静に上下をにらむ。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○○╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○❻●HJ┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼F●D❿┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹B❽┼●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼@○○●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼┼╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼❷┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷と下を備えれば、白Bから・・・

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○○╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷┼●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼@○○●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼❽❻H●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼FB●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●❹●D┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷と上を守れば、白Bのアテコミから・・・

12-1296(1532)
パスワード:
ああこんな筋が・・・解答鉢の木12年10月31日 20:44


白先

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯❹B┯❽F┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼@┼D❿❷HJ❻●○┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼○┼●○┼●○●○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼○●┼●●┼●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

白@とこんなところをカケつぐ。
これが両方頑張っている手です。
黒❷なら白Bとすべり
黒❹なら白Dから白Fが好手で目がありません。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯❻BF┯┯DH┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼@┼❹┼❷┼┼❽●○┨
┠┼┼┼┼┼●┼┼○┼●○┼●○●○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼○●┼●●┼●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

黒❹とコスむと白Dが急所で黒は眼を作ることが出来ません

12-1295(1531)
パスワード:
「復習」の解答鉢の木12年10月31日 20:07


┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯●❷┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○○@●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼●●┼○○J┼○┼●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●●B●⓬○╋❽┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❿┼F●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹DH●┼●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼⓰○❻●P⓲○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼L⓮┼R┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼N⓴┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@から白Eまでは手続き。
白Fが何とも言えない妙手です。
黒❽とこちらを打てば、外側の黒石を取るまで

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯●●┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○○○●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼●●┼○○○┼○┼●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●●○●●○╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼○●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○●❹●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●○●●○●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼○B┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❷❻┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼@D┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼F┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Fまでぴったりゲタです。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯J●❷┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼⓬○┼┼○○@●L┼┨
┠┼┼┼┼●┼●●┼○○┼┼○⓮●N┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●●B●┼○╋H❿┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼F●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹D┼●❽●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❻●┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❽とこちらを打てば、二子を取る手があたりになって
打ち欠くひまがないように持っていきます。

しかし固いところへ頭をぶつけてゆくようなコスみつけとは
ほとほと碁は深い変化があるものですね。

12-1294(1530)
パスワード:
芸術作品解答鉢の木12年10月31日 19:01
白先で活きて下さい。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯⓮⓬❿┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●LRJH
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●○○○⓲┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●P┼N●DF
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○○○●❻❽
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●@B⓰
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼❷❹┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

白@からの切り下がりはここしかとっかかりが無いので当然。
白Fの下がりがいろいろな利きを含んで好手。
黒❽で抜くのは2の二に打たれて楽活き。

平凡な切り下がりにも力がありました。

12-1293(1529)
パスワード:
易しい問題解答鉢の木12年10月31日 16:50
●❺●○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○●┯┓
┠●❶A○●┼●┼┼┼┼┼○┼┼●○┨
C○○○●┼●┼┼┼┼○┼○●●●@┨
❸○┼╋●┼┼┼┼╋┼┼┼●┼○┼●┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●●┼○┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠第3問黒先┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼第1問白先┼┼┨
┠第4問黒先┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼第2問白先┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●●○┨
○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
●○┼●┼●┼┼┼╋┼┼┼○┼●┼●┨
●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼●┼●┨
❸●○○┼●┼┼┼┼┼┼○●●@┼○●
A❶●○┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷○┛

┠┼●┼┼┼┼┼┼┼
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼
○┼┼┼┼┼┼┼┼┼
○●●┼┼┼┼┼┼┼
┠○┼●┼●┼┼┼╋
┠○┼┼┼┼┼┼┼┼
┠┼○○┼●┼┼┼┼
C❺┷○┷┷┷┷┷┷

12-1292(1528)
パスワード:
稀代の妙着などとてもとてもとほる12年10月31日 15:25
こういう妙着は思いつくわけはありません。
鉢の木さんが早く復帰され解答を示してくださるようにと
首を長くしていました。
今回の宿題は難問が多く意欲が萎えましたが、
鉢の木さんが復帰されて安心しました。

12-1291(1527)
パスワード:
稀代の妙着解答鉢の木12年10月31日 15:07
黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○┼❶┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼○A┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼❸┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●○●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶は絶対。白Aの時、黒❸が稀代の妙着。
後はどう変化しても、黒勝ちになることを確かめてください。

12-1290(1526)
パスワード:
変な形の詰碁解答鉢の木12年10月31日 14:51
┼┼┼┼┼┼┼●┤ 黒先白死
┼┼┼┼┼┼●┼●
┼┼┼┼┼●┼┼┤ 黒❶が急所。
┼┼●┼●┼┼❶○ 白Aの抵抗に黒❸から黒❼。
┼┼┼●┼AC┼┤ 黒❸は❺の所も可。
┼┼●┼E❺❸┼○ 黒❶で❶の下は白Aで失敗。
┴┴┴●❼○┴○┘

12-1289(1525)
パスワード:
易しいヨセ解答鉢の木12年10月31日 12:30
黒先

┏○┯○┯┯┯B┓
○○○○○●●○●
○●○●○○○●┨  
●●○●○E●┼┨
C○○D●○●●┨
●●●●●●┼┼┨
○○○●○●●●●
F┼○○○●○○○
┗┷┷┷○○●A┛

A= 11目
B= 9目半
C= 6目
D= 4目
E= 2目
F= 5目

┏○┯○┯GIA❾
○○○○○●●○●
○●○●○○○●❼  黒地 13目
●●○●○E●┼┨  白地 12目
❸○○❺●○●●┨
●●●●●●┼┼┨
○○○●○●●●●
C┼○○○●○○○
┗┷┷┷○○●❶┛

黒1目勝ち

12-1288(1524)
パスワード:
一本道の易しい詰碁の解答鉢の木12年10月31日 10:52
薔薇様ご心配有難うございます。体調と云うよりは頭の具合が悪く、碁を打とうとする意欲が無くなってお休みしていました。又ポチポチ対局しようと思っています。

黒先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
┠┼●●●●●●●┼┼
●●●◯┼●◯┼┼●┼
◯◯●◯A◯┼◯◯●┼
┗◯◯❸❶C┷┷┷●┷

黒❶、黒❸はすぐ見えるところ

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
┠┼●●●●●●●┼┼
●●●◯┼●◯┼┼●┼
◯◯●◯A◯❼◯◯●┼
┗◯◯❺EC┷┷┷●┷

黒❼の目欠きの筋に気がつけば極めて易しい詰碁でした。

12-1287(1523)
パスワード:
お体如何ですか薔薇12年10月29日 12:24
鉢の木さんを見なくなって、一週間立ちます。お体のほうは如何でしょうか。あんじています。どうぞくれぐれもお体を大切にしてください。

12-1286(1522)
パスワード:
しばらくお休みします鉢の木12年10月22日 04:48
宿題を沢山出しておきました。
体調が整いましたら又お会いします。

12-1285(1521)
パスワード:
脱出鉢の木12年10月22日 04:46
白先 白五子を逃げ出してください

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○○╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼●┼●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼○○●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼┼╋┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1284(1520)
パスワード:
ああこんな筋が・・・鉢の木12年10月22日 04:40
白先

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┨左方の味を消しつつ、上辺の
┠┼┼┼┼┼●┼┼○┼●○┼●○●○┨眼取りを行います。
┠┼┼╋┼┼┼┼○●┼●●┼●○○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

12-1283(1519)
パスワード:
易しいヨセ鉢の木12年10月21日 23:11
最後までヨセてどちらが何目勝ちか答えて下さい。

黒先

┏○┯○┯┯┯┯┓
○○○○○●●○●
○●○●○○○●┨
●●○●○┼●┼┨
┠○○┼●○●●┨
●●●●●●┼┼┨
○○○●○●●●●
┠┼○○○●○○○
┗┷┷┷○○●┷┛

12-1282(1518)
パスワード:
石の脱落鉢の木12年10月21日 20:58
發陽論の易しい問題の第2問は石が脱落していました。お詫びして訂正します。

12-1281(1517)
パスワード:
復習鉢の木12年10月21日 15:28
白先
 かなりの難問です。心眼で出来れば
アマの域を脱しています。
以前にも掲載しましたので、「復習」としました。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯●┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○○┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼●●┼○○┼┼○┼●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼●●┼●┼○╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1280(1516)
パスワード:
芸術作品鉢の木12年10月21日 13:11
白先で活きて下さい。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●○○○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○○○●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1279(1515)
パスワード:
『發陽論』の易しい問題鉢の木12年10月21日 20:55
發陽論は難しい問題ばかりではありません。
こんな易しい問題も沢山あります。

●┯●○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○●┯┓
┠●┼┼○●┼●┼┼┼┼┼○┼┼●○┨
┠○○○●┼●┼┼┼┼○┼○●●●┼┨
┠○┼╋●┼┼┼┼╋┼┼┼●┼○┼●┨
┠●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●●┼○┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼┨
┠第3問黒先┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼第1問白先┼┼┨
┠第4問黒先┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼第2問白先┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┨
○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●●○┨
○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
●○┼●┼●┼┼┼╋┼┼┼○┼●┼●┨
●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○┼●┼●┨
┠●○○┼●┼┼┼┼┼┼○●●┼┼○●
┗┷●○┷┷┷┷┷┷┷┷┷○┷┷┷○┛

12-1278(1514)
パスワード:
稀代の妙着鉢の木12年10月21日 09:40
黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●○●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1277(1513)
パスワード:
変な形の詰碁鉢の木12年10月21日 09:09
体調が良くないのでしばらくお休みします。
ゆっくり考えてください。

┼┼┼┼┼┼┼●┤
┼┼┼┼┼┼●┼●
┼┼┼┼┼●┼┼┤
┼┼●┼●┼┼┼○
┼┼┼●┼┼┼┼┤
┼┼●┼┼┼┼┼○
┴┴┴●┴○┴○┘
黒先

12-1276(1512)
パスワード:
一本道の易しい詰碁鉢の木12年10月20日 22:23
最後の眼取りにちょっとだけ工夫

黒先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
┠┼●●●●●●●┼┼
●●●◯┼●◯┼┼●┼
◯◯●◯┼◯┼◯◯●┼
┗◯◯┷┷┷┷┷┷●┷

12-1275(1511)
パスワード:
とほる様大正解鉢の木12年10月20日 11:47
取られる石を大きくして欠け目にする筋でした。

12-1274(1510)
パスワード:
本当に易しい?詰碁とほる12年10月20日 11:00
┬○┬❶A┬┬┬┬┬  白が5目をとったあと打ち欠きます。
●○G●○┼┼●┼┼  3目中手になります。
●○○●○❼●┼┼┼  白はAで渡りを止めるために
●●○❺❸C┼┼●┼  いろいろ工夫すると思いますが
┼●○E○❾┼●┼┼  左をセキねらいにしてクリアできそうです。
┼┼●○○●┼┼┼┼
┼●┼●●●┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼

12-1273(1509)
パスワード:
本当にやさしい詰碁レオン12年10月20日 07:07
手数も少なく、やさしそうに見えますが、全く手がかりが解らずできませんでした。

12-1272(1508)
パスワード:
本当にやさしい詰碁鉢の木12年10月19日 16:33
黒先

┬○┬┬┬┬┬┬┬┬
●○┼●○┼┼●┼┼
●○○●○┼●┼┼┼
●●○┼┼┼┼●┼┼
┼●○┼○┼●┼┼┼
┼┼●○○●┼┼┼┼
┼●┼●●●┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼

12-1271(1507)
パスワード:
決して易しくない詰碁の解答鉢の木12年10月19日 14:20
黒❶のツケが急所
白Aと受ければ

┌┬○┬┬●┬┬
○EA❶○●┼┼
❼❸┼○┼●┼┼  自動的に右側の眼がなくなっているところがミソ
❺C○┼┼●┼┼
●┼●●●●┼┼
├●┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼

白Aとあてれば

┌┬○A❺●┬┬
○C❼❶○●┼┼
├┼┼○❸●┼┼
├E○┼┼●┼┼
●┼●●●●┼┼
├●┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼


┼┼┼┼┼┼┼┼┤ 
┼●●●●●●●● 
┼●┼┼A○○○❸ 
┼●┼○┼┼┼┼C 
┴●┴┴┴❶❺┴┘

黒❸は単に黒❺でも良い 

12-1269(1506)
パスワード:
秀策の妙手鉢の木12年10月19日 13:25
私は古碁の棋譜並べが好きで若い頃から一日2局は並べるようにしています。
最近は自動碁盤にセットして置いて眺めるだけという不精なことをやっていますが
腕が痛くならないという利点もあります。道策、丈和、秀甫が好きでほぼ全局を
何回も並べました。しかし棋聖秀策はどうも積極的に並べる気がしません。
着手が平明で分かりやすく、極めてたやすく並べられるのですが、丁度秀格本因坊の碁に
並べる意欲をそそられないのと同じ理由かなと思っています。だが碁は平明に勝てれば
一番良い訳で、最近秀策の碁をしきりと並べています。
最初に取り上げたのは、黒57の妙手として有名なこの局ですが、この妙手はアマでも打てる
手で六段位ならばすぐ気がつく手であります。なぜ秀策だけが「耳赤の一手」もそうですが
平凡な手が妙手と言われるのか不思議に思っています。
20手ずつ譜を分けて掲載しますので、簡明ではあるが相手の狙い筋を確実にはずしてゆく
秀策の碁をお楽しみください。
なお私の独断的な感想も書き込みました。



 黒 本因坊秀策
 白 安井算知
   
    秀策御城碁第1局
秀策の御城碁デビュー第1局です。
安井算知は当代きっての力戦家。
秀策の先番です。

 第1譜(1〜20)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼K❸⓫┼┼┼⓭┼┼┼┼┼M┼┼┼┨
┠┼I╋┼E┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋❶┼┨
┠┼C❼❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼G┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼S┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼⓯┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋O┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋A┼┨
┠┼┼⓱Q┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼⓳┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白Aの並び小目は秀哉の愛用した手です。
白Mは左下隅へ打つのが普通の感覚。
黒⓯は⓱の小目へ打つのもありました。
白Oの高ガカリとはなんという手を。
まして白Sにはとても賛成出来ない。

 第2譜(21〜40)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼a┼●┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼○╋┼○┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼○●●❼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼C┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼❾┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○AE┼G┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼❶┼❺┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳S┼┨
┠┼●┼❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓱Q┼┨
┠┼┼╋○┼┼I┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼●○┼┼┼┼┼K┼┼⓫┼⓯⓭M┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼O┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❶は私好みではない。秀策の碁ではこのような突き当りが良く出てくる。
簡明を旨としているのでしょう。

黒❼は白aの策動に備えた手。
白Gは甘い。黒❾が打てては、碁は「オワ」です。
黒⓫の大ケイマかかりは良い手です。もし白がコスンできたら
黒はKの一路上へ打って左側の白が薄い。
とにかく白Mはつらい。ハネ出すところ。
しかしハネ出すには白Kが中途半端な位置にある。むしろ一路控えておれば、
ハネ出しがぴったりだったでしょう。
====================================================

《変化図》

白Cでボウシするのは、黒❷、黒❹で簡単に
所帯を持たれてしまう。
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○●●┼┼┼●┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼○╋┼○┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼○●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼B○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

====================================================

 第3譜(41〜60)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼I┼┨
┠┼○●●┼┼┼●┼C┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼○╋┼○┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼○●●●┼┼┼┼┼┼┼GE❺┼┼┨
┠⓱┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❼┼┼┼┨
┠┼○S┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓫┼┼┼┨
┠┼⓳Q⓯┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●⓭M●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼KO┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸❾┼┨
┠┼○○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼❶A┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋○┼┼○┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼●○┼┼┼┼┼○┼┼●┼●●○┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❸まで三線を這わせて気持ちが良い。
それにしても白Eは右辺を飛ぶ一手ではないか。黒❾と押さえては楽勝の碁です。
黒⓫とは、秀策の碁はこういう手がとても多い。
だが白Kとは算知もへぼ。こんなところはMにつけるに決まったところです。
白Mのハネ込みからどうだといった訳ですが、秀策の妙手を誘発しました。
黒⓱のオキがこの一手と言う手。しかし秀策の妙手というのはとても分かりやすい。
ただこのオキなら私でも打てる。呉清源の妙手はとてもマネができないが。
碁史上有名な「耳赤の一手」も大した手ではない。
局面を示されれば専門棋士なら誰しも打つ手でしょう。

 第4譜(61〜80)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○●●┼┼┼●⓭○┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼○╋┼○┼┼┼╋M┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼○●●●┼┼┼┼┼┼┼○○●┼┼┨
┠●A○┼┼┼⓯┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠❶○○┼K┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼●○●C┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓳┼┼┨
┠┼●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼O⓱┼┼┨
┠❸┼○○┼┼┼┼╋┼┼S┼┼Q┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠A○○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●┼●┼⓫┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋○┼❼○┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼●○┼❺E┼┼○┼┼●┼●●○┨
┠┼┼●┼❾GI┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❺は白Aが左辺に利いているので二子を取りに行きました。
黒⓭はまたまた頭をぶつけに行きました。
どうも間に合わせのにおいがして好きになれません。
しかし黒⓭、黒⓯は店じまいなのでしょう。

====================================================

《変化図》

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○●●┼┼┼●●○┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼○╋┼○┼┼┼╋○┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼○●●●┼┼┼┼┼┼┼○○●┼┼┨
┠●○○┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠●○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
@B●○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❷┼●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼○○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
D┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┨
┠○○○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋○┼●○┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼●○┼●○┼┼○┼┼●┼●●○┨
┠┼┼●┼●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
下がりが利いている理由。
白@と置くのがよさそう。

====================================================

 第5譜(81〜100)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○●●┼┼┼●●○┼┼┼○┼┼S┨
┠┼○╋┼○┼⓭┼╋○┼┼┼┼╋●┼┨
┠❼○●●●┼❸K┼┼┼┼○○●┼┼┨
┠●○○┼┼┼●A┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠●○○┼○┼C┼┼┼❾┼┼●┼┼┼┨
┠┼●○●○┼┼┼┼IG❺┼┼●┼┼┨
┠┼●●○●┼┼┼┼┼┼M┼○●┼┼┨
┠●┼○○┼┼┼┼╋┼┼○┼┼○❶┼┨
┠E┼┼┼┼┼┼Q┼O┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼⓯┼┼┼●●⓳┨
┠┼○○○┼○⓱⓫┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋○┼●○┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼●○┼●○┼┼○┼┼●┼●●○┨
┠┼┼●┼●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
この局面になると隅や辺に地がつくところがない。
白は中を囲うよりない。けれども碁は一人で打つものでは
ないので、白に地がつけば黒にもつくという道理。

またまた出ました黒⓱、秀策のツッパリ。下辺の白を苛めようともせず
黒⓳と下がって逃げ込みです。

====================================================

《変化図》

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼○●●┼┼┼●●○┼┼┼○┼┼S┨
┠┼○╋┼○┼┼┼╋○┼┼┼┼╋●┼┨
┠❼○●●●┼❸┼┼┼┼┼○○●┼┼┨
┠●○○┼┼┼●A┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠●○○┼○┼C┼┼┼❾┼┼●┼┼┼┨
┠┼●○●○┼┼┼┼IG❺┼┼●┼┼┨
┠┼●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┨
┠●┼○○┼┼┼┼╋┼┼○┼┼○❶┼┨
┠E┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼O┼┼┼┼⓱┼┼┼●●┼┨
┠┼○○○┼○⓯⓫┼Q┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●┼●┼⓭M┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●┼●┼●K┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼┼╋○┼●○┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼●○┼●○┼┼○┼┼●┼●●○┨
┠┼┼●┼●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白が分断してきたら、黒⓱と打って、白があくまでもQと
二子を取りに来たら、右辺の白三子を取り込む振り替わり。

====================================================

 第6譜(101〜120)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○S┨
┠┼○●●┼┼┼●●○┼┼┼○┼⓳○┨
┠┼○╋┼○┼●┼╋○┼┼┼┼╋●❶┨
┠●○●●●┼●○┼┼┼┼○○●┼┼┨
┠●○○┼┼┼●○┼┼┼┼┼●Q┼┼┨
┠●○○┼○┼○┼┼┼●┼┼●┼┼┼┨
┠⓫●○●○┼┼┼┼○○●┼┼●┼┼┨
┠┼●●○●┼┼┼┼┼┼○┼○●┼┼┨
❾●I○○┼┼┼┼╋┼┼○┼┼○●┼┨
G○┼┼┼┼┼⓱○┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❼K┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼●●●┨
┠┼○○○┼○●●┼┼┼┼┼┼●○┼⓯
┠┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼⓭
┠┼┼╋○┼●○┼╋┼┼❺┼┼╋○┼M
┠┼┼●○┼●○┼┼○EA●┼●●○┨
┠┼┼●┼●○○┼┼┼C❸┼┼┼┼○O
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

 第7譜(121〜140)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼○●●┼┼┼●●○┼┼┼○┼●○┨
┠┼○╋┼○┼●┼╋○┼┼┼┼╋●●┨
┠●○●●●┼●○┼┼┼┼○○●❶┼┨
┠●○○┼┼┼●○┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠●○○┼○┼○┼┼┼●┼┼●┼┼┼┨
┠●●○●○┼┼┼┼○○●┼┼●┼┼┨
┠┼●●○●┼┼┼┼┼┼○┼○●┼┼┨
●●○○○┼┼┼┼╋┼┼○┼┼○●┼┨
○○┼┼┼┼┼●○┼○⓳┼┼┼┼┼┼┨
┠●○┼┼┼❾┼┼┼⓯●┼┼┼●●●┨
┠┼○○○I○●●┼┼┼┼┼┼●○┼●
┠┼●O●┼AE❼┼┼┼┼┼┼●○┼┨
┠┼●⓱●Q●❸C❺┼⓫┼┼┼●○┼●
┠S┼⓭○┼●○G╋┼┼●┼┼╋○┼○
┠┼┼●○M●○┼┼○○○●┼●●○┨
┠┼┼●K●○○┼┼┼○●┼┼┼┼○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は四子を捨てて中央を補強する。白はSのオキから
巧妙に隅を荒らす。

 第8譜(141〜160)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼○●●┼┼┼●●○┼┼┼○┼●○┨
┠C○╋┼○┼●┼╋○┼┼┼┼╋●●┨
❺●○●●●┼●○┼┼┼┼○○●●┼┨
┠●○○┼┼┼●○┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠●○○┼○┼○┼┼┼●S┼●┼┼┼┨
┠●●○●○┼┼┼┼○○●┼┼●┼┼┨
⓭K●●○●┼⓳┼┼┼┼○┼○●┼┼┨
●●○○○┼┼┼┼╋Q┼○┼┼○●┼┨
○○┼┼┼┼┼●○┼○●┼┼┼┼┼┼┨
O●○┼┼┼●┼┼┼●●┼┼┼●●●┨
I❾○○○○○●●┼┼┼┼┼┼●○┼●
⓫E●○●┼○○●┼┼┼┼┼┼●○┼┨
G❼●●●○●●○●┼●┼┼┼●○┼●
⓱○┼●○┼●○○╋┼┼●┼┼╋○┼○
⓯❶❸●○○●○┼┼○○○●┼●●○┨
┠A┼●○●○○┼┼┼○●┼┼┼┼○○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒は左下を無条件で活き、黒⓳にまわって
勝ちを読み切った。

 第9譜(161〜180)
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯M┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼S⓯┼┼┼┼⓭K┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼○●●┼┼┼●●○┼C┼○┼●○┨
┠C○╋┼○┼●┼╋○┼┼┼┼╋●●┨
●●○●●●┼●○┼┼┼┼○○●●┼┨
┠●○○┼┼┼●○┼┼┼❶❸●○┼┼┨
┠●○○┼○┼○┼┼┼●○┼●┼┼┼┨
┠●●○●○┼┼┼┼○○●A┼●┼┼┨
●K●●○●┼●┼┼┼┼○┼○●┼┼┨
●●○○○┼┼┼┼╋○┼○┼┼○●┼┨
○○┼┼┼┼┼●○┼○●┼┼┼┼┼┼┨
○┼○┼┼┼●┼┼┼●●IG┼●●●┨
○┼○○○○○●●┼┼┼⓫❾┼●○┼●
┠○●○●┼○○●┼┼┼┼┼┼●○┼┨
○●●●●○●●○●┼●┼┼┼●○┼●
●○┼●○┼●○○╋┼┼●┼┼╋○┼○
●●●●○○●○┼┼○○○●┼●●○┨
┠○⓳●○●○○┼┼┼○●❼┼┼❺○○
┗┷⓱OQ┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷E┛
白Cと守らなければ、Cの右にツケ、切ってどう打っても
手です。

 第10譜(181〜200)
┏┯┯┯┯┯┯┯❶┯○┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○●┼┼┼┼●○┼┼┼M┼┼○○┨
┠┼○●●┼┼┼●●○Q○⓭○┼●○G
┠○○╋┼○┼●┼╋○┼⓱⓯O╋●●E
●●○●●●┼●○┼┼⓳❺○○●●┼❼
┠●○○┼┼┼●○┼SC●●●○❾┼┨
┠●○○┼○┼○┼┼┼●○┼●┼┼┼┨
┠●●○●○┼┼┼┼○○●○┼●┼┼┨
●┼●●○●┼●┼┼┼┼○┼○●┼┼┨
●●○○○┼⓫IK╋○┼○┼┼○●┼┨
○○┼┼┼┼┼●○┼○●┼┼┼┼┼┼┨
○┼○┼┼┼●┼┼┼●●○○┼●●●┨
○┼○○○○○●●┼┼┼●●┼●○┼●
┠○●○●┼○○●┼┼┼┼┼┼●○┼┨
○●●●●○●●○●┼●┼┼┼●○┼●
●○┼●○┼●○○A❸┼●┼┼╋○┼○
●●●●○○●○┼┼○○○●┼●●○┨
┠○●●○●○○┼┼┼○●●┼┼●○○
┗┷●○○┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷E┛

====================================================

《変化図》

┏┯┯┯┯┯┯┯●┯○┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○●┼┼┼┼●○┼┼┼❹┼❷○○┨
┠┼○●●┼┼┼●●○┼○●○B●○○
┠○○╋┼○┼●┼╋○┼┼@┼╋●●○
●●○●●●┼●○┼┼┼●○○●●┼●
┠●○○┼┼┼●○┼┼○●●●○●┼┨
┠●○○┼○┼○┼┼┼●○┼●┼┼┼┨
┠●●○●○┼┼┼┼○○●○┼●┼┼┨

白Mで上から白@と打つのは、黒❷とハネだされて
つぶれます。

====================================================

これから後はヨセの手続きです。

 第11譜(201〜220)
┏┯┯S┯┯┯┯●┯○┯┯┯┯G┯┯┓
┠┼○●┼┼┼┼●○┼┼┼○E❺○○┨
┠┼○●●┼┼┼●●○○○●○❼●○○
┠○○╋┼○┼●┼╋○┼●●○╋●●○
●●○●●●⓫●○┼┼●●○○●●┼●
┠●○○┼┼I●○┼○○●●●○●┼┨
┠●○○┼○┼○┼┼┼●○┼●┼┼┼┨
┠●●○●○┼┼❾┼○○●○┼●┼┼┨
●┼●●○●⓳●┼┼┼┼○┼○●┼┼┨
●●○○○Q●○○╋○┼○┼┼○●┼┨
○○┼┼┼K⓭●○┼○●┼┼┼┼┼┼┨
○┼○┼┼┼●⓱OM●●○○┼●●●┨
○┼○○○○○●●⓯┼┼●●┼●○┼●
┠○●○●┼○○●┼┼┼┼┼┼●○┼┨
○●●●●○●●○●┼●┼┼┼●○┼●
●○┼●○┼●○○○●┼●┼┼╋○┼○
●●●●○○●○┼┼○○○●┼●●○┨
┠○●●○●○○┼C┼○●●┼┼●○○
┗┷●○○┷┷┷┷┷A❶❸┷┷┷┷○┛

 第12譜(221〜240)
┏┯A○❶┯┯┯●┯○┯┯┯┯○┯┯┓
┠┼○●┼┼┼┼●○┼┼┼○○●○○┨
┠┼○●●┼┼┼●●○○○●○●●○○
┠○○S┼○┼●┼╋○┼●●○╋●●○
●●○●●●●●○┼┼●●○○●●┼●
┠●○○┼┼○●○┼○○●●●○●┼┨
┠●○○┼○M○⓫⓱Q●○⓯●┼┼┼┨
┠●●○●○┼❾●I○○O○┼●┼┼┨
●┼●●○●●●G┼┼┼○┼○●┼┼┨
●●○○○○●○○╋○❼○C❸○●┼┨
○○┼┼┼○●●○┼○●┼K❺⓭┼┼┨
○┼○┼┼┼●●○○●●○○E●●●┨
○┼○○○○○●●●┼┼●●┼●○┼●
⓳○●○●┼○○●┼┼┼┼┼┼●○┼┨
○●●●●○●●○●┼●┼┼┼●○┼●
●○┼●○┼●○○○●┼●┼┼╋○┼○
●●●●○○●○┼┼○○○●┼●●○┨
┠○●●○●○○┼○┼○●●┼┼●○○
┗┷●○○┷┷┷┷┷○●●┷┷┷┷○┛

 第13譜(241〜260)
┏┯○○●┯┯┯●┯○┯┯┯┯○┯┯┓
┠┼○●┼┼┼┼●○┼┼┼○○●○○┨
E┼○●●┼┼┼●●○○○●○●●○○
❺○○○❶○┼●┼╋○┼●●○╋●●○
●●○●●●●●○┼┼●●○○●●┼●
┠●○○┼┼○●○┼○○●●●○●┼┨
┠●○○┼○○○●●○●○●●┼┼┼┨
┠●●○●○┼●●○○○○○❸●┼┼┨
●┼●●○●●●○┼┼O○┼○●┼┼┨
●●○○○○●○○╋○●○○●○●┼┨
○○┼┼┼○●●○┼○●┼○●●┼┼┨
○┼○┼G❼●●○○●●○○○●●●┨
○┼○○○○○●●●┼┼●●M●○⓱●
C○●○●┼○○●┼┼┼┼┼⓯●○⓳S
A●●●●○●●○●┼●┼┼┼●○Q●
●○┼●○┼●○○○●❾●┼⓭K○┼○
●●●●○○●○┼┼○○○●┼●●○┨
┠○●●○●○○┼○┼○●●┼┼●○○
┗┷●○○┷┷┷┷┷○●●┷┷⓫I○┛


 第14譜(241〜267)
┏┯○○●┯┯┯●❶○┯┯┯┯○┯┯┓
┠┼○●┼┼┼┼●○A┼┼○○●○○┨
○┼○●●┼┼┼●●○○○●○●●○○
●○○○●○┼●❺╋○┼●●○╋●●○
●●○●●●●●○┼┼●●○○●●┼●
┠●○○┼┼○●○┼○○●●●○●┼┨ ❸劫取り
┠●○○┼○○○●●○●○●●┼┼┼┨
┠●●○●○┼●●○○○○○●●┼┼┨
●┼●●○●●●○┼┼○○E○●┼┼┨
●●○○○○●○○╋○●○○●○●┼┨
○○┼┼┼○●●○┼○●┼○●●┼┼┨
○┼○┼○●●●○○●●○○○●●●┨
○┼○○○○○●●●┼┼●●○●○●●
○○●○●┼○○●┼┼┼┼┼●●○●❼
○●●●●○●●○●┼●┼┼┼●○○●
●○┼●○┼●○○○●●●┼●○○C○
●●●●○○●○┼┼○○○●┼●●○┨
┠○●●○●○○┼○┼○●●┼┼●○○
┗┷●○○┷┷┷┷┷○●●┷┷●○○┛

267手完 黒11目勝

□ 村瀬秀甫の解説
算知はいつも序盤で損をした。しかし手の見える碁で中盤から勢いを取り戻した。

□ 石田九段の解説
序盤作戦にあまり神経を使わぬ算知の棋風はこの一局からもわかる。ただ秀策では相手が悪く、途中から力を出そうにもその機会がなかった。白52以下など、算知の勝負手は、黒57の妙手で応戦され、なんの効果もなかった。
初出場の御城碁を、秀策はのびのびと、しかも堅実に打ち、完勝で飾った。

12-1268(1505)
パスワード:
レオンさんへ 続々の問題とほる12年10月18日 22:07
できないのです。
もう1日考えます。

12-1267(1504)
パスワード:
レオン様鉢の木12年10月18日 20:47
黒❶には白Aと打って劫にしかならないと思います。白Cで❺と抑えても劫
┼┼┼┼┼┼┼┼┤
┼●●●●●●●●
┼●┼┼A○○○❸
┼●❶○┼E┼C❺
┴●┴┴┴┴┴┴┘

12-1266(1503)
パスワード:
鉢の木様、とほる様レオン12年10月18日 16:33


◆続々 易しそうで易しくない詰碁 ◆はギブアップです。
とほる様 できておられればお願いいたします

12-1260 で解答しております
◆続 易しそうで易しくない詰碁 ◆はどうでしょうか



12-1265(1502)
パスワード:
レオン様鉢の木12年10月18日 14:58
白の形は未熟なので無条件で取れないでしょうか

12-1264(1501)
パスワード:
続々 易しそうで易しくない詰碁 の解答レオン12年10月18日 14:49
続々 易しそうで易しくない詰碁
黒先
┌❺○┬E●┬┬
○❶❸C○●┼┼  コウにしかできませんでした
├A┼○┼●┼┼
❼┼○┼┼●┼┼
●┼●●●●┼┼
├●┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼

12-1263(1500)
パスワード:
とほる様 大正解です。鉢の木12年10月18日 12:57
切り下がりの筋で皆一度は目にしていると思います。実戦で打てるかとなると話は別ですね。本当に昔の初段は強かった。

12-1262(1499)
パスワード:
困った時の筋頼み 解答案とほる12年10月18日 12:47
黒先
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ Gは❶のところ。
┠┼C┼┼┼◯◯◯┼┼ これでよいのでしょうか。
┠E❸◯◯●●┼◯┼┼ 初段とあるのはきっと昔のことですね。
┠A❶◯●┼●┼◯┼┼ 昔の初段は強かった。
┠❺◯●●⓫●●◯◯┼ とてもさらっと解けません。
┗❼⓭◯KI┷❾┷┷┷ 弱いものです。

12-1261(1498)
パスワード:
レオン様鉢の木12年10月18日 11:58
黒先
┌┬○┬┬●┬┬
○❶┼┼○●┼┼
├A┼○┼●┼┼   白Aと打つとどうしますか
├┼○┼┼●┼┼
●┼●●●●┼┼
├●┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼

12-1260(1497)
パスワード:
詰碁の解答レオン12年10月18日 11:12
◆続々 易しそうで易しくない詰碁 ◆
黒先
┌❺○┬E●┬┬
○❶❼┼○●┼┼
├❸┼○┼●┼┼
CA○┼┼●┼┼
●┼●●●●┼┼
├●┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼

◆続 易しそうで易しくない詰碁 ◆
作者不詳の古作の詰碁です

┼┼┼┼┼┼┼┼┤
┼●●●●●●●●
┼●┼┼┼○○○❸
┼●❶○A┼┼C❺
┴●┴❼┴E┴┴┘
黒先

私は阪神大震災に遭いましたが家族は全員無事、家は少し傾きましたが家財道具はわれもの以外は無事で、そのとき物は持っていても何の意味もないと思い、何十冊と持っていた囲碁の本を全部すてました、それでも10冊くらい残っていて、その中の詰碁の本に「困ったときの筋頼み」が載っていました。今回の東日本大震災の対応が非常に遅い、もっとスピードあげて欲しいと思っています。私は明石から大阪に勤で、建築関連の仕事でしたので、阪神大震災後、大阪の街、神戸の街を何度もあるきますとあれよあれよという間に(1年くらいで)、復興(見た目平常の生活)した様に思いました、実際には被災者は何年も苦しかったと思います。

12-1259(1496)
パスワード:
続々 易しそうで易しくない詰碁鉢の木12年10月17日 22:40
黒先
┌┬○┬┬●┬┬
○┼┼┼○●┼┼
├┼┼○┼●┼┼
├┼○┼┼●┼┼
●┼●●●●┼┼
├●┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼

12-1258(1495)
パスワード:
困ったときの筋頼み鉢の木12年10月18日 05:33
黒は風前のともしび
筋を頼りに活きてください

黒先
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
┠┼┼┼┼◯◯◯┼┼┼
┠┼┼◯◯●●┼◯┼┼
┠┼┼◯●┼●┼◯┼┼
┠┼◯●●┼●●◯◯┼
┗┷┷◯┷┷┷┷┷┷┷

◆ あるところにこの問題が解けて初段合格とありました。まさか。囲碁倶楽部ではさらっと解けて五段合格とします。

12-1257(1494)
パスワード:
平沙落雁 解答鉢の木12年10月17日 20:42
すなはらに降りたつ雁。洞庭湖の南、湘江とその支流潚水の合するあたりは瀟湘と呼ばれ、いわゆる「瀟湘八景」があって古来風光明媚で知られる。

白先
┏┯⓬J┯B┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
❽❻D●L┼❹●●●○┼●┼┼┼┼┼┨
F●●○●●●○○○○●┼┼┼┼┼┼┨ ❿ つぎ
●○○○●○●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨
❷●●○●○●○○┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
H@○○●○●○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○○┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
白@、黒❷は当然として、白Bと急所に置く。黒❹とこちらをつげば
手順に打って左側が劫になる。
┏┯┯┯┯B┯F┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●❹┼D●●●○┼●┼┼┼┼┼┨
┠●●○●●●○○○○●┼┼┼┼┼┼┨
●○○○●○●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨
❷●●○●○●○○┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠@○○●○●○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○○❻○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❹とこちらをつぐのは右側が簡単に劫
┏┯J⓬┯B┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
❽❻D●L❹┼●●●○┼●┼┼┼┼┼┨
F●●○●●●○○○○●┼┼┼┼┼┼┨
●○○○●○●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨
❷●●○●○●○○┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
H@○○●○●○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○○┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒が❹で頑張ると劫にもならず大敗である。

12-1256(1493)
パスワード:
レオン様正解です鉢の木12年10月17日 14:41
下がりで殺す筋です。実戦では見逃してしまいそうですね。

12-1255(1492)
パスワード:
ふぃご村の解答レオン12年10月17日 14:34

黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯❶┯○E❺❸C○┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●○❼┼A┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○┼○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋●●┼●○●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1254(1491)
パスワード:
続 易しそうで易しくない詰碁鉢の木12年10月17日 09:47
作者不詳の古作の詰碁です

┼┼┼┼┼┼┼┼┤
┼●●●●●●●●
┼●┼┼┼○○○┤
┼●┼○┼┼┼┼┤
┴●┴┴┴┴┴┴┘
黒先

12-1253(1490)
パスワード:
レオン様 お見事でした鉢の木12年10月17日 09:24
間違えやすいのは

黒先

┠┼┼┼┼┼┼
┠●●●●●┼
●●◯❺◯●┼
●CAE◯●┼
◯◯❶┼◯●┼
┗❸┷❼◯●┷  とするものですが

┠┼┼┼┼┼┼
┠●●●●●┼
●●◯┼◯●┼
●┼A┼◯●┼
◯◯❶┼◯●┼
┗❸C┷◯●┷  白Cに放り込まれてダメでした

12-1252(1489)
パスワード:
レオン様残念鉢の木12年10月17日 09:11
黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○C┯❺E○┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼❶A┼○●●┨ 白にCと抱えられてダメなようです
┠┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○❸○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋●●┼●○●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1251(1488)
パスワード:
ふぃご村の解答レオン12年10月17日 09:07

黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○❼┯E❺○┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼❶AC○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○❸○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋●●┼●○●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1250(1487)
パスワード:
易しそうで易しくない詰碁の解答レオン12年10月17日 09:00
黒先

┠┼┼┼┼┼┼
┠●●●●●┼
●●◯E◯●┼
●❼C❶◯●┼
◯◯❸A◯●┼
┗┷❺┷◯●┷

12-1249(1486)
パスワード:
易しそうで易しくない詰碁鉢の木12年10月16日 22:27
黒先

┠┼┼┼┼┼┼
┠●●●●●┼
●●◯┼◯●┼
●┼┼┼◯●┼
◯◯┼┼◯●┼
┗┷┷┷◯●┷

12-1248(1485)
パスワード:
ふぃご村鉢の木12年10月16日 12:26

黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○┯┯┯┯○┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼●┼●○○○┼○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋●●┼●○●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

ふぃご村の実戦に出てきた形。江場さんの作品でした。

12-1247(1484)
パスワード:
洞庭秋月 追伸2とほる12年10月16日 12:17
❹のノビ、Fの放り込みなど手はあるものですね。
こんなのはとても手に負えません。
碁の深さに脱帽というか、自分に絶望するのみです。
「平沙落雁」、ひと目でコウということですが
毎日にらめていてもコウの筋は見えません。

12-1246(1483)
パスワード:
レオン様正解で劫です鉢の木12年10月16日 12:04


白先

┏┯┯●┯┯┯┯B❷┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○●┼┼┼●@●┼┼┼┼┼┼┼┨ 白Bと放り込んでも劫で一寸つまらない
┠●┼○┼●┼○○○●┼●┼┼┼┼┼┨
┠○○○┼┼●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

黒❹と抵抗すると面白い変化があって

白先

┏┯┯●┯┯┯┯┯❷┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○●B┼❹●@●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼○┼●┼○○○●┼●┼┼┼┼┼┨
┠○○○┼┼●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

┏┯┯●K┯┯┯❻❷┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○●BD❹●@●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼○❿●❽○○○●┼●┼┼┼┼┼┨
┠○○○JF●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●H○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼L┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

白Fの放り込みがありました

12-1245(1482)
パスワード:
とほる様レオン12年10月16日 11:38
とほる様の通りコウにはしませんですね。ありがとうございました。

12-1244(1481)
パスワード:
洞庭秋月 追伸とほる12年10月16日 11:24
┏┯┯●❽❹F┯H❷┯┯┯┯┯┯┯┯┓ ここまでくればHの放り込みが見えます。
┠┼●○●BD┼●@●┼┼┼┼┼┼┼┨ なにしろ当てられるところはすぐ当てて
┠●┼○❻●┼○○○●┼●┼┼┼┼┼┨ しまう癖が直りません。
┠○○○┼┼●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨ 先に当ててしまうから大魚がつれない
┠┼┼┼┼●┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨ のですね。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨ 手順というのは大変なものです。
┠┼○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 鉢の木さんありがとうございました。
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨ (どうしても全部とるというと
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨  ❽のところのコウになるわけで、
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨  これは負けると黒の損害が大きい。)
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1243(1480)
パスワード:
洞庭秋月の解答レオン12年10月16日 11:19
勝手読みと思いますがコウ

白先

┏┯┯●┯❹H❽F❷❿┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○●BD┼●@●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼○❻●┼○○○●┼●┼┼┼┼┼┨
┠○○○┼┼●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1242(1479)
パスワード:
とほる様惜しい鉢の木12年10月16日 10:56
白先
┏┯┯●┯┯┯┯┯❷┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○●B┼┼●@●┼┼┼┼┼┼┼┨考えを飛躍させて白Bであてこんで
┠●┼○┼●┼○○○●┼●┼┼┼┼┼┨みたらどうでしょうか
┠○○○┼┼●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1241(1478)
パスワード:
洞庭秋月とほる12年10月16日 10:12
白先
┏┯┯●┯H┯D❹❷❻┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○●F❽B●@●┼┼┼┼┼┼┼┨ 一瞬できたと思ったのですが・・。
┠●┼○┼●┼○○○●┼●┼┼┼┼┼┨ このあと黒がつげば白もついで
┠○○○┼┼●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨ 切りが見合いです。
┠┼┼┼┼●┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ でも

┏┯┯●┯❽┯D❹❷❻┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○●F┼B●@●┼┼┼┼┼┼┼┨ ❽から当てられると手も足も出ません。
┠●┼○┼●┼○○○●┼●┼┼┼┼┼┨ なんか近くまで来ていると思うのですが
┠○○○┼┼●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨ どなたか続けてください。
┠┼┼┼┼●┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1240(1477)
パスワード:
レオン様 正解です鉢の木12年10月14日 19:35
上辺の劫が勝負で劫材を作りながらヨセる必要があります。黒❶のキリが正しい手でした。

12-1239(1476)
パスワード:
又 どちらが何目勝ち の解答レオン12年10月14日 19:06

最後までヨセて結果を答えて下さい

黒番
┏●○❺○┯┯┯┓
┠┼●○┼○┼┼┨  Gは❺の左
┠●●○○┼┼○○  ⓫は❺のところ
┠┼●●●○○○●
┠┼●○○●●●●  黒1目勝ち
┠●●○┼○○●┨
┠●●○○┼○●E
○●○❶A┼○●❼
┗❸○C❾I○●┛

12-1238(1475)
パスワード:
平沙落雁鉢の木12年10月14日 18:53
洞庭秋月を掲載したので平沙落雁もアップしないと片手落ちになります。
私はこの詰碁はあまり好きではありません。一目で劫であることがわかるし
形も不自然だからです。
しかし中国人は題名をつけるのが上手。

平沙落雁
白先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●┼┼┼●●●○┼●┼┼┼┼┼┨
┠●●○●●●○○○○●┼┼┼┼┼┼┨
●○○○●○●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨
┠●●○●○●○○┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○●○●○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○┼○○┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1237(1474)
パスワード:
レオン様完璧です鉢の木12年10月14日 09:39
手順は正しく、解答をアップする必要がなくなりました。
おめでとうございます。

12-1236(1473)
パスワード:
易しい詰碁の解答レオン12年10月14日 09:35
黒先

┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┼┼┼┼┼┼┼○●┨  Eは❸の右
┼┼┼┼○┼○○●┨  ❼は❶の左
・┼┼┼┼┼○●●●  Gは❸のところ
┼┼┼┼┼●●○○●  Iは@のところ
┼┼┼┼┼●○C❸○
┼┼┼┼┼●○○●❶
┼┼┼┼┼●❾❺○A
┼┼┼┼┼●┼┼⓫┨
・┼┼┼┼┼・┼┼┨
┼┼┼┼┼●┼●●┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1235(1472)
パスワード:
易しい詰碁鉢の木12年10月14日 00:56
黒先

┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┼┼┼┼┼┼┼○●┨
┼┼┼┼○┼○○●┨
・┼┼┼┼┼○●●●
┼┼┼┼┼●●○○●
┼┼┼┼┼●○┼┼○
┼┼┼┼┼●○○●┨
┼┼┼┼┼●┼┼○┨
┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
・┼┼┼┼┼・┼┼┨
┼┼┼┼┼●┼●●┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1234(1471)
パスワード:
又 どちらが何目勝ち鉢の木12年10月13日 10:00

最後までヨセて結果を答えて下さい

黒番
┏●○┯○┯┯┯┓
┠┼●○┼○┼┼┨
┠●●○○┼┼○○
┠┼●●●○○○●
┠┼●○○●●●●
┠●●○┼○○●┨
┠●●○○┼○●┨
○●○┼┼┼○●┨
┗┷○┷┷┷○●┛

12-1233(1470)
パスワード:
あごが外れた手 追伸とほる12年10月12日 15:55
「あごが外れた手」は全く別の問題ですが
多摩川さん時代に見せていただいています。
変なところに桂馬でせまる手でした。
その記憶が無くてはとてもできません。
「できなくても解答を見て潜在意識に入れておく」
これが役に立つのですね。
(たまたまでしょうが)

12-1232(1469)
パスワード:
とほる様 大正解です鉢の木12年10月12日 15:37
黒❶があごの外れた手です。なんともしまらない手なのですが、左右を見合いにして見事な急所となっています。この筋に最初に出くわしたときから、腹話術の人形のあごが外れたような形なのでそう呼んでいます。後に山部先生手が一線にはずす筋をあごが外れたような手と表現していて人は同じように感じるのだなあと思いました。

12-1231(1468)
パスワード:
あごが外れた手の答えとほる12年10月12日 15:23
黒先結果如何

┏┯┯┯❼┯❶┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠❺○○●E┼A┼▲┼○┼○┼●┼┼┨ ❶と変なところに打ちます。
┠❸●●○●┼┼○┼┼○○○┼┼●┼┨ これがあごが外れた手なら良いのですが。
┠┼○○C●┼●┼○○●┼┼●╋┼┼┨ ▲に打たれれば白は死にますからA。
┠┼┼┼●┼┼┼●┼┼●┼●┼┼┼┼┨ そこで❸と伸びます。
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨ 白はEと切ってもアタリとできません。
┠○○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ これで左の白は死にます。
┠●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ でも、本題は右の白なのかなあ。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1230(1467)
パスワード:
新々 どちらが何目勝ち鉢の木12年10月12日 10:13
大竹先生のヨセ本から出題
少うし難しい

黒先

┏●┯┯┯┯┯┯┯┯┓
○○●┼●●┼┼┼┼┨
┠┼○●○○●┼┼┼┨
┠┼○●┼┼●●●●○
┠┼○●○○●○○○┨
┠┼●○┼○●○●┼┨
┠┼○○○○○●○○┨
┠┼○●●●○●○┼┨
┠○●┼●○●●●○○
┠○●┼┼┼┼●┼●●
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
以前にも掲載したかも知れません

12-1229(1466)
パスワード:
洞庭秋月鉢の木12年10月11日 20:50
中の白石は洞庭湖に映る秋の月か
名作詰碁を復習しましょう

洞庭秋月

白先

┏┯┯●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●○●┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼○┼●┼○○○●┼●┼┼┼┼┼┨
┠○○○┼┼●○┼○┼●┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1228(1465)
パスワード:
あごの外れた手鉢の木12年10月11日 17:10

黒先結果如何

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○○●┼┼┼┼┼┼○┼○┼●┼┼┨
┠┼●●○●┼┼○┼┼○○○┼┼●┼┨
┠┼○○┼●┼●┼○○●┼┼●╋┼┼┨
┠┼┼┼●┼┼┼●┼┼●┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛


12-1227(1464)
パスワード:
新 どちらが何目勝ち鉢の木12年10月11日 12:29


黒先
┏┯┯┯┯┯●○┓
┠┼●○○┼●○○
┠┼●○●●●○┨
┠●●○○●●○┨
┠●○┼○●●○○
○○┼○○●●●●
●○○○●●○○┨
●●●●●○○┼○
┗┷┷┷●○┷┷┛

12-1226(1463)
パスワード:
蓮華様正解です鉢の木12年10月11日 11:49
半劫が勝負でどのように劫立てするかの問題でした。

12-1225(1462)
パスワード:
続々 どちらが何目勝ち :の解答蓮華12年10月11日 11:12
黒先
┏○●○○E❺K┓
┠○●○┼○⓫○┨
┠○●○○●○○○  ❼:❶のところ
┠○●●●●●○●  ❾:Aのところ
┠○○○●❸A●●  I:Cのところ
┠┼┼○○●●○G  ⓭:❶のところ
○○┼○●┼●┼┨
❶○○●●┼●┼┨  結果:黒1目勝ち
C●●●┷┷┷┷┛


12-1224(1461)
パスワード:
続々 どちらが何目勝ち鉢の木12年10月11日 10:05
最後までヨセてどちらが何目勝ちでしょう

黒先
┏○●○○┯┯┯┓
┠○●○┼○┼○┨
┠○●○○●○○○
┠○●●●●●○●
┠○○○●┼┼●●
┠┼┼○○●●○┨
○○┼○●┼●┼┨
┠○○●●┼●┼┨
○●●●┷┷┷┷┛

12-1223(1460)
パスワード:
レオン様 お見事鉢の木12年10月10日 23:32
正解です。先手で上辺をよせるのがポイントでした。

12-1222(1459)
パスワード:
続 どちらが何目勝ち の解答レオン12年10月10日 23:30

黒先
┏┯E❸C❺┯┯┓
┠┼❶○○●┼┼┨ 黒1目勝ち
┠○A●○●┼┼┨
○┼○○●●┼┼┨
○┼○●●┼●●●
┠○I●┼●○○○
❼○┼●┼●○┼○
❾●●┼●○○○┨
┗┷●┷●G┷┷┛

12-1221(1458)
パスワード:
続 どちらが何目勝ち鉢の木12年10月10日 22:27


黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼○○●┼┼┨
┠○┼●○●┼┼┨
○┼○○●●┼┼┨
○┼○●●┼●●●
┠○┼●┼●○○○
┠○┼●┼●○┼○
┠●●┼●○○○┨
┗┷●┷●┷┷┷┛

12-1220(1457)
パスワード:
蓮華様 惜しい鉢の木12年10月10日 22:21
白Gには黒❾と出ます。黒1目勝ちが正しい。
上辺より左辺の出が死活が絡むので大きいのです。
従って白は左辺を白Hとおさえ、黒❽で黒1目勝ち。
┏○GI⓭┯┯┯┓
┠○●●┼●┼●●
┠○○●┼┼┼●○
┠○●●┼┼●○○
K○┼●●●●○┨
⓫○○○●○○┼┨
❾○●●○○┼○┨
●●A➌●○┼┼┨
┗➎C➐➊E┷┷┛

尚下辺のこの形は下がりが正しい。10人の内9人はカタつぎしてみすみす2目損しています。大昔、宇太郎先生に三子で指導を受けていた県代表クラスがカタつぎして手厳しく叱られていました。


(正解手順)

黒先  黒1目勝ち

┏○❺┯┯┯┯┯┓
┠○●●┼●┼●●
┠○○●┼┼┼●○
┠○●●┼┼●○○
┠○┼●●●●○┨
┠○○○●○○┼┨
C○●●○○┼○┨
●●❸┼●○┼┼┨
┗┷┷┷❶A┷┷┛

白は劫材の数が違うので下辺切り下がりは打たないほうが良い。

12-1219(1456)
パスワード:
どちらが何目勝ち解答:黒先 持碁蓮華12年10月10日 21:16
どちらが何目勝ち
┏○G➒┯┯┯┯┓
┠○●●┼●┼●●
┠○○●┼┼┼●○
┠○●●┼┼●○○
┠○┼●●●●○┨
┠○○○●○○┼┨
I○●●○○┼○┨
●●A➌●○┼┼┨
┗➎C➐➊E┷┷┛

12-1218(1455)
パスワード:
どちらが何目勝ち鉢の木12年10月10日 19:05
最後まで最善に打って結果を答えてください

黒先
┏○┯┯┯┯┯┯┓
┠○●●┼●┼●●
┠○○●┼┼┼●○
┠○●●┼┼●○○
┠○┼●●●●○┨
┠○○○●○○┼┨
┠○●●○○┼○┨
●●┼┼●○┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1217(1454)
パスワード:
基本のヨセ 5題 解答鉢の木12年10月09日 21:22
白先

第一問

白先
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬❽B❷┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❻@●┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●┼○●❹●F
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼●●○●●D
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

第二問

白先

├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
❿●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●┼●●○┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├●❷○●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├❽@●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└❹FBD○H┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

第三問

白先

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○●❹○○┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├○○●●@●●○○○┼┼┼┼┼┼┼┤
○●●┼┼❷●○●●○┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴B┴D┴┴┴┴┴┴┴┴┘

第四問

白先

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○●●┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├○┼●●○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○●❷●○❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴B@┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

第五問

白先

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬F❹┬D┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●❻●B
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼○@
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○●❷●●
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1216(1453)
パスワード:
基本のヨセ 5題レオン12年10月09日 19:39
残り3問 ギブアップです

12-1215(1452)
パスワード:
暗記する大ヨセベストテン鉢の木12年10月09日 14:06
これらの大ヨセは暗記しておきましょう。
実戦で数えていたら時間がいくらあっても足りません。


@ 19目   白から白❶と打つ差

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○○●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼○○●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

A 19目  白から白❶と打つ差

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼○●●┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼○╋┼┼┼○○○●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○○●┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●●●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

B 18目  白から△と打つ差

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼○┼❶┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼○○┼○╋△┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

C 17目  白から白❶と打つ差

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○○●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

D 17目  白から白❶と打つ差

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○┼┼●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋○┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

E 17目 白から白△と打つ差

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶△┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○○●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

F 16目 白から白❶と打つ差

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○●●┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼○○○●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○●●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

G 16目  白から白△と打つ差

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶△┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○●●●┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼○╋┼○○○○●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

H 16目 

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼❶┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋●┼┼┼┼╋○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

I 16目  白から白△と打つ差

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶△┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○●┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼○●╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○●┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼○┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1214(1451)
パスワード:
レオン様準正解鉢の木12年10月09日 12:17
白Bは下がりを先にした方が良いでしょう

白先

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○●❹○○┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├○○●●@●●○○○┼┼┼┼┼┼┼┤
○●●┼┼❷●○●●○┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴B┴D┴┴┴┴┴┴┴┴┘

12-1213(1450)
パスワード:
基本のヨセ 5題  『官子譜』の解答レオン12年10月09日 12:08
第三問

白先

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○●❻○○┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├○○●●@●●○○○┼┼┼┼┼┼┼┤
○●●❹B❷●○●●○┼┼┼┼┼┼┼┤
└❿┴┴┴┴❽DHF┴┴┴┴┴┴┴┴┘

12-1212(1449)
パスワード:
レオン様 正解です鉢の木12年10月08日 21:58
第四問 置きからヨセる問題でした。

12-1211(1448)
パスワード:
基本のヨセ 5題  『官子譜』の解答レオン12年10月08日 21:45
第四問

白先

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○●●┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├○┼●●○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○●┼●○❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴B@┴❹┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

12-1210(1447)
パスワード:
蓮華様 その通りでした鉢の木12年10月08日 14:51
これでこの筋は卒業ですね。詰碁で1の一は珍しい形でした。

12-1209(1446)
パスワード:
◆お口直しにもう一題 ◆の解答です。蓮華12年10月08日 14:49
黒先活き
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○C┯●➎
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○➌┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼➊
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●A○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼╋┼○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1208(1445)
パスワード:
それにしても・・・感心した詰碁とほる12年10月08日 14:10
❺とは恐れ入りました。
しらみつぶしに打っていたのですがそこだけ抜けました。
こういう手筋には、私ぐらいのレベルでは一生あえないでしょう。
ありがとうございました。

12-1207(1444)
パスワード:
蓮華様 大正解です鉢の木12年10月08日 14:03
石塔形で放り込みを打たずにトントンにする筋でした。お見事。

12-1206(1443)
パスワード:
◆クリックミス ◆の解答です。蓮華12年10月08日 14:00
黒先活き

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼○●●●➊
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●➐E➒
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●A➎○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷C➌G

12-1205(1442)
パスワード:
お口直しにもう一題鉢の木12年10月08日 14:04
「感心した詰碁」と全く同じ筋です。

黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯○┯┯●┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1204(1441)
パスワード:
感心した詰碁 解答鉢の木12年10月08日 13:37
この詰碁のどこに感心したかというと、黒❺の手です。このような場所に打つのは思考の外にある手だからです。黒❶は絶対の急所。白Aもこの一手。ここで黒❸と打つ手順です。残る場所は5ヶ所。しらみつぶしに読んでも狭い範囲。だが❺の場所だけは、皆、考える範囲から外している。不思議ですね。

たった黒❶から黒❺までの短い詰碁ですが、黒❺は初めて見る筋でほとほと感心しました。

作者は小松藤夫八段でした。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○  
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○●A○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼❶
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❸┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●❺
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1203(1440)
パスワード:
鉢の木様蓮華12年10月08日 13:19
盲点にはまっているようでギブアップです。

12-1202(1439)
パスワード:
蓮華様鉢の木12年10月08日 12:36
黒❶は白Aと突き当られていけません。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○●┼○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼A
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C❸○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1200(1438)
パスワード:
鉢の木様これでどうでしょうか蓮華12年10月08日 12:13
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○●E○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼❺
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●C●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❶❼❸
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼A○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1199(1437)
パスワード:
基本のヨセ 5題  『官子譜』鉢の木12年10月08日 10:06
最後まで完璧にヨセて下さい
先手後手は問いません

白先

第一問

白先
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●┼○●┼●┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼●●○●●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

第二問

白先

├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●┼●●○┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├●┼○●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴○┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

第三問

白先

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○●┼○○┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├○○●●┼●●○○○┼┼┼┼┼┼┼┤
○●●┼┼┼●○●●○┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

第四問

白先

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○●●┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├○┼●●○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○●┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

第五問

白先

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●┼●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼○┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○●┼●●
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1198(1436)
パスワード:
蓮華様鉢の木12年10月07日 21:28
黒❸には当然白Cとつぎます

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○  
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○●A○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼❶
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❸┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼C○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1197(1435)
パスワード:
とほるさんの解答の続き蓮華12年10月07日 21:00
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○  
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○●A○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❼❶
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❸GC
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E❺❾●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1196(1434)
パスワード:
クリックミス鉢の木12年10月07日 20:29

気の毒なことに白がクリックミスをしました
無条件で活きてください


黒先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼○●●●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼○
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1195(1433)
パスワード:
あらあら。とほる12年10月07日 17:52
もう一度考え直します。

12-1194(1432)
パスワード:
とほる様鉢の木12年10月07日 17:27
白がAと打つとどうなりますか?

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○  
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○●A○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼❶
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1193(1431)
パスワード:
感心した詰碁とほる12年10月07日 17:04
黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨ ❼は❺の右つぎ。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○  これでどうでしょうか。(セキ)
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○●┼○  石の下がちらつく詰碁です。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼❶
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❸AC
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼E❺○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1192(1430)
パスワード:
残念とほる12年10月07日 09:52
近くまで行っていたのに残念でした。
近くても遠いものですね。
それにしても前に出題された問題だとは・・。
潜在意識にも残っていません。
苦労した数日でしたがありがとうございました。

12-1191(1429)
パスワード:
備前様 正解です鉢の木12年10月06日 22:58
以前問題を出したことを本人がすっかり忘れているのではしようがないですね。
これで二子ではなく三子で取るので目が出来るという寸法でした。
「石の下」に形が似ているのですが、「石の下」の場合はハネから行く手順なので
下がりが盲点になっているのでした。

それにしても良く覚えていて下さいました。

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼○○┼F┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●B●○D❻┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼●┼●❷○❹❽
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼@●●○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷○┛

12-1190(1428)
パスワード:
宇太郎先生の詰碁備前12年10月06日 22:49
 以前 杉並木さんが問題を出された中で解説されていました。
 黒6では2線をはってから曲げる筋でした。
 脇で見ていてようやく思い出したようです。

12-1189(1427)
パスワード:
酒井先生のこと鉢の木12年10月06日 21:54
もう40年ちかくになりますか。若い頃酒井伸武先生(酒井猛先生の以前の名前)に自分の打った棋譜を送って添削をして貰っていた時期があります。朱を入れると云いますが返送された棋譜は真っ赤で、石の数よりも手を直された箇所の方が多い位でした。時々自作の詰碁も同封されていました。とても歯が立たない問題で詰碁の解答はなかなか送ることが出来ませんでした。先生のここに打てという指摘はその当時は全然理解できず、完全に腑に落ちたのは六段になってからでした。その碁罫紙は私の宝物でしたが何回かの引っ越しの際ついに紛失してしまいました。
先生は若い頃からとても厳しい棋風で、それが災いして手合いではついつい打ち過ぎてしまう。それさえなければタイトルの二つ三つ取れたのにと歯ぎしりしていました。宇太郎先生の詰碁を見てこれは何かあると感じたということは大変なことで、日頃余程石の形に敏感になっていなければ分からないことです。ここには手がありますと示されればしらみつぶしに読むことも出来るでしょう。この詰碁の筋は私も初めて目にしました。M先生というのは三村智保九段で、不思議なことにこの詰碁もお子さんが「何だ、簡単じゃない」とすらすら解いてしまったそうです。プロならば一目で白@のアテコミで死ぬということが見えてしまって、その後をつぶさに読まないのでしょう。だから最初はこの詰碁は失題でないかと思ったそうです。私は自力で解いて見ようと考えて30分かかりました。これも答えがあると分かっているから出来たことで活きるのか死ぬのか分からない段階で出題されれば失題と決めつけていたでしょう。

解答をUPしたくてうずうずしています。皆さんがアッと驚く顔を見たいからであります。(顔は見えないので想像で我慢します)。早く皆さんふるって書き込んでください。

12-1188(1426)
パスワード:
宇太郎先生の詰碁 お手上げとほる12年10月06日 21:13
残念ながら私の力ではできそうもありません。
ZARUGOさん達が良かったら解答をお願いします。

12-1187(1425)
パスワード:
追伸とほる12年10月06日 15:35
そこであてますか。
2目をとっても全滅ですね。
残念。
気分転換します。

12-1186(1424)
パスワード:
とほる様鉢の木12年10月06日 15:28
白はFと取ります

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼○○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●B●○DF┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼●┼●❷○❹┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼@●●○❻
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷○┛

12-1185(1423)
パスワード:
橋本宇太郎先生詰碁追伸とほる12年10月06日 15:15
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ それでも❹❻です。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ Fで@の下を伸びたら❽に打ちます。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼○○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●B●○D┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼●F●❷○❹┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❽@●●○❻
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷○┛

12-1184(1422)
パスワード:
とほる様鉢の木12年10月06日 14:47

白はBとハネ込みます

┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼○○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●B●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼●┼●❷○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼@●●○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷○┛

12-1183(1421)
パスワード:
橋本宇太郎先生の詰碁とほる12年10月06日 14:41
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 素人らしくがんばってここまで来ました
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ ❷と❻(とくに❻)がポイントです。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 何とかできたような気がするのですが
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ これでよいでしょうか。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 無理と分かっていても
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨ 「ここのスペースは小さい」
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼○○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●❿●○DF┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼●┼●❷○❹H
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●J@●●○❻
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●⓬B┷❽○┛

12-1182(1420)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月05日 18:36
初段の頃、無謀な計画を立てました。誠文堂新光社から出ていた「定石小辞典」を丸暗記してやろうというものでした。小辞典と言っても変化図も入れて6000図近く、若かったから出来たのでしょう。しかし振り返ってみると覚えた定石はあまり役に立ちませんでした。けれども石の動くべき道筋はだんだんとわかって来ました。約半年毎月リーグ戦で優勝して六段まで昇段しました。碁会所の片隅で小さくなって打っていたのが、石を置いて打って貰った相手に置かせる立場になったのですから痛快でした。その内辞典には飽き足らなくなって、一つの形を徹底的に解説してくれるものに興味が移りました。日本棋院から出ているゴ・スーパーブックシリーズには随分とお世話になりました。まず「二間高ばさみ」をマスターしました。これは相手が小目にかかってくるのと高目にかかってくるのと二通りありますが、この二間高ばさみが打てると勝率は8割を超えました。「大斜」「ナダレ」と進みました。自分の得意な定石を作ることは実戦でとても役に立ちます。相手よりも詳しく知っているアドバンテージが大きいのです。今は定石の丸暗記はあまりお勧めできません。裏定石があるからです。三堀さんと呉清源の「この手ご用心」は何回も買い換えたほど愛読しました。定石を一通りマスターしたらハメ手の勉強をお勧めします。「ハメ手」は相手をはめるためでなくハマらないために勉強します。一手の恐ろしさを知ったのもこの頃です。六段になってからは殆ど懸賞を付けて打ちました。殆どが1番千円というわずかな金額ですが、相手もこちらも真剣に打ちますから力が付きます。ありとあらゆるハメ手に遭遇したのもこの頃でした。
初対面の人と打つ時は顔付を見ただけで自分より強いか弱いか分かるようになりました。ある時、ホームグラウンドの碁会所に初めてのお客が来ました。例によって人相を見て手合いを決めます。「六子置いてください」と言ったら相手の顔色が変わりました。「私は新宿で六段で打っています」。「しまった」と思ったが後の祭り。だが打ち進むうちに「おや」と思いました。むやみに白石を取りに来るのです。きつと馬鹿にされたと思って痛い目に合わせてやろうというのでしょう。碁は石を取りに行って取れるものではありません。逆に黒石のハマが碁笥の蓋に入りきれないほど大石を殺してしまいました。冷静に打てば向先位の手合いだったでしょう。石は相手のミスで頂戴できるもので自分から取りに行って取れるものではありません。囲碁倶楽部でりゅうせきさんの碁を観戦していると下手が皆同じ間違いをしています。沢山置くものだからいかにも白石は頼りなく片端から取れそうに見えるのでしょう。普通に打てば楽勝の碁を、取りに行って逆に取られ、勝敗が逆転しているのです。まあそのように持って行く、白兎もうまいものだとつくづく感心してしまいます。びっこをひいて逃げ回る白ウサギをついつい深追いして最後には虎に変身したウサギにがぶりとやられてしまうパターンです。

話が脇にそれましたが、定石というのは時代とともに変わりますから無暗に暗記するのは「労多くして益少なし」と思います。しかし自分の好きな定石は長所・短所徹底的に勉強してください。理解すれば自然と覚えてしまうものです。頑張ってください。

詰碁を考えるときは苦労するのでなく楽しむこと、読むことを楽しんで下さい。そうすれば何日かかろうとストレスにはなりません。

12-1181(1419)
パスワード:
ZARUGOさんへとほる12年10月05日 18:15
第5問あと少しでしたが先を越されました。
打たれてみればなるほどと納得ですが詰碁は難しいものです。
私は町の碁会所で大きな顔ができれば良いという目標でしたが
何とか少し近づいたと思ったらもう伸びません。
それで詰碁を考え始めましたが、年とともにますます短気になり
ZARUGOさんのように粘れません。
鉢の木さんのアドバイスにしたがってすぐ答えを見るようにしています。
今取り組んでいるのは「前田初級詰碁」です。
5〜7級前後の問題が分かりません。解答を見て「ああそうか」と思うのですが
どうも頭に残らないようです。
それで210問ほど挑戦して答えを見てまた最初からやり直すことにしています。
今3回目の挑戦ですがまだまだ分からない(記憶に残っていない)のが出てきます。
それにしても昔の7級は強かったと思います。
なお、この前田初級詰碁のことも鉢の木さんから教えていただきました。

12-1180(1418)
パスワード:
鉢の木様、ありがとうございます。ZARUGO12年10月05日 17:24
さっそくのお応えに感謝いたします。棋譜並べは地味で意味がわからないところも多く、苦手でした。何万局も並べられたとは驚きです。パンダネットでも60歳前の人が、初めて1年でパンダネット5段になったのを見ましたが、やはり徹底的に棋譜並べをしたようです。
私の目標はと自問しても明瞭な答えはありませんが(これがそもそも強くなれない1番の原因か)、当面は、この囲碁クラブで100位以内で対等に戦えるようになりたい。
少しずつでも、詰碁、手筋、棋譜並べをやっていきたいと思います。
ところで、もうひとつ質問させてください。定石は覚えたほうがよいでしょうが、やはり暗記法がよろしいでしょうか?

12-1179(1417)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月05日 15:42
続無題に書きましたが、宇太郎先生の詰碁に何故酒井九段が妙手を見つけることが出来たのでしょうか。プロならば白@のアテ込みが急所なのは一目で分かります。大変なのはこの詰碁は手がありますと教えられて考えるのと、完成された詰碁を見て「いや、何か変だ」と感じるのとでは天地の差があるということです。この感性が碁を打つ上でとても大切で、それを養うのはどういった勉強をすべきなのでしょうか。これはもう特別な方法があるわけでなく、とにかくひたすら名手、高手の碁を並べて自分の中で熟成させるよりないと思っています。特に布石はどこへ打ちたくなるかということが肝心なことで、打ちたい場所を感じることが出来なければ結局は局面をリード出来ず負けやすくなるでしょう。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼❷╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

よく五子局などで白が小ケイマにかかると、二間高ばさみを打ってくる人がいます。
しかし私が見るにこの黒❷には少し違和感を感じるのです。白を強く攻めてやろうということなのでしょうが、A方面に黒石がある時は非常に有力ですがそうで無いときはこの左隅は五分の分れになることが予想されます。そうすると右下は黒が広いだけに、白が小ケイマにかかり、すべって二間に開く余地が残されていて、黒❷のハサミは半分しか打っていないことになります。ですから四子局で黒❷は下辺星に挟む一手、五子局でも挟むなら下辺星ということになるのです。プロの碁を沢山並べていると単独で二間高に挟むのはおそらく見たことがないはずです。それが二間高を打たれたとき違和感として感じるのではないかと思います。プロの打ち碁を並べるとこういう時はこう打つといつたことも大切ですが、プロが決して打たなかった場所というのも勉強になるのです。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼A┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼❷┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼@┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
黒❷は絶好点。局面をリードする手です。これが100点とすると、二間高は50点、黒1間とびの受けは90点ということでしょうか。

変な形

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼○╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❷┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼B@┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

よく教科書に白@と挟まれると黒❷から黒❹と打てと書いてありますが、私はこの打ち方に違和感を感じています。これも私の記憶の中にプロが打ったという記憶がないからなのでしょう。確かにこう打てば分断されることは無いでしょうが、どうも黒の形は未成熟で白から様々な手を狙われるでしょう。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼○╋●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼F❻┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹❷D┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❽B@┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

何故このように素直に伸び白が曲げてきたら突き当たる。(空き三角に連絡するのは論外の手でこれこそプロが死んでも打たない手です)
白Fと切ってきたら黒❽とグイと曲がる。相手から石を切られる時、コスミの形で切られるのは全然怖くありません。そもそもコスミの手は石を完璧に連絡させる手で石を切るための形ではないからです。この結果碁が悪くなるとすればその前の打ち方が悪かったからです。

プロの棋譜を並べるのは、プロが打った手以上に打たなかった手を勉強するためです。実戦でプロが打たない手を打たれたら大抵その手は悪手と考えても良いでしょう。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼❶┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

まわりの石は省略しますが、黒❶と白の眼を取りに来るのも違和感の手です。数万局もプロの碁を並べた私の経験でも二、三局しかないほどプロの打たない手です。これは大変損な手で、力自慢の人が良く打つ手ですが、ここ数年でこの手を打たれて負けた記憶がありません。

地味な勉強法ですが碁に棋譜並べより良い有効な勉強法は無いと信じています。

12-1178(1416)
パスワード:
鉢の木様ZARUGO12年10月05日 14:30
おっしゃること良くわかりました。以前から、鉢の木様がこのフォーラムでも繰り返して言われていたこと承知しております。その方法(暗記法)も試みたいと思います。
ただ、問題の答えをUPして鉢の木様にコメントしてもらうことも、喜びなのです。碁の上達とはちょっと趣旨が違うでしょうが・・。
ところで、質問ですが、手所での筋、死活は詰碁、手筋を勉強するとして、くだんの石の方向とか布石とかが弱い人は、どのような勉強がよいでしょうか?やはりプロの棋譜並べでしょうか?

12-1177(1415)
パスワード:
まだ先がある鉢の木12年10月05日 13:15
詰碁を勉強する時、二通りの方法があります。

@ 解けるまでとことん考える。何日かかっても辛抱強く考える。そのことが読む力をつけるトレーニングになる。

A 少し考えて分からなければすぐ解答を見る。数多くの詰碁の筋を身につけるにはこの方法が捷径である。

私はことあるごとにAの方法を勧めています。

碁を打つ以上、今よりは強くなりたいというのが碁打ちの願いです。その目標はどの程度でしょうか。碁会所で恥ずかしくないためには三段くらいにはなりたい。それ以上は望まない。楽しく碁が打てればそれで良い。この場合は筋や詰碁の勉強はあまり必要ないでしょう。六段くらいにはなりたい。免状に『手段益精』と書かれたのが欲しい。このレベルの人は『碁経衆妙』や『玄玄碁経』はマスターしなければなりません。私がよく五子で打つ七段の人で攻め合いになるとめっぽう強い人がいます。しかし布石の石の方向や筋に暗いところがある。そこを勉強するとすぐ九段になるでしょう。しかし10年前も今も同じ間違いを繰り返している。県代表を目指すならさらに『官子譜』1427題が頭に入っていなければならない。これだけ膨大な知識が必要となれば、1題の詰碁に何日もかけるわけにいかないのです。

小学校から大学まで勉強するのはひたすら先人の作り上げた学問、技術を覚えるためです。1行の数式でも自分で考え付くには一生かかるでしょう。それが目の前に示され説明を聞けばたちどころに理解できるでしょう。碁の場合だけ自分で苦しんで答えを見つけなさいというのは理屈に合わないことと考えます。碁の手筋は分類すると50いくつかになるそうです。しかしプロの先生が初めて見る筋も出て来るわけで、碁の世界は終わりのない世界です。自分がどこを目指すかで碁の勉強方法も違ってきます。高い場所を目指すほど、それまでに開拓された筋や形は知識として頭に入っていなければなりません。ひたすら解答を覚え理解することが大事なのです。大学でヘーゲルに興味を持って『精神現象学』を読み始めました。ところが最初の1ページが理解できない。1週間考えてもダメでした。哲学科の講義に忍び込んで先生の解説を聞きました。たちどころに分かりました。その後はすらすらと読破出来ました。碁の勉強も似ています。小学生で碁を覚えたとして、一生かかっても『碁経』の十分の一すら筋を自分で見つけられないでしょう。とにかく解答を見て覚え理解するに限ると思います。初段の頃新宿の碁会所で攻め合い勝ちと思ったとたん「狸の腹つづみ」を打たれて負けました。相手はノータイムでしたから何手か前から分かっていたのでしょう。この時ほど自分の知識のなさが情けなかったことはありません。碁の勝敗は全て知識の総量にかかわっています。苦労して身につけた知識か、丸暗記で得た知識であるかは関係ありません。しかし高みを望むには人生時間がありません。効率よく先人の知恵を借用するよりありません。自分で苦労するのはそれなりの効果があるでしょう。しかし「碁は感情」で自分が災いすることがあります。自我が邪魔なのです。自我に邪魔されないためにも、先人の後をなぞる勉強が必要になります。『衆妙』をマスターすれば前田詰碁はすらすら解けるでしょう。冶勲は『發陽論』を丸暗記してさらにその先を目指したのです。自分の目標がどこにあるかで碁の勉強方法を変えなければいけないと考えます。

12-1176(1414)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月05日 11:52
了解しました。ただ私は分からない詰碁はさっさと答えを見る方が良いと考える方なのです。趙冶勲も張栩名人もそれで強くなったと云っています。専門棋士の教科書とも言える『發陽論(別名不断桜)』は最初から解答を読んで暗記したそうです。大工がいい家を建てるにはいい大工道具が必要です。この道具にあたるのが数多くの筋や形の知識です。多ければ多いほど良く、いちいち考えていたのでは間に合いません。さっさと解答を見て覚えるに限ります。苦心惨憺答えを見つける経験も必要ですが、ゴルフで大叩きすると次のホールでも叩いてしまいます。ですから少ない道具で苦労することは逆にへぼ筋を定着させてしまうという弊害もあります。私の碁の師匠の一人村上文祥さんは小さい時からひたすら専門棋士の棋譜を並べて強くなりました。悪い手は反復しないに限ります。

今度は解答を遅らせます。頑張ってください。

12-1175(1413)
パスワード:
鉢の木様ZARUGO12年10月05日 10:23
いつも出題をしていただきありがとうございます。解いてUPするのが、励みになっています。
ですが、最近結構出題が多く、追いつくのが大変です。私の勝手なお願いですが、出題してから、どなたかの解答があるまで、ご自分で解答を示さずに、3、4日間待っていただけませんでしょうか。
「無題」もやろうと思っていたのですが、碁経衆妙の第2問(鉢の木様が示された間に合わせに対する応手)がどうしてもわからず、苦しんでいる最中でした。

12-1174(1412)
パスワード:
感心した詰碁鉢の木12年10月05日 07:11
易しそうで、結構難しい詰碁です。
私も初めて見る筋でした。
作者は解答編で

黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼○●┼○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●○
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1173(1411)
パスワード:
続 無題 鉢の木12年10月05日 07:48
宇太郎先生の詰碁の本に、白@のアテ込みで黒死となっていました。
しかし酒井猛九段が妙手を発見して死活が逆転しました。
ちなみに解けなかったM先生は(有名な先生です)、「長いこと碁を打ってますが初めて見る筋です」と仰っています。この率直なところが先生の魅力です。

白先K死→白先黒活き

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼○○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼●┼●┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼@●●○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷○┛

12-1172(1410)
パスワード:
鉢の木様、◆次の三手 ◆への再回答 ZARUGO12年10月04日 22:19

白先黒死 黒4子をとっての生きでした。

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○●●○●●┤
├┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼○┼○●●○┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●┼○┼○○●○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼❿❻❹J┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●❽D@●●●●
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●F❷B○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○H●┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●○┼○○○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


12-1171(1409)
パスワード:
3秒の詰碁解答鉢の木12年10月04日 22:14
有名な二段ハネ込みで黒四子を手中にできます。
黒がどう応じても、切れていることを確認して下さい。
ご存じなかった筋ならば、この際是非覚えてください。
知っていれば3秒、知らなければ3日かかる筋でした。

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○●●○●●┤
├┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼○┼○●●○┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●┼○┼○○●○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼❷B●●●●
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●@┼┼○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┼●┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●○┼○○○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1170(1408)
パスワード:
ZARUGO様 正解です鉢の木12年10月04日 22:09
根気よく頑張りました。打ちたいところの隣ですから、盲点の一着でした。

お見事でした。

12-1169(1407)
パスワード:
鉢の木様、『碁経衆妙』の散歩の第5問、ついにできたと思いますZARUGO12年10月04日 22:05
第五問  3,4日間都合3時間程度は考えたでしょうか。
 白先コウ

├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○●●○○┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼●○●●○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○●┼❹D●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴B❷@┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

12-1168(1406)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月04日 22:02
活きるだけでは不十分です。形をよく見て。

12-1167(1405)
パスワード:
◆次の三手 ◆鉢の木 ◆12年10月03日 23:40 への解答ZARUGO12年10月04日 21:30
白先生き 考慮時間3秒以上かかりました。

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬❷┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○●●○●●┤
├┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼○@○●●○┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●┼○┼○○●○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼D┼○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼B┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼❹●●●●
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┼●┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●○┼○○○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


12-1166(1404)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月04日 20:31
黒❶の一手で終わり。あと手を入れるのは損です。(大中小中)の問題でした。

12-1165(1403)
パスワード:
◆5級問題 ◆鉢の木 ◆12年10月04日 19:14 への解答ZARUGO12年10月04日 20:26
黒先白死
いわゆる大中小中の問題でしょうか

├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
❾●○○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
○○○●AG○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
○❶●●○❸○○●●●┼┼┼┼・┼┼┤
●●┼●❼●❺○○○○●┼┼┼┼┼┼┤
●○○●E●○○●I○●┼┼┼┼┼┼┤
└○○●C○○●●●○●┴┴┴┴┴┴┘
白10の時点で、白5手、黒は8手なので、黒攻め合いがち。ということは、黒手を抜いても勝っていたのか。

12-1164(1402)
パスワード:
『官子譜』のヨセ問題解答鉢の木12年10月04日 19:35

白先

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬○┬❻❹┬●┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●B@●○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○●D●❷●○┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●●○○○○○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬B○❷●●┬●D
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼❹○●●@┼●○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○●○●●●○┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●●○○○○○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬❶○○●●●A●○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●●○C●○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼●❸○●○●●●○┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●●○○○○○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

『石塔』は隅だけでなく、辺でも起きる好例でした。

12-1163(1401)
パスワード:
12-1139 『官子譜』のヨセ問題レオン12年10月04日 19:17
できませんでした。どなたかお願いいたします。

12-1162(1400)
パスワード:
5級問題鉢の木12年10月04日 19:14
衆妙にはこのような問題も収録されています。
元美先生のサービス精神。

黒先

├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
○○○●┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
○┼●●○┼○○●●●┼┼┼┼・┼┼┤
●●┼●┼●┼○○○○●┼┼┼┼┼┼┤
●○○●┼●○○●┼○●┼┼┼┼┼┼┤
└○○●┴○○●●●○●┴┴┴┴┴┴┘

12-1161(1399)
パスワード:
無題鉢の木12年10月04日 17:32
プロのM先生が解けなくて、息子さんが解いた問題。

黒先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○┼○○┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼●┼●○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼○○┼●┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼●●○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷○┛

12-1160(1398)
パスワード:
次の三手鉢の木12年10月03日 23:40
白先

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○●●○●●┤
├┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼○┼○●●○┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●┼○┼○○●○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼●●●●
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼●○┼●┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●○┼○○○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

考慮時間3秒で解決して下さい

12-1159(1397)
パスワード:
とほる様ZARUGO様鉢の木12年10月03日 23:30
第四問、お二人とも正解です。要は両方に利かせる手の発見で、コツを覚えると一目で見えてきます。以下蛇足で、すっかり自信をつけさせました。対局する時は気を引き締めて・・・

12-1158(1396)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月03日 21:58
白Cと間に合わされるとどうしますか?

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼┼❶┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼○A┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼●┼●●○┼C
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼❸
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤

12-1157(1395)
パスワード:
鉢の木様、◆◆◆◆『碁経衆妙』の散歩第2問、第4問解答。あとは第5問ですが、どうしても今のところできません。ZARUGO12年10月03日 21:08
第5問はもう少し考えさせてください。
第二問
 黒先白死
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬G❾┬❺┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼❼❶C
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○E○A┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼●┼●●○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼❸
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤



第四問
 黒先生き

├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○○●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼●┼●○○┼○┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・○○●●●●○IG○┼・┼┼┤
├┼┼┼┼●○┼●○●❸●○┼┼┼┼┤
├┼┼┼○●○┼┼○○⓫●○┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴A┴┴❶❾❼❺CE┴┴┴┴┘

12-1156(1394)
パスワード:
第4問とほる12年10月03日 20:53
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤❶❸で白はまいっていると思います。
├┼┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤あとは蛇足です。
├┼┼┼○○●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤Aで❸と打つと白2目はとられます。
├┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤実戦ではそうなるでしょう。
├┼┼○┼●┼●○○┼○┼┼┼┼┼┼┤これでよいのでしょうか。
├┼┼・○○●●●●○┼┼○┼・┼┼┤何か「野暮ったい」詰碁に似たような
├┼┼┼┼●○❾●○●❸●○┼┼┼┼┤気がします。
├┼┼┼○●○❺C○○E●○┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴AG❶┴┴❼┴┴┴┴┴┴┘


12-1155(1393)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月03日 19:14
おめでとうございます。

実戦ですぐ下がりが見えるようになるために詰碁を勉強します。下がりきりの筋は応用が利きますから、苦労したことで棋力がワンランクアップしました。

12-1154(1392)
パスワード:
鉢の木様、◆◆◆◆『碁経衆妙』の散歩第6問再々解答ZARUGO12年10月03日 18:54
第六問
 黒先白死
 最初に下がればよかった、はずですが。実戦でもこういうところで手痛い目にあっていそうです。

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○❼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
A┼○○●┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
❶●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
E❸C○❺┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

12-1153(1391)
パスワード:
ZARUGO様 惜しい !!鉢の木12年10月03日 18:53
白@を見つけたのは素晴らしい。
しかしこのまま死んだのでは黒が可哀そう。
黒❷と打って劫が正解でした。

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼●@
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼❷┼●
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○●●●○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤


12-1152(1390)
パスワード:
鉢の木様、◆◆◆◆『碁経衆妙』の散歩第3問再々解答ZARUGO12年10月03日 18:49
第三問
 白先黒死
白押す手なし
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬H┬❷
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❹B●@
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❻DF❽●
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○●●●○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤


12-1151(1389)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月03日 18:36

黒は❷と打ちますが?

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❷❻●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○D@B❹●
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○●●●○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤


白Aはハネますからダメです。

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├C○○●┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
A●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└❶┴○❸┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

12-1150(1388)
パスワード:
◆◆◆『碁経衆妙』の散歩第3問、第6問の再回答ZARUGO12年10月03日 18:07
第三問
 白先黒死
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬❻┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●D❷●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○F@B❹●
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○●●●○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤



第六問
 黒先白死
白押す手なし

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○❼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
E┼○○●┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
❺●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
C❶A○❸┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

12-1149(1387)
パスワード:
蓮華さんへとほる12年10月03日 17:41
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 黒は白の2目をとらずにこっちに打ちます。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 結局白は隅をとることになりますが後手です。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼●┼●┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
○○○○○○○○○○●┼┨
○●●○●●●●○●○○┨
○●○●○┼●○●●┼┼┨
●●○●❻┼●○┼●┼○┨
┗┷D┷B❷@❹┷┷┷┷┛

12-1148(1386)
パスワード:
とほるさんへ @からだとこの様な変化になりませんか。蓮華12年10月03日 17:37
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼●┼●┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
○○○○○○○○○○●┼┨
○●●○●●●●○●○○┨
○●○●○┼●○●●┼┼┨
●●○●┼┼●○❻●┼○┨
┗┷D┷B❷@❹┷┷┷┷┛

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼●┼●┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
○○○○○○○○○○●┼┨
○●●○●●●●○●○○┨
○●○●○┼●○●●┼┼┨
●●○●❻┼●○┼●┼○┨
HFD❽B❷@❹┷┷┷┷┛

12-1147(1385)
パスワード:
蓮華さんへとほる12年10月03日 17:07
白としては辺の黒を一網打尽にした方が気持ちがよいのですが、
黒から「左下の黒は差し上げます、どうぞ活きてください」と
対応されるとそれ以上の手はありません。
左下をとり、白の大石を活きて満足が結論だと思います。

12-1146(1384)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月03日 16:39
第三問
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❷@●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○❹B┼┼●  黒は❹と打ちますが
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○●●●○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤

第六問 劫では不十分です。無条件で

第七問 一間飛び大正解です。!!

12-1145(1383)
パスワード:
鉢の木様・とほる様蓮華12年10月03日 16:29
解説の先手後手の問題よりも黒としては隅を捨て辺が活きれば大きい様に思われます。
従って白は隅を活かし辺の石をとる事でしょうか。

12-1144(1382)
パスワード:
◆◆『碁経衆妙』の散歩。第1問は解決済み、2、4,5問は苦戦中なので、3,6,7問の回答ですZARUGO12年10月03日 16:11
第3問
 白先黒死
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬❹┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●❷@●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○FBD❻●
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○●●●○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤



第六問
 黒先コウ

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○●┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
❸○○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
C❶A○┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

第七問
 黒先

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●┼●┼┼●●┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼●┼┼●○○○●┼●┼┼┼┼┼┼┤
├┼●○○○┼C❸┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴❺E┴❼A┴❶┴┴┴┴┴┴┴┴┘

12-1143(1381)
パスワード:
とほる様 正解です鉢の木12年10月03日 15:35
意図した解答は下図でした。Bもしくは@の急所が打てれば正解です

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨  しかしとほるさんのハネから行く方が
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨  筋がよさそうですね。 
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
┠●┼●┼●┼●┼●┼┼┨ 
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨ 
○○○○○○○○○○●┼┨
○●●○●●●●○●○○┨
○●○●○┼●○●●┼┼┨
●●○●┼┼●○❹●┼○┨
┗┷❷┷@┷BD┷┷┷┷┛

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨  つまり実戦だとこうなった後で黒❻は後手
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
┠●┼●┼●┼●┼●┼┼┨ 
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨ 
○○○○○○○○○○●┼┨
○●●○●●●●○●○○┨
○●○●○┼●○●●┼┼┨
●●○●❻┼●○❷●┼○┨
┗┷D┷B┷@❹┷┷┷┷┛

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨  
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨   
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
┠●┼●┼●┼●┼●┼┼┨ 
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨  この図は黒が先手になっています。
○○○○○○○○○○●┼┨
○●●○●●●●○●○○┨
○●○●○┼●○●●┼┼┨
●●○●❷┼●○┼●┼○┨
┗DB┷@❹┷┷┷┷┷┷┛

12-1142(1380)
パスワード:
野暮ったい詰碁の解答とほる12年10月03日 15:04
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ Bのところがポイントのようです。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❷で@の左を打ってもBです。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ Bを打ってからDです。
┠●┼●┼●┼●┼●┼┼┨ 野暮ったいとは思えぬ手順です。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨ これでよいのでしょうか。
○○○○○○○○○○●┼┨ ❹をとらずに下がればせきくずれに
○●●○●●●●○●○○┨ なります。
○●○●○┼●○●●┼┼┨
●●○●┼┼●○❷●┼○┨
┗┷❹┷B┷@D┷┷┷┷┛

12-1141(1379)
パスワード:
レオン様鉢の木12年10月03日 14:51
これは大変損です。ヨセというよりは持ち込みを打ってしまいました。再挑戦してください。

12-1140(1378)
パスワード:
12-1139 『官子譜』のヨセ問題の解答レオン12年10月03日 14:36

白先 最善のヨセを打って下さい

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬❿D○B@❹┬●J
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼❻○●●❷H●○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼●❽○●┼●F●○┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●●○○○○○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1139(1377)
パスワード:
『官子譜』のヨセ問題鉢の木12年10月03日 05:27

白先 最善のヨセを打って下さい

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬○┬┬┬┬●┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼┼●○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○●┼●┼●○┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・●●○○○○○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1138(1376)
パスワード:
野暮ったいけれどそれなりに面白い詰碁鉢の木12年10月03日 05:23


白先活き

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼●┼●┼●┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┨
○○○○○○○○○○●┼┨
○●●○●●●●○●○○┨
○●○●○┼●○●●┼┼┨
●●○●┼┼●○┼●┼○┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1137(1375)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月02日 21:07
二問続けて正解

左右同形は劫が正解

衆妙は ハネ一発で即死でした

お見事でした

12-1136(1374)
パスワード:
『碁経衆妙』の散歩第1問再解答 ZARUGO12年10月02日 20:50
第一問
  白先黒死
白1のハネに押さえると、切りこんで、黒抜き、白3子あてが先手で、左の黒に攻め合いがち。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬D┬❹┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○❷┼B
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●●@
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1135(1373)
パスワード:
左右同型問題Cへの再々解答ZARUGO12年10月02日 20:43
◆ZARUGO様 ◆鉢の木 ◆12年10月02日 19:24
黒❺には当然白Eと割り込みます。
黒1白2黒3は必然と思われ、以下もこれしかないような感じでコウになるのかな。再三の勝手読みでちょっと自信がありませんが。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●●●●●●┼┨
┠┼┼●○○○❶○○○●┨
┠┼┼●○┼CA┼G○●┨
┠┼┼●○┼┼❸E❺○●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷❼I❾┷┛


12-1134(1372)
パスワード:
レオンさん ❻で活きと思われます蓮華12年10月02日 20:34
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬@D❻❹┬B┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●┼❷┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●●┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1133(1371)
パスワード:
12-1118 第一問 再解答レオン12年10月02日 20:20


┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬@D┬❹┬B┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○❷┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●●┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

 

12-1132(1370)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月02日 19:24
黒❺には当然白Eと割り込みます。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●●●●●●┼┨
┠┼┼●○○○❶○○○●┨
┠┼┼●○┼CA┼┼○●┨
┠┼┼●○┼┼❸E❺○●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1131(1369)
パスワード:
左右同型Cの解答への鉢の木様のコメントに対する答えZARUGO12年10月02日 18:46
◆ZARUGO様 ◆鉢の木 ◆12年10月02日 18:09

白はCとかたつぎします。その後は



┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●●●●●●┼┨
┠┼┼●○○○❶○○○●┨
┠┼┼●○┼CA❼I○●┨
┠┼┼●○┼┼❸⓫❺○●❾
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷EG┛


12-1130(1368)
パスワード:
左右同型@解答訂正ZARUGO12年10月02日 18:40
◆ZARUGO様 ◆鉢の木 ◆12年10月02日 18:06
黒❻と打ちます---私の間違い図でした。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼●┼●┼┼┼┨
┠┼┼●┼○B○┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼○┼○┼╋┼┼┨
┠┼┼●●┼○❻●●┼┼┨
┠┼┼●○┼@❹○●┼┼┨
┗┷┷┷○D❷┷○┷┷┷┛

解答しなおし 白先生き
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼●┼●┼┼┼┨
┠┼┼●┼○D○┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼○┼○┼╋┼┼┨
┠┼┼●●┼○❹●●┼┼┨
┠┼┼●○┼B❷○●┼┼┨
┗┷┷┷○ @┷○┷┷┷┛


12-1129(1367)
パスワード:
◆『碁経衆妙』の散歩 ◆鉢の木 ◆12年10月02日 11:38 第一問への解答ZARUGO12年10月02日 18:29
第1問 白先コウ
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬D┬❹H❽F
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○❷@❻
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●●B
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤



12-1128(1366)
パスワード:
左右同型問題Dへの解答。ZARUGO12年10月02日 18:22
D 黒先白死

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●●┼┼┼┨
┠┼┼●●○○○●┼┼┼┨
┠┼┼●○❶A┼○●┼┼┨
┠┼┼●○❺○❸○●┼┼┨
┠┼┼●○┼C●○●┼┼┨
┠┼┼╋●○○○●●┼┼┨
┠┼┼┼●●●●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1127(1365)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月02日 18:09

白はCとかたつぎします。その後は



┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●●●●●●┼┨
┠┼┼●○○○❶○○○●┨
┠┼┼●○┼CA┼┼○●┨
┠┼┼●○┼┼❸┼┼○●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1126(1364)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月02日 18:06
黒❻と打ちます

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼●┼●┼┼┼┨
┠┼┼●┼○B○┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼○┼○┼╋┼┼┨
┠┼┼●●┼○❻●●┼┼┨
┠┼┼●○┼@❹○●┼┼┨
┗┷┷┷○D❷┷○┷┷┷┛

12-1125(1363)
パスワード:
左右同型問題Cへの解答。1問ずつですみません。ZARUGO12年10月02日 18:03
C 黒先白死
セキ崩れで白死。黒13は不要。

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●●●●●●┼┨
┠┼┼●○○○❶○○○●┨
┠┼┼●○┼EA❺┼○●┨
┠┼┼●○┼C❸❼┼○●┨
┗┷┷┷ ┷KI⓫┷G❾┛

12-1124(1362)
パスワード:
レオン様鉢の木12年10月02日 18:00
無条件で殺してください

12-1123(1361)
パスワード:
左右同型問題Bへの解答ZARUGO12年10月02日 17:53
B 黒先白死

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●○○○●┼┼┼┨
┠┼┼┼●○●○●┼┼┼┨
┠┼┼╋●○●○●╋┼┼┨
┠┼┼●○❾❼G○●┼┼┨
┠┼┼●○┼❶┼○●┼┼┨
┗┷┷┷E❺A❸C┷┷┷┛

12-1122(1360)
パスワード:
左右同型問題Aへの解答ZARUGO12年10月02日 17:41
A 白先セキ

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼●┼●┼┼┨
┠┼┼╋●❹○○○B●┼┨
┠┼┼●┼○D┼┼○┼●┨
┠┼┼●┼○●❷●○┼●┨
┗┷┷┷❻F┷@┷H❽┷┛

12-1121(1359)
パスワード:
12-1118 第一問の解答レオン12年10月02日 17:31
  白先
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬E┬❹┬❽F コウ
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○❷@❻
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●●B
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1120(1358)
パスワード:
◆『左右同形中央に手あり』 ◆鉢の木 ◆12年10月02日 10:15 @の解答ZARUGO12年10月02日 17:25
@ 白先生き

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼●┼●┼┼┼┨
┠┼┼●┼○B○┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼○┼○┼╋┼┼┨
┠┼┼●●H○❽●●┼┼┨
┠┼┼●○┼@❹○●┼┼┨
┗┷┷❻○D❷F○┷┷┷┛


12-1119(1357)
パスワード:
詰碁の性格   カムイ12年10月02日 12:44
 詰碁には、創作詰碁とレッスン詰碁がある。 創作詰碁は、作者の
 性格がある。 難易度は、瞬時に解くものと、プロでも何日も
 かかったというものまである。 やさしくても、筋の優れたものは
 よい作品である。 実戦的なものから、趣味で楽しめるものまで
 ある。 つくることにも楽しさがある。
 レッスン詰碁は、出題者が、自作でなくても、学ぶものに適切な
 ものを選ぶ。 棋力向上を目的とするから。
 詰碁と手筋問題との違いは、詰碁は解が一つであること、手筋問題
 は解が何通りあってもよい。 詰碁は自作か、他からの引用であるが、
 手筋問題は実戦から引用したものが多い。

12-1118(1356)
パスワード:
『碁経衆妙』の散歩鉢の木12年10月02日 11:38
『碁経衆妙』は急所が一目で見える問題が多く、アマの勉強には最適です。


第一問
  白先
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●●○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○●●●┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○○○○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二問
 黒先
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼○┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼○┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼●┼●●○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第三問
 白先
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼●
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼○●●●○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤


第四問
 黒先

├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○○●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼●┼●○○┼○┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・○○●●●●○┼┼○┼・┼┼┤
├┼┼┼┼●○┼●○●┼●○┼┼┼┼┤
├┼┼┼○●○┼┼○○┼●○┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

第五問
 白先

├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○●●○○┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼●○●●○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○●┼┼┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

第六問
 黒先

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○●┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴○┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

第七問
 黒先

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●┼●┼┼●●┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼●┼┼●○○○●┼●┼┼┼┼┼┼┤
├┼●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

12-1117(1355)
パスワード:
『左右同形中央に手あり』鉢の木12年10月02日 10:15
第一着手はほぼ決まっているので手順は最後まで表示してください

@ 白先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●┼●┼●┼┼┼┨
┠┼┼●┼○┼○┼●┼┼┨
┠┼┼╋┼○┼○┼╋┼┼┨
┠┼┼●●┼○┼●●┼┼┨
┠┼┼●○┼┼┼○●┼┼┨
┗┷┷┷○┷┷┷○┷┷┷┛

A 白先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●┼●┼●┼┼┨
┠┼┼╋●┼○○○╋●┼┨
┠┼┼●┼○┼┼┼○┼●┨
┠┼┼●┼○●┼●○┼●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

B 黒先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●○○○●┼┼┼┨
┠┼┼┼●○●○●┼┼┼┨
┠┼┼╋●○●○●╋┼┼┨
┠┼┼●○┼┼┼○●┼┼┨
┠┼┼●○┼┼┼○●┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

C 黒先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼●●●●●●●┼┨
┠┼┼●○○○┼○○○●┨
┠┼┼●○┼┼┼┼┼○●┨
┠┼┼●○┼┼┼┼┼○●┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

D 黒先

┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼●●●●┼┼┼┨
┠┼┼●●○○○●┼┼┼┨
┠┼┼●○┼┼┼○●┼┼┨
┠┼┼●○┼○┼○●┼┼┨
┠┼┼●○┼┼●○●┼┼┨
┠┼┼╋●○○○●●┼┼┨
┠┼┼┼●●●●┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛ (弁天喜楽会の図を借りました)

12-1116(1354)
パスワード:
鉢の木様、備前様、なるほど了解しました。ZARUGO12年10月02日 09:26
白引く手には気がつきませんでした。

12-1115(1353)
パスワード:
備前様鉢の木12年10月02日 09:22
そうでした。最初はその筋を考えていたのですが、頭の中で考えていて白の手数が足りなくなる錯覚を起こしました。従って、備前様の指摘通り、解答図を正解とします。

12-1114(1352)
パスワード:
Re 12-1113備前12年10月02日 08:28
 文章で失礼します。
 鉢の木さんの図で 初手3のときは1と打つ。
 しろ一手勝ちに見えます。
 1と打ってから 押さえを待って3と覗きたいです。

12-1113(1351)
パスワード:
ZARUGO様正解とします鉢の木12年10月02日 08:00
実は私がこの問題を解いた時、一目でZARUGO様と同じ答えを出しました。
そこで解答を見ると、黒❶のはね出しから、黒❸のつけが良い手となっていて、
下図が正解となっていました。おまけに白◎は初手の黒❸の防止のためとあって
ここから訳が分からなくなりました。この形は、ZARUGO様の黒❶から行くのが素直な打ち方で、本当に私が間違えているのか考え続けて、解答が遅れました。



┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬❼┬❺┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼◎┼❸A❶○○○●●○
├┼┼┼●┼┼●┼○C○E●●●●○┤
├┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●┼┼╋┼○┤
├┼┼┼┼┼┼●┼○●●┼●●●○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○○○┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1112(1350)
パスワード:
なるほどーーー。手順を間違えました。ZARUGO12年10月01日 11:15
黒先コウ
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬❼┬❺┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼○┼❶C❸○○○●●○
├┼┼┼●┼┼●┼○A○E●●●●○┤
├┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●┼┼╋┼○┤
├┼┼┼┼┼┼●┼○●●┼●●●○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○○○┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1111(1349)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年10月01日 11:00
劫になれば御の字です


白Eで下がるとどうなりますか

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬❺┬E┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼○┼❶C❸○○○●●○
├┼┼┼●┼┼●┼○A○┼●●●●○┤
├┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●┼┼╋┼○┤
├┼┼┼┼┼┼●┼○●●┼●●●○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○○○┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1110(1348)
パスワード:
◆易しい詰碁 ◆鉢の木 ◆12年10月01日 00:23 への解答ZARUGO12年10月01日 10:50
どうしてもコウにしかならなかったのですが・・
黒先コウ

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬❺┬❼┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼○┼❶C❸○○○●●○
├┼┼┼●┼┼●┼○A○E●●●●○┤
├┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●┼┼╋┼○┤
├┼┼┼┼┼┼●┼○●●┼●●●○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○○○┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1109(1347)
パスワード:
易しい詰碁鉢の木12年10月01日 00:23
黒先

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○○○●●○
├┼┼┼●┼┼●┼○┼○┼●●●●○┤
├┼┼╋┼┼┼┼┼╋○●●┼┼╋┼○┤
├┼┼┼┼┼┼●┼○●●┼●●●○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○○○○○┼○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤

12-1108(1346)
パスワード:
あっけにとられましたがとほる12年09月30日 21:11
ZARUGOさんの正解にはびっくりしました。
なかなか打てない手です。
でも蓮華さんのセキはどうなのでしょうか。
とりにいった白もセキの方がまだ良いような気がするのですが。

12-1107(1345)
パスワード:
ZARUGO様 大正解鉢の木12年09月30日 18:37
お見事でした。黒❸、黒❺の二手ワンセットの妙手でした。

12-1106(1344)
パスワード:
黒セキ活き蓮華12年10月01日 13:37
┏➌➎┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
ECA●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠G○❶┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●➐●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 。
○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

12-1105(1343)
パスワード:
ZARUGOさん Cで抵抗したら蓮華12年09月30日 18:24
┏❸┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠CA●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○❶┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 。
○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

12-1104(1342)
パスワード:
ずれましたので修正します。ZARUGO12年09月30日 18:02
黒先生き
┏❸E❼┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
❺┼A●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○❶┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●C●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 。
○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

12-1103(1341)
パスワード:
これでどうでしょうか。ZARUGO12年09月30日 18:01
黒先生き
┏❸E❼┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
❺ A●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠ ○❶┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●C●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 。
○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨


12-1102(1340)
パスワード:
レオンさん、どうもうまくいきません。とほる12年09月30日 17:41

◆12-1097 ◆レオン ◆12年09月30日 17:20
一手目黒1はどうでしょうか

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼❸●○A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ だまってAとつぎ❸と這ってきたら
┠C○E❶○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ Cです。
●●❺●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ ❸をEについだら白は❸に打ち前と
○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 同じことになります
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ なんか同じようなところをぐるぐる回って
┠┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ いる感じです。
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 良い手を見つけたいものですね。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1101(1339)
パスワード:
12-1097レオン12年09月30日 17:20
一手目黒1はどうでしょうか

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼❶○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1099(1338)
パスワード:
ZARUGOさんへ 12-1097とほる12年09月30日 16:28
鉢の木さんが白の手順のことを教えてくれています。
花六になってしまいます。

12-1098(1337)
パスワード:
途中から割り込んですみません。しばらく見ていなかったものですから。ZARUGO12年09月30日 16:20
黒先白死
黒7と出たらよいのではないでしょうか。
┏C❸❺┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
EGA●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❼○❶┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●❾●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 。
○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 。
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨


12-1097(1336)
パスワード:
とほる様鉢の木12年09月30日 13:25
白Eと白Gは逆の手順ですね。白Eと打つと、黒❽と打たれて活かしてしまいます。

それワタリを防ぐには下がり、ハネ、とまだないですか。この場合は下がりはダメです。行き詰ったときは、一路隣りを考えましょう。

12-1096(1335)
パスワード:
花六とほる12年09月30日 12:47
┏C❸❺┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓ 花六にしたくない、したくないと
E┼A●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 思っても、花六になってしまう。
┠G○❶┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●❼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ どこが間違いなのか。
○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ どなたかお願いします。
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

12-1095(1334)
パスワード:
花六にしないで鉢の木12年09月30日 12:17
とほる様

黒が間違えると、花六で死んでしまいます。

12-1094(1333)
パスワード:
『爛柯堂棋話』拾い読み鉢の木12年09月30日 12:11
『爛柯堂棋話』拾い読み

善蔵、珍瓏にて賭碁のこと

明和より天明の頃、紀州若山城下に青山善蔵という碁打ちありけり。品位二、三段ばかりの碁なれども、その頃は諸州に善碁稀なる時なれば、甚だ高名なり。
ある時、他国より小間物商人来たり、下手なれども碁好きの由にて、賭碁を打ちけるに、善蔵には六、七くらいの碁なり。その者、数日逗留のうち、碁会の席にて申し出でけるは、「私儀、打ち碁の力よりは不相応に、作物の手は能く見え候。これも賭けにて試み給え。」と云う。よって相試み候に、げに打ち碁の位よりは手は見える様子なり。善蔵儀。死に生き・劫勝ち等、種々の作物を出し、追い追い賭けにて負け越しけるによりて、善蔵思うは、「この者、数人との手合せ見るにも、下手に相違なしと思えども、作物に於いては思いのほかなり。必定これは、作物のみを悉く上手に学び習い、暗記して、みずから案じ出すように思わせるなり」と察しければ、俗に「内八・外十三」と称する作物を出し、その生き死にを言わしめて試みける。この作物は、内外の数によりて名とす。これ覚え易き為の名なり。しかるに、石子の数は同じけれども、少し石の在る所を差え出しぬ。その者、能く暗記すと雖も、数々多き事なれば、覚え誤り、死に生きを言いてだんだんに手を下しけるに、違いたれば、我を忘れて周章、「これは違いたれ」と言う。善蔵その言葉を咎めて言う。「違いたりとは、これまでのことも、みな自分にて案じ出すにあらず、悉く習い覚え置きて人を欺きしなり。盗み騙りも同前の次第、今まで取りし賭物を元へ返すに於いてはその通り。さなき時は、官に訴え糾問すべし」と厳しく責めけるに、恐れ入って白状、人を頼みて謝し、賭物を返しけるとなり。その者が人を欺きしも恐るべし。また善蔵が頓智にて賭物を取り返したるも、感ずべきなり。後学のため、かつ面白き作物ゆえ、その図を示して話柄となす。

=======================================

(拙訳)

善蔵、詰物で賭け碁をした話

明和から天明年間のころ、紀州和歌山に青山善蔵という碁打ちがいました。段位は二、三段位でしたが(現在の県代表クラスでしょうか)、当時は全国的に碁の名手が数少ない時代でしたからとても有名でした。ある日、他国から小間物商人が来ました。碁は下手だけれども好きだということで善蔵と賭け碁を打ちました。棋力は善蔵に六子か七子位でした。彼は数日滞在していましたが、善蔵とともに参加した碁会で言い出したことには、「私は打ち碁はとても下手ですが、詰碁の手筋はよく見えます。どうでしょう。詰碁で賭けをしませんか」。
善蔵は死活・劫がらみの問題など、いろいろと詰碁を出したが、だんだん負けがこむようになり、考えるに「この人は何人かと打った碁を見ても下手なことに間違いはないのだが、詰碁だけは思いのほか強い。きっとこれは詰碁だけ徹底的に上手に学び習い、暗記してさも自分が考え付いたと思わせているに違いない」。そこで俗に「内八、外十三」と言われている詰碁を出して、活きているか死んでいるか言わせてみようとしました。この詰碁は内外の黒石、白石の数からこのように呼ばれています。これは覚えやすいようにつけられた名前です。けれども善蔵は石の数は同じですが石の位置を少し変えて出題しました。彼は詰碁の筋を暗記しているといっても、覚える数が多いので、記憶違いをして、「死にか、生きか」と言いながら、そろそろと石を置いたけれども、間違いに気がつき、「これは間違えた」と言いました。善蔵はその言葉を聞きとがめて言いました。「間違えたとは、これはしたり。今までのことも自分で考えたのではなく、全て習ったことを覚えておいて人を騙したに違いない。盗みや騙りと同様だ。すでに巻き上げた金を返すならよし、それが嫌なら奉行所に訴えて糾弾するぞ」と厳しく責めたところ、恐れ入って白状し、人々の好意にすがって謝り、手にした金を返しました。彼が人を騙したことも、大変なことですが、善蔵が気転をきかして、賭金を取り戻したことも、感心することです。後学のために、又面白い詰碁なので、ここに示し、話題とします。

基本図1

┏┯┯┯┯┯┯○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●●●●●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

基本図2

┏┯┯┯┯┯┯○┯◎┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼●●●●●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

基本図1は内側の黒石が八個、外側の白石が十三個で
白先でどうなるかの問題である。基本図2の◎の白一子
の有無で結果が逆になる。

1図

┏┯┯┯┯┯┯○┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠@●●●●●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

白@は絶対。

2図

┏AEG┯❺C○❼┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
❶○●●●●●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❸●○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

黒❶、黒❸はこういう形でよく用いられる「石の下」。
白Cと一つ這いこんで、黒❼と白二子を打ち抜いた時、
さらに白Gと這い込む。白は四子にしてすてるつもり
なのである。

3図

C○○○❶●┯❸●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
●○●●●●●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
A●○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

この場合は、黒❶と押さえ、黒は活きている。
白Aに黒❸と眼を持つのがうまく、白Cと四子を
抜かれて失敗のようだがそうではない。そこが「石の下」の
面白いところで、そうなった結果を図で見れば一目瞭然。

4図

○○○○●●┯●●┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠○●●●●●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠❶○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

白が四子を打ち上げた形がこの図である。
これを見れば誰でも躊躇なく黒❶と切る。

5図

❸○○○❶●┯い●◎┯┯┯┯┯┯┯┯┓
●○●●●●●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
A●○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

今度は、基本図2の白◎がある場合である。
この一子があると話は違ってきて、黒はダメが詰まって
黒いとつげない。従って黒❸と抜くよりなく

6図

●┯@┯●●┯❷●○┯┯┯┯┯┯┯┯┓
●B●●●●●●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●○○○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○●○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

白@と中手されて黒全滅となる。
こういうふうに、何でもないような石一つで死活が
逆転するのである。


                《東洋文庫 爛柯堂棋話》

◆◆◆ 昔、大道詰碁の有名な問題だと聞いたことがあります。客の答え如何で
    白◎の一子をこっそりと置いたりはがしたりするわけです。大道将棋に
    比べて大道碁がはやく廃れたのは、大抵の種本がバレているということ
    だったのでしょう。将棋はその点手数が何百手もあるものがありますから
    多くの将棋好きがカモになったのでしょう。

12-1093(1332)
パスワード:
玄玄碁経の傑作とほる12年09月30日 10:48
黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓ ❶Aは絶対だと思うのですが・・。
┠┼A●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❶を他のどんなところに打っても
┠┼○❶┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 白に❶のところに打たれると
●●┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 「それまで」になります。
○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 直接切れないからAもこんなものでしょう。
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 次が難しそうです。
┠┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ どなたか頼みます。
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨

12-1092(1331)
パスワード:
復習鉢の木12年09月29日 23:14


『玄玄碁経』の中でも傑作として名高い詰碁です。
皆さんよくご存じと思います。
ここでもう一度復習しましょう。

黒先
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨

12-1091(1330)
パスワード:
カムイさんとほる12年09月28日 16:59
PCのことはのんびり進んでください。
投稿に碁盤を入れるだけですから、きっかけがあればすぐだと思います。
気力が充実され、順位が定位置に上がられたら考えてみてください。
十段以上の方は五子以上の多子局を勝って当たり前の世界ですから大変ですね。
エスカレーターを楽しむ私たちとは大違いです。

12-1090(1329)
パスワード:
とほるさん   カムイ12年09月27日 23:34
 パソコンの学習には、ちっとも身が入りません。 このところ本番の
 碁の方が不調で、四苦八苦、せめて前のレベルまでもどってから、
 と思っていると、そのときはなかなか来そうにありません。
 視力が弱くなっているから、本を読むことがなかなか大変なのです。

12-1089(1328)
パスワード:
カムイさんへとほる12年09月20日 17:57
少しずつ試みてください。
とりあえずFAXはあるでしょうか。
それで送ってもらえれば私が作ります。
お孫さんが2歳とは・・。
私の孫は19ですからてっきりその位の方がいらっしゃると思いました。
そういえば体力はまだまだというようなことを読んだことがあるような。

12-1088(1327)
パスワード:
とほるさん   カムイ12年09月20日 17:48
 私はパソコン音痴で、この前、事務局へ棋譜を送るのにも、全部
 電話で誘導してもらいながら送りました。 図をつくるのは、
 碁マネージャーでできそうですが、図を移す方法も送り方も、
 わからない。 孫は、初孫がまだ2歳で、頼れません。
 自分でこれから学習するよりありません。
 鉢の木さんのように自在にできればよいのだが。

12-1087(1326)
パスワード:
カムイさん 作図とほる12年09月20日 14:30
カムイさんの詰碁も拝見したいものです。
近くにいればお伺いしてご一緒に作るのですが、
なんか遠くにいらっしゃるような気がします。
ラフな図でも、写真でも良いのですが送れませんか。
こっちで碁盤を作ります。
お孫さんに頼めばすぐだと思います。
とりあえずはおもしろい覚えやすい名前の案をお知らせください。

12-1086(1325)
パスワード:
とほるさん   カムイ12年09月20日 13:57
 詰碁に名前とその決まり手をつけることは私も以前からやっています。
 その詰碁を後でみたとき、すぐ手筋が思いだせる。
 動物の名前がつくもので、一線を巧みにわたって生還する詰碁に、
 ”鶯の谷渡り”つけたことがあります。 私は作図をここにだせない
 のが残念ですが。
 決まり手は、以前、詰碁四十八手と言うエッセイをかいたとき、
 20くらい紹介したことがありましたが、一時、碁を離れる前に
 削除してしまったので残っていません。

12-1085(1324)
パスワード:
気持ちの良い手鉢の木12年09月19日 13:09
碁は感情ですから、気持ちの良い手が打てると、その後の着手ものびのびします。

さて気持ちの良い手を思い付くままに上げてみると

@ 相手の種石をウッテ返しに取った。
A 一手違いで大石の攻め合いに勝った。
B 要石をシチョウで取った。
C 苦しい石を妙手でしのいだ。
D 中央にケイマケイマで竜行虎歩の勢いで模様を張った。
E 半目勝ちする一手を打った。
F 「狸」で攻め合いに勝った。
G 相手を「陣笠」の愚形にした。
H 「ハメ手」をしかけたら相手がハマり手順にやってきた。
I 石塔絞りがまんまと成功した。

私はというとGが一番気持ちが良いのです。こういったあてが打てるとほとんど負ける気がしません。結構形に無頓着な人がいます。そこを直すとすぐ昇段するのにと思います。

12-1084(1323)
パスワード:
大蛇の詰碁の面白さとほる12年09月18日 13:50
この詰碁は本当におもしろい。
実戦にできたとします。
黒は下を渡って白をあたりにします。
1,その瞬間、全部打ち上げられて唖然とします。
2,白は黒の大石があたりになっているのに気づかずあきらめて他に回ります。
いつ、どっちがアタリに気がつくかのドラマになります。
たぶん岡目さんたちは気がついて回りでニヤニヤするでしょう。
鉢の木さんに名前をつけてもらって覚えておきたい詰碁です。

12-1083(1322)
パスワード:
とほる様 面白いご意見鉢の木12年09月18日 11:42
名前をつけると記憶にインデクスがつきますから忘れません。

白石を囲んだ黒石がそのまま死んでいるので、大蛇昇天勢(勢は碁経に倣って)とか
相手の入れない絶好点が自分も入れない箇所であったので
  適非適勢とか(法適、法非適からの連想)

まだまだ思いつくかも

12-1082(1321)
パスワード:
不思議な詰碁とほる12年09月17日 21:41
鉢の木さんに、前にも教えていただきましたが、不思議な詰碁です。
ちゃんと記憶するために何か良い名前はありませんか。
蛇がとぐろを巻いてそのまま固まる、女の子が一目で見抜く、考えすぎて手がでないとか、玄玄碁経をまねて漢文で覚えやすいように。

12-1081(1320)
パスワード:
その通り、正解です鉢の木12年09月17日 09:50
何故プロが解けなかったか。プロは頭の中で詰碁を解きます。その時は潜在意識に沈殿している経験済みのあらゆる碁形と照らし合わせます。さてある個所に相手がダメ詰まりで入れない時は、自分は好きな時に打つことが出来るというのがしっかりと経験上分かっているのです。だがこのように一線までぐるりと囲んでいるときは例外でした。なまじそのような先入観のない級位者は筋悪(取れそうな石はどんどん取りに行く)に打っていった結果正解になったのです。強い人ほどぐるりと白石をかこんでそのまま取れていると錯覚するのです。ZARUGOさんも早々とプロと同じ間違いをしてこれはダメだと放棄したのです。お嬢さんが出来て自分が解けなかった女流棋士は「どう打つの?」と聞きました。「簡単よ」とお嬢さんが一子かみ取ると「ダメよ。そこには入れないの!」と言ったとたん気が付きました。自分もそこには入れないことを。

12-1080(1319)
パスワード:
鉢の木様、わかりました。ZARUGO12年09月17日 09:14
この筋は何度もやってダメだと思い込んでいましたが、ダメではなかったのですね。
白が7に左に打てないのでダメと思い込んだが、黒も同点に打てないのには気がつきませんでした。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠J○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○○○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
❿●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❻○@❷●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠F●D●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
❽○○B●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●❹H┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○○○○┼○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1079(1318)
パスワード:
もりもりと一子かみ取ります。その後は鉢の木12年09月17日 05:49
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○○○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○@❷●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●D●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○B●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●❹┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○○○○┼○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1078(1317)
パスワード:
白@は筋悪く出ます。その後は鉢の木12年09月16日 22:55
白先 

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○○○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○@┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼●┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○○○○┼○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1077(1316)
パスワード:
鉢の木様 まだできませんZARUGO12年09月16日 22:46
中手(花六)を狙う形にはどうしてもならないし、あとは、攻め合いとかどっかの石をとるとかしかないのですが、下のように行っても、攻め合い負け。ほかにどう手段してもうまくいきません。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●○○○○┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○❻❹●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠D●B●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○@●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
●●●●❷┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○○○○○┼○┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛


12-1076(1315)
パスワード:
ZARUGO様鉢の木12年09月16日 20:38
プロが解けなかったのには訳があります。長年かかって習得した石の形についての感覚がかえって災いしたのです。

12-1075(1314)
パスワード:
zarugo様鉢の木12年09月16日 16:06
級位者ほどよく解いたというところに着目。筋悪でごりごり決めてください。

12-1074(1313)
パスワード:
鉢の木様ZARUGO12年09月16日 16:03
◆プロの解けなかった詰碁 (再掲) ◆鉢の木 ◆12年09月16日 12:43
午後からずっとやっているのですが、暗中模索状態です。せまいところなので、しらみつぶしにやっていますが、同じことの繰り返しになってしまいます。乗りかかった船なので、GIVE UPはちょっと待って、何かヒントらしきものはございませんか?

12-1073(1312)
パスワード:
とほる様 お見事読み切りました鉢の木12年09月16日 10:37
いたちの腹づけが隠れた手筋でした。やはり解けたでしょう。少しはヒントになるかと動物名の手筋の書き込みをしたのですが不要でした。呉清源はこの問題は『玄玄碁経』の中でも難解の部に属すると云っています。黒は最初の劫を争うよりなかったのです。しかし最初の段階では黒もキリとワタリが見合いと考えるでしょう。下がりがキリを強要してイタチに持って行く。一生忘れない問題の一つです。

12-1072(1311)
パスワード:
Dと下がってみました。とほる12年09月16日 09:52
┏⓬⓮┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
LH❿❽N┼┼●●○┼●┼┼┼┼┼┼┨同じようにHです。
J●●F●●┼┼○┼●┼┼┼┼┼┼┼┨最初に❹とついだ黒を全部とることが
D○❻○┼┼○○┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┨できました。
┠●B○○○┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨怖いものですねー。
❷@●○┼○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨これでよいのでしょうか。
┠●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○○┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ❹は@のところにつぐ。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

12-1071(1310)
パスワード:
動物名の手筋鉢の木12年09月15日 22:18
碁には動物の名前の付いた手筋が沢山あります

鶴の巣ごもり    5級必須
狸の腹づつみ    3段必須
イタチの腹づけ   5段必須
犬の顔       悪形
馬の顔       普通の手
キリンの顔     6段必須

キリンの顔が出てくる碁形

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❸┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼●●○●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼A┼┼┼●○●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○○○●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

右下が大斜で一段落した形。ここで白三子の攻めを見て黒❸のキリンの顔に打つのが
素晴らしい手です。一路下の馬の顔とは天地の差があります。若い頃名の通った賭碁師
と対局した時局後この一手で参ったと云っていました。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┨
┠┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼┼○┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼❶┼┼┼●┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○●┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○○○●┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

上の配置がこのような時は黒❶と打たねばいけません。

馬の顔
┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼○┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼